もう「国際金融資本」を怖がらなくてもいい。あ。怖がってないか(笑。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.


テーマ:

ヒマがあると、ちょっとづつ「近代史」を勉強しています。

ただ、専門家でさえも意見が違うのでかなり大変。

 

その研究の成果として、このブログに書きます。

 

近代史の大きな分かれ目に見え隠れしちゃう。

「国際金資本」の存在。

 

大ボスは、スタンダードオイルの創業者。

ロックフェラーの一族なのです。

 

ピークでは、21兆円の個人資産をお持ちだった。

ほぼ、第2次世界大戦の首謀者であってます。

言い切る(笑。

 

でも、もう力はないのだ。

ただ、未だに「残り香」があるだけ。

彼の援助で設立された国際問題の勉強会。

「外交問題評議会」。

こちらはまだ存在します。

ただ、もう力はないのだ。

ボクもお試しで購読して以降、たまにメールで「またいかがですか?」ってセールスしてくるくらい。

世界を支配してないのだ(笑。

 

どこでどうつながってるのかは分かんないし、わかろうとしなくてもいい。

主張を聞いていれば、どっち派ってのはわかる。

 

戦前から日本が軍国主義って主張。

未だに東京裁判史観でモノを見る。

これは、例えば朝日新聞。

あっち派で間違いないです。

カンタン!

 

もうちょい背景を説明しなきゃいけないけど。

国際金融資本さんは、共産主義も大好きなのです。

ソ連が崩壊してもなお、未練が残る。

従って、中国共産党なるものはあっち勢力なのだ!

 

なんで、共産主義が好きかっていうと、独裁国家になるから。

いちいち、民主主義されると面倒ってのが本音。

 

国の上に仕切る存在を置こうとする発想もあっち。

例えば、欧州委員会。

官僚支配で行ってくれれば、ほぼ同じ効果になる。

 

かなり乱暴な仕訳に思うかもだけど(笑。

かなり勉強した成果なのです。

 

今後起こりうる、世界の動きのなかで注意しておきたいのは、

 

中国共産党支配がゆっくり終わります。

だから

中国の国営企業の株を買わない(全部か!笑)。

中国に進出しようとしない。

未だに中国に重点をおこうとしてる日本企業の株を買わない。

 

欧州は、これからEUの実質的な解体に向かう(新しい仕組みになる)ので。

今調子のいい欧州企業の株を買わない。

恩恵受けてるグローバル企業

例えば、フォルクスワーゲン。

ルノー。

日産はできれば、ルノーから離脱するなら「買える銘柄」になりうる。

 

こんな感じ(笑。

 

書いてて面倒になってきたからこのくらいに。

続編にもご期待くださいね。