「適度なストレス」といっても、「かなりのストレス」が人を育てる。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.


テーマ:

例えば、どれだけミスをしようが、絶対安泰のポジションを作ると。

当人は腐ってしまう。

そこから組織も腐ってしまう。

 

健全なストレスが一番人を輝かせる。

 

健全なストレスといっても。。。。

傍から見ると、結構なストレスでいいんです。

即ち、結果が出るまでのストレスということ。

 

結果が出ないなら、まだ負担が足らないということ。

 

非情に見えるかもしれないけど。

しっかり励ましながら。

へこたれそうなら、見守りつつ。

 

しっかり結果がでるまで、ストレスをかけ続ける。

 

だって、それが本人のためなんだもん。

 

カン違いをさせないようにしないとね。

稼いでもいないのに、結果以上給与をもらうってことは、会社の奴隷を作ってしまうのと同じ。

そんな人間作っちゃうと、選択肢のない隷属人間を作ってしまうってこと。

これは、愛情なんかじゃない。

 

どこへいっても、結果をしっかり出せる人間をつくる。

それがその人を真に輝かせる。

 

これが愛情ってもんだ。

苦しい顔を見るのはつらいけど。

 

正しい道であると信じよう。