コツコツ。まじめ。~これだけだと「搾取される側」のまんまだよ。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"
新型コロナウイルスに関する情報について

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

ボクが仮に「日本の独裁者」だったとしよう。

 

できれば、国民には一生かかって返せるかどうかの住宅ローンを組んでほしい。

国外に移住はできなくなるから。

ボクが政治的に相当ヘタ売っても、国民は逃れられない状態になる。

 

できれば、全員給与所得者としていて生きてほしい。

全員の収入丸見えになるから。

徴税がもっともカンタンな存在。

 

要するに、こつこつ。まじめに会社に通ってほしいとなるはずなのだ。

 

面倒なのは、会社に勤めながらでも。

なんだか講演料もとってる。

二重の事業がある。

海外にも収入がある。

こうなってくると、単純ではなくなる。

経費を認める存在になっちゃう。

 

ボクは、日本の独裁者じゃないから。

アドバイスするなら、こういうことだ。

 

時間かけてでも、2重・3重の事業を持とう。

経費を認めてくれる「会社」を作ろう。

 

今の仕事を磨きぬいて、「講演料・コンサル料」が取れる存在になろう。

 

幸い日本は自由なのです。

拘束されてるわけじゃない。

 

必要なのは、「問題意識」と「勇気」。

 

「自立したい」は今の仕事をやめるって選択だけじゃない。

今の仕事を磨きつつ、目指すことは十分可能なの。

もっというと、いきなり独立は、失敗する確率のほうが断然高い。

「ほうら、独立は失敗するよ」って独裁者側に都合のいいストーリーになっちゃう。

 

今の仕事にゼンリョクをだそう。

だんだん、「世の中」から頼み事が増える。

講演してくれ。

ちょっと手伝ってくれ。

結果的に2・3重の収入になる。

これが、正しい「独立」なのだ。

 

コツコツ・真面目に納税する。

搾取され続けるポジションを脱するのだ。