トランプの政策は「プロレス」的に考えると分かりやすい件。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.


テーマ:

昨日はお取引先さんの「出版記念パーティー」でした。

ステキな時間を過ごしましたよ。

 

アメリカでは、トランプ政権の人気は、とっても根強いみたいで。

だからこそ、大統領になりました。

 

ただ、政策が訳分からんとか。

そういう整理で進んでるけど。

アメリカの熱狂的な支持者には、めちゃ分かりやすいのです。

その手法は「プロレス」だったわけ。

 

ちゃんとWWEのプロレス試合にもでています。

8万人が熱狂してみてる舞台。

ビリオネア対決の動画

 

熱狂してみてるアメリカンにウケる政策をこれからもやっていくってことになりますね。

 

まず、ヒール(悪役)を設定する。

これまでに見てきたなかで、悪役想定になってる人。国がわかります。

 

1.エスタブリッシュを象徴するウォール街に近いクリントン家=民主党

2.CNNなどが放つ「フェイクスニュース」。ワシントンポスト。ニューヨークタイムズ。要するにFOX以外のメディア。

3.貿易不均衡を放つ中国(中国共産党)

4.核ミサイルを打つと言ってきた北朝鮮(金正恩)

5.雇用を奪う「不法移民」

 

分かりやすくヒールを設定し、そこをボコボコにするって政策なのです。

 

スカッとさせることで、支持を増やす。

熱狂してもらう。

まさにプロレスですやん!

 

気まぐれなんかじゃなく、「分かりやすく単純な敵」を設定してたたく。

 

こう考えると、「リングサイドの味方」もわかります。

1.安倍首相

2.(おそらく)プーチン大統領~7月16日に首脳会議やります。ここではっきりわかる。

3.アメリカ国内に投資を増やしてくれる企業

 

一見、政治ショーなんです。

「分かりにくい政策」を無視して、突き進む。

 

ホントは、貿易不均衡なんて、関税増やしても意味がない。

それは普通に経済学者が言う通り。

でも、そういう分かりやすいヒールをたたくためにやってると考えると、単純明快なの。

 

但し。

これらはみんな旧勢力(ウォール街・メディア)など。

ロスチャイルド家なんかが、必死で築き上げた「帝国」とも言える。

 

ウォール街をたたくって思い切りいってるわけじゃないし。

ユダヤ人の一部をたたくっていってるわけじゃない。

 

あくまで、ヒラリークリントンをぶちかますって言ってる。

中国をボコボコにすると言ってる。

 

とても上手なやり方なんだと思う。

 

日本の政治家でも出てこないかな(笑。

 

今後の展開も、めっちゃ分かりやすいはずなのです。

 

日本のメディア見ててもさっぱり分かんないと思う。

参考にしてください。

すると、とっても面白くなるね!

 

 

 

 

 

Smug faceさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス