「経営者の想いは伝わらない」が前提。そこをキレたら台無しなのです。~少しづつね。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.


テーマ:

事業主と従業員の意識って、驚くほど乖離してるもの。

これは嘆いても仕方ない。

 

ボクだって、もっと給料もらってもいいって会社員時代は思ってたもんです(笑。

大企業すぎて収支とかわかってないからね。

わかるチャンスもなかったし。

メディアむけに「絶好調」とか発表してたりもする。

 

中小企業でも、この意識を埋めるのはとてもたいへん。

 

例えば、事業を始めて毎月100万の赤字を慣れ流す。

これは、経営者としては恐怖なのだ。

 

それでも従業員さんには、給与は払われるわけで。

ここに大きな乖離があるね。

 

労働法ってそういう仕組みなんだから仕方ない。

 

「経営者の恐怖は伝わるもんじゃない」が前提。

窮状を訴えても、何人かの社員さんからあくびがでるもんなのだ(笑。

 

意識の違いは当然なのだと考えよう。

 

その上で、「達成する喜び」をちょっとづつ。

焦らず。

キレないで。

共有していくしかない。

 

たいへんだと思うかもだけど。

あきらめずにやってくと「共有してくれる社員さん」が現れる。

ここが大きい。

ゼロはゼロなまんまだけど。

1人でれば、掛け算になる。

なだれのようになるもんなんだ。

 

「この意識の違い」を埋めるプロセス。

ここに経営者の醍醐味がある。

 

今日もそれに挑戦しようね。

キレないで。

 

経営者って「経営者のたまご」をはぐくむ職業なの。

「育成」って言葉は、薄すぎる。

大成させる。

「大人物を輩出する」意識。

 

 

 

 

 

 

 

Smug faceさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス