東京五輪が無観客なら、北京五輪は「無選手」で。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

東京都は「積極的疫学調査」の縮小を開始し、順調に「陽性者数」が減少してきました。

ソースはこちら

 

感染経路の調査ルートを高齢者に絞って、保健所の負担を軽くすることに。

やっぱり、検査数が増える=陽性者数が増えるという現象なまんまです。

 

このまんまこの方針を維持してくれるのを期待して、2月後半には「非常事態宣言」が解除されるのを

待ちましょう。夜明けは近いです。

 

一方で、どうしても東京五輪は中止してほしいって人も多いみたい。

テレビ新聞が中心になっています。

北京を感染症から復活のシンボルにしたいのでしょうか?

 

現時点で、陽性者は減っているし、ワクチンもできました。

中止の選択肢などありません。

最悪、無観客ならなんの問題もありません。

 

「感染症からの復活」のシンボルは東京でなくてはならないと強く思います。

 

トランプ政権時代にウイグル弾圧を「ジェノサイド」だと認定してのがアメリカ。

イギリス政府もジェノサイドを検討しています。

日本でも超党派議連の「対中政策に関する国会議員連盟」が非難決議をだそうとしています。

 

もはや、この動きに逆らうようなもんなら、アナタは工作員だといわれても仕方ない。

この動きは止められないのです。

 

北京五輪は無観客(ボイコット)が正しいです。