(函館は五稜郭の桜、壮大でした。この時、「桜の悟り」を得たけれど、どんなものだったかな、その感覚も桜のように散ってしまった(^^;;)





「美しき誘惑、現代の画皮」

1週目、第一位、2週目、第二位の映画のご紹介です🎬







「心を見つめ直せる映画」🎥



この映画をひとことで言えば、


ホステスさんが主役のダークヒロインもの、です。


小悪魔ホステスVS天使たちのバトルもの、、、という面もありますね。


(具体的なストーリー説明は公式サイトさんにゆずります(^ ^))



登場人物の心の内では、それぞれの、


自己中な心VS良心、の果てなき闘い。


でもあるのかなと思います。


 


作品から感じた問いかけは。


「世の中、見た目で物事って決まってませんか?」


「見た目で決められてなにかおかしいと思いませんか?」


「見た目で人生なんとかしようと思ってませんか?」




このような問いを投げかけるような映画でもあったと思います。


見た目っていうのは、ルックス、学歴、ブランド、血筋、権威など、「本質と関係ない表面的なもの」全般です。


もちろん、美しさを磨いて自他ともに心地よい気分になったり、


努力していい学校に入って、いろんなことが学べたり、


権威や人気を得ることで影響力を高めて社会のために役に立てたりもするので、



それは素晴らしいことです。


でも、美しさで誰かを手玉に取ろう、とか、学歴、ブランド、地位を得て自分の都合を中心に生きていこうとするなら、なにか違うのではないか?


そんな問いかけです。


とくに今は「映え」全盛の時代で、企業や芸能人はもちろん個人でもSNSで大袈裟な表現をして、目立てる時代です。


そしてその「目立つ」(その延長として相手を魅了する、ハマらせる〕こと自体が目的となっていくと、



それでなにがしたいんですか?


自分の欲望をかなえるためですか?


世のため人のためですか?




そのあたりを考え直すことを迫る映画だと思います。





ふつうに日本映画としても本格派だと思う。


何百本も映画を観たそれなりの映画好きの私として、むつかしいことを抜きにしても


「映画、観たー!」


って気がすごくしました。


日活だからか、大川総裁の同世代を意識しているのか、演出がちょっとレトロなところもあるのですが、

作品の中身も古き良き日本映画の感じが流れているなあって感じました。


西鶴一代女、雨月物語、地獄門など古典名作映画のエッセンスが散りばめられつつ、

それらを統合して、一段二段、深い映画になっているという言い方もできると思います。



日活さんもロマンポルノのカルマが少し消えたのではないか?と思います(^ ^)





個人的には、映画を観ながら、


高校時代、自分は画皮だったなあと思いました。

高校時代にある程度の反省や利他に転ずることは多少していたのですが、

罪の意識はぬぐえず、またなにが正しいのかわからないままだったりでした。


このブログもその罪滅ぼしで書いていた部分もあったなぁと思いますね。

いまは恩返しの気持ちが強いです。


そういう心の整理もできた大切な映画になりました🎬





おまけ「気になったところ」



・杉本彩さん🌈

CGなくても妖気を感じました。

タレントイメージのせい?笑

続編があるなら、山本舞子を超えたさらなる妖魔のボスとして出てきそう。



・塩村太郎の太郎🌈

この太郎は仮名のままなんじゃないだろうか?

または麻生太郎元総理を意識したのか、菅総理はもう相手にしないのか?

もしくは日本男児の代表としての、太郎、かもしれませんけどね。「日本の男性よ、画皮に気をつけろ!」という思いが込められているのかもしれません。



・主演俳優「安定の爽やかさ」🌈

市原綾真さんは政治家役でヒーロー役🦸‍♀️でした。

とにかく爽やか。

イヤミに見えそうなシーンもイヤミに見えなかった。

ニュースター&アリプロダクションの俳優さんは共通してみなさんさわやかですね。


これまでのさわやか俳優を集めて「降魔アイドルユニット」を組んでもよさそう、男女混合でも。

たとえば、メンバーの半分がお坊さん(尼)の格好、半分が陰陽師(巫女)の格好をして、悪しき者と悪しき心とコロナを封じる歌を歌う。

それをSpotifyあたりに流す。若者の話題と救いになるか?





・デビット伊藤さん🍜

生ダラ以来、まさかこんな形で拝見するとは、感慨深かったです。

ご出演、心からおめでとうございます㊗️


「貴ちゃんねるず」に出演してちょろっと告知していただけたらなあ(^^)、昨今はいきなりパーマにされそうですけどね。


生ダラ企画でさんざん観たラーメン屋さんに全く行ってなーいっ、、、めっちゃ並びそうなのもあり🙏


映画ポスター、お店に貼ってあったりするのかなあ、あったら感動もの🥲、笑


次、東京に行くとき、絶対、食べに行こう。



・千眼美子さんの阿波弁🌈

阿波踊りに参加していたのはこの日のためだったのか?踊りながら阿波弁を会得していたのか?

HSの役者さんもこの方に感化されて技量が上がっている面もあるのだと思います。ありがたや🙏観音様🙏ナンマイダ🙏

いつか清水富美加伝が映画で作られてもいいような気はしますね。各方面の丹念な取材とストーリーに真理や芸能界の闇を散りばめる必要はあるでしょうが、もう一度共演したい方に声をかけたらすごい配役になるのかも。出家騒動の真実が明かされる?


ラジオもバターから宇宙まで扱っていて幅広いなあ。もっとたくさんの方に、進化爆走中のチーム千眼を楽しんでいただきたいなあ(^^)



・矢部美穂さんの演技🐎

クラブママ役、板につきすぎw

頭を下げながらスーッと歩くシーンがリアルすぎて笑ってしまった。


ストーリー的には重要な役ではなかったけど、作品の雰囲気作りには大貢献されたと思います(^^)

矢部ママが舞子ちゃんを信頼しているシーンが舞子さんの「すごい感じ」を際立たせて、

クラブのシーン全体に説得力や重みを与えていたと思います。


キャスティング的に大成功な気がします。

この作品を機にもっとオファーが増えていただきたいっ!



・芦川よしみさんの演技🌈

来世、教祖できそう