「中国共産党潰し」をアメリカだけに担わせていいの?~日本だって協力しよう! | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.


テーマ:

昨日もちょっと書きました。

世界は今、ようやく。

「第2次大戦」の呪縛から解き放たれようとしています。

70年以上かかってるけど。

 

「中国共産党」をトランプ政権がつぶそうとしております。

 

貿易戦争って衣をかぶってるけど。

全然そんなんじゃない。

 

言っとくけど、中国人が全部悪いって言ってないのです。

独裁の「中国共産党」のやってることがおかしい。

中国人の敵は、中国共産党なのです。

民主主義の敵だともいえる。

 

中国からの輸入品全部に関税をかける米国。

ある意味、自国民に負担をお願いしているトランプ政権。

世論の後押しとともに、国民の理解を得ながら進めてます。

 

さてさて、日本はどうなんでしょう。

「いいとこどり」なんてできるんでしょうか?

蜜月な日米関係。安倍さんは、それを放置するんでしょうか?

 

とにかく、いずれ。

日本だって態度を明確にしなきゃならない。

ここまでは発想として準備しておきましょう。

 

方向は、一つしかない。

親米であり続けるしかない。

 

すると、見えてくるね。

 

問題は、いつ日本が態度を明確に、強硬になるかを考えておけばいいのです。

 

このくらいは整理しておきましょ~!

 

今日も商売がんばります!