深夜~朝帰りの不倫現場を見て思うこと | 別れさせ屋の社長ブログ

別れさせ屋の社長ブログ

恋愛専門のコンサルタント。
不倫や復縁、別れさせ屋など。大阪本社から全国対応。

深夜~朝帰りの不倫現場を見て思うこと
■ 深夜~朝帰りの不倫現場を見て思うこと
昨晩、スタッフのヘルプで調査現場に行ってきました。
2件を回ったのですが...
その1件が朝帰りでしたので、そんな恋愛をよくするなぁと改めて感じましたね。
「別れさせなければ!」
「別れさせたい不倫」
こう感じる不倫って多いのですが、私は不倫全てを否定しません。
双方が家庭・子供を壊さない配慮があれば、不倫だって恋愛ですから愛し合えば良いのです。
ただ、見境をなくして没頭している姿って、別れさせ屋から見ても哀れに思います。

そこまで一緒に居たいのなら...なぜ離婚しないのか?

家族は大切だし、浮気相手とも一緒に居たい。
両立させたいのなら双方を均等にするべきだし、「浮気してるかも?」は隠さないと。
大人が2人でこそこそ隠れてデートしてるのって格好悪いじゃないですか。
待合せ
手を繋ぐ
腕組
食事
抱き合い
キス
ハグ
ホテルin~ホテルout
性欲を発散した...となれば、いそいそと帰宅する。
結局はH目的ですし、その性欲だけで燃え上がってる恋愛には将来がありませんよ。

”因果応報”
良い行いをすれば、良いことが自分に戻ってくる。
悪い行いをすれば、悪いことが自分に戻ってくる。
不倫で家庭を壊すような行動の場合。
「悪い」と言われる行動なので、その反動は2倍~5倍になって必ず戻ってきます。
相手から慰謝料請求された...なんて反動ではありません。
もっと自分にとって悪影響な出来事が訪れるのが、見境をなくした不倫愛ではないでしょうか。

不倫する人の感覚

● 深夜に調査する探偵・調査員の服装
昨晩、私は会社から現場に向かったのでスーツ姿でした。
これは深夜の調査現場(都会ではない)では、ご法度な服装なんですよ。
なので暑いのですが黒い上着を羽織っての張込みとなります。
夜だと車・人が少ない場所って、街頭・車のライトで「白シャツ」が光ってしまうのです。
車に隠れていても...シャツが目立てば存在を気付かれます。
車のエンジンを切り
ナイトショット(赤外線撮影)をしようとしてるのに?
服装が目立っては意味がありませんからね。
その意味で、夜に調査する際は、上下が反射しない素材の黒系統が基本です。
(難波・梅田・心斎橋では上下黒は目立つのでスーツのが好ましい)

● 同時に2人を愛してしまう
人生は長いですよね。
その中で1度・2度は2人を同時に愛してしまったことはあると思います。
これが結婚していれば...
愛情と責任の比率により「別れる・別れない」を決めきらないのではないでしょうか。
だから不倫関係ってズルズルと長期化するのです。
よって私達のような別れさせ屋にも多くの「夫婦を別れさせたい」とお問合せを頂戴しています。

ただ、よく考えてみましょう。
妻が居るのに?、彼女も居て、その彼女とデートしたりHもしている。
避妊もせず出来てしまったら?
これを曖昧にして関係を続けている人って高い確立で妊娠したら逃げますよ。
「俺の子じゃない」
「浮気してただろ」
こんな感じで逃避したり、手術するにしても署名を拒むのです。
あの人は違うと思うなぁと感じるのが90%の女性だと思いますよ。
ですが、妻・子供を裏切って浮気する人って、それだけ嘘が言える人なんです。
自分が大切なので、世間体・責任は自分にとって有利に考える傾向が強いタイプ。
日頃は正論を言うので人徳や考え方は素晴らしいと思えるタイプではないでしょうか。
それはメッキなので、実際の中身と言うのは「嘘が言える性格」として考えてください。
2人を同時に愛してるではなく、2人を同時に愛されているの立場ですからね。
そこから2者択一で自分が残るには....
見えている
聞こえている
感じている
この感覚だけで恋人を判断せず「本質」を見極めて接することが重要なんです。

● 関連ブログ
「不倫が多い」と悩む女性が改善するポイント
新婚夫婦で子供2歳未満の不倫とは
妻の妊娠中、なぜ夫は浮気するのか?
「成功率は?」の質問で感じる恋愛の着眼点
恋愛から起きる「心の病」との向き合い方
別れさせ屋への需要データ(1999年~)
1人を愛することの難しさ