鉄分補給。ココロを満たすのは、楽しくステキなことだと思う。 | グリーンベルト工場長のブログ

グリーンベルト工場長のブログ

ワクワクするような、ステキなブログに毎日挑戦しております!。21世紀の大陸--アフリカ-−をこよなく愛して、地味にシルクスクリーン印刷に挑戦している工場長のブログです。Act locally! Think globally! ですね〜(笑)。フランス語も勉強中ですよ(汗)。


テーマ:

ワクワクさまのオイラブログへようこそ。

シルクスクリーン印刷の工場長の大橋浩人です。

 

快晴の千葉県佐倉市地方。

 

今日は、楽しみなことばかりで、ワクワクしています。事故が起こらないように、調子に乗りすぎないように気をつけています(笑)。

 

午前中のワクワクさまは、隣町(=千葉県八千代市)のおもちゃ屋さんに、新年のごあいさつとお買い物(笑)。

 

 

定期夜行列車が「サンライズ瀬戸・出雲」だけになってしまい、機関車が牽引する客車列車も、ごく一部のものになってしまっている現在にあって、夜行列車や機関車の旅情を楽しむオイラの手段は、机上旅行か、鉄道模型か、映像や動画などの記憶媒体か、ということに限定されています(泣)。

 

諸外国では、いまだに現役で、旧式の運行形態が残っているところも多いですので、チャンスがあればなぁ〜って思います(笑)。ただ、外国の車両には、思い入れがないので、あまり感動しないかもしれません。

 

そんなオイラの個人的事情があり、購入する鉄道模型は、機関車や客車が多いです。

 

今回購入したのは「10系夜行急行だいせん」の14両分のセット(税抜29200円)です。

 

<基本の7両セット。グリーン車の帯が美しいです>

 

<増結の7両セット。基本セットだけでは全然楽しくないです>

 

近年の鉄道模型は、追加してパーツを購入する必要がないほど、精密に完成させた状態での販売になっていることも多く、その分、高額になってきています。

 

 

急行「だいせん」は、大阪と出雲市(&大社)を東海道線、福知山線、山陰線、大社線を走破する夜行列車でした。

 

<模型に付属している取説。編成表が掲載されています>

 

<昭和44年5月号の時刻表から>

 

[だいせん3号]というのが、模型のプロトタイプのようです。

 

昭和56年くらいから、鉄道少年をしていたオイラは、ブルートレインと同じくらい夜行急行列車に興味を持っていました。すでに急行列車での食堂車の連結はなくなっていましたが、自由席、指定席、グリーン車、B寝台車、A寝台車、荷物車、郵便車、そして機関車と、バラエティー豊かな編成美に酔っていました(笑)。

 

「まりも」「大雪」「津軽」「能登」「越前」「きたぐに」「だいせん」「日南」「かいもん」

 

他にも「十和田」「宗谷」「天北」「妙高」「ちくま」。急行列車じゃないけど「山陰」「はやたま」「ながさき」「からまつ」なんていう夜行普通列車も大好きでした。

 

昭和57年に東北&上越新幹線が開業します。そして、その後に続く新幹線のネットワークの拡充と、高速道路網の整備と、格安の航空便の参入とで、夜行列車と急行列車は、急速に縮小し、新幹線と特急列車の時代になります。

 

現代の「便利さ」や「安さ」を利用しているのは事実ですが、アナログな、時間の流れがゆったりした、牧歌的な世界に憧れるのは、ただの現実逃避なのでしょうか(汗)。

 

「列車に乗り遅れてしまい、次の列車は明日までないので(泣)、現地で一泊して、明朝に出社します!」みたいなことは、許されない御時世(泣)。人として、何が大切なのか、振り返りたいなぁと思えてきます。

 

今回購入した「だいせん」の客車編成を牽引するのは、悲運のディーゼル機関車DD54です。

 

 

走行させるときに、再度調べてみようと思っていますが、東海道線内はEF58やEF65だったかもしれないし、晩年はDD51だし、DF50の出番もあったのかもしれないです。オイラの模型の世界の話ですが、それぞれの機関車もあるので、機関車の付け替えも、超絶楽しみです。

 

シルクスクリーン印刷の仕事には全然関係ない趣味の話ですが、オイラのココロの肥やしになっている部分を紹介させていただきました。

 

今日は夕方から、久しぶりにセミナーに参戦します。チョー楽しみです。

 

毎日の仕事が、世界平和への一歩につながるように、日々精進して参ります。

 

皆さまも、ステキな一日をお過ごしください!

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

コメント・メッセージ・リブログ・シェアは大歓迎です!

気やす〜く、コメントしてください!

 

「共に成長。共に幸せに。」

有限会社グリーンベルトの経営理念です。937

大橋浩人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス