まだ少し韓国ロスなのと、この2週間全くテレビも見ず情報にあまり触れないでいたので、
いきなりレコード大賞とか年末感が一気に襲ってきてとまどっている森田かずよです。

とはいえ、今日は12月31日。

2018年を振り返っていきたいと思います。

2017年のヨコハマ・パラトリエンナーレで上演させていただいた「とけあうところ」が「女松虫」と変化し、
2月にSLOW MOVEMENT Showcase & Forum Vol.2とCulture NIPPONシンポジウムin横浜
そして3月にシンガポールで開催されたTrue Colours Festival アジア太平洋障害者芸術祭、
11月には東京・港区で開催された世界に開かれた「文化の港」を目指して ~多様なチカラが織りなすパフォーマンス&トークセッション~にて上演の機会をいただきました。
3月には南船北馬「さらば、わがまち」出演。久しぶりのお芝居での公演
8月に香港で開催された展覧会「Spread Our Common Sense 越界展翅」でのオープニングパフォーマンス
そして初の海外でのワークショップ、11月にはGet in touchGプチ月夜のからくりハウスと大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ2018「うみのうたごえ」
そして12月、韓国のトラストダンスシアターLooks;にゲストダンサーとして出演させていただきました。
          
パフォーマンス以外でも、
1月に韓国ソウルKorea Disability arts and culture center i-eumでのフォーラム、たんぽぽの家で開催されたパフォーミングアーツを体感しながら学ぶ2日間、
6月に都城市で音楽とダンスが生む奇跡~違いを違いのままに~
10月群馬大学フレンドシップ事業、11月京都同志社大学にて包括型アート研究会、キッズプラザでの研修講師と
さまざまな場所でお話しさせていただく機会もありました。

また他にも障害者文化芸術活動推進法に関する有識者会議および基本計画策定のワーキンググループ、と
大きな仕事を経験させていただきました。

レギュラーでの障害者施設レッスンも継続、支援学校でのワークショップも経験しました。

1年を振りかえると、今年は海外でのパフォーマンスの機会を多くいただきました。
新しい気付きも多く、自分の世界が少し広がったように感じました。


来年は少し環境が変わる予定です。
でも、やりたいこと、続けていきたいことに迷いはないのですが。
もっともっと広い視点でものを見ていけるように、
学んでいきたいと思います。

今年1年の経験を大切にし、
身体に気をつけながら、もっともっと精進して
益々頑張っていきたいと思います。

今年1年出逢っていただいた方、ありがとうございました。

11月末にずっと一緒に住んでいた祖父が亡くなりました。
喪中のため新年のご挨拶は遠慮させて頂きます。
皆様、どうか良い御年を御迎え下さい
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

Tahnk you for 2018!!!