男性向けの復縁サポート | 別れさせ屋の社長ブログ

別れさせ屋の社長ブログ

恋愛専門のコンサルタント。
不倫や復縁、別れさせ屋など。大阪本社・東京支社から全国対応。


テーマ:

男性向けの復縁サポート

男性向けの復縁サポート
”復縁”と言っても色々な仲直り・関係改善がありますよね。
一般的に別れた彼女、離婚した妻との寄り戻しを復縁と呼ぶと思います。
そこをビジネスとして考えた場合。
対応策は2種類です。
(男女共通)

① 元彼女に復縁する気はある?、また変えられる?
② 元彼氏のネガ要素は改善できる?

今まで、当社(私)は①よりも②が優先と考え、②の改善を①がどうするのか?
これは意図的に曲げるものではない。と考えいました。
最近はビジネスとして①への接触・誘導も必要と考え、②+①にて対策をしています。
別れさせ屋の業界で言う、復縁工作と言うのでしょうか...。
「工作」って言葉が北○○の工作員みたいで格好悪いので私は使いませんよ。
なので、当社では ”復縁サポート” と呼んでいます。

別れさせ屋の社長ブログ・男性向けの復縁サポート

そこで男性が「復縁したい」と考えた場合。
何が必要なのか?
これを1999年~2017年の恋愛統計データから研究しています。
そこで女性に多いのは...

・どうせ繰り返すだろうし
・今なら「好き」って言われてもね
・もう過去の人だから興味がない
・悩んでる時だったら復縁したかも

こんな感じで、過去の出来事として処理しているケースです。
その精神状態なのに元彼が「復縁・仲直り」と言えばどうなりますか?
ウザイ
キモイ
オモイ
こうなってくるのは自然な流れに思います。
ただ女性側の意見は正解であり、決して間違ってませんからね。
元彼がネガを変えずに現状維持で続けよう・戻そうとしているだけ。と読まれています。
だからこそ、情けない男として復縁に至らないケースが多いのです。

● 復縁の関連ブログ
復縁を希望する元彼氏
復縁が困難な分かれ方とは?
別れを覚悟した女の気持ち
別れた寂しさを知る
復縁・タイミングと結果の率

解決策としては、「全力で何かに向かうこと」 が重要だと考えています。
(男性の場合)
仕事
趣味
資格など。
これらの目標に対して全力で走り抜ける意識が欠落しているので魅力を感じない。
相談した同僚男性、後輩や先輩、元彼氏など。
比較すると元仮の悪い部分ばかりを並べて下げてしまうのです。
よって何かに向かっている現じようがあれば...その部分は上げて評価するでしょう。

男性と違って、女性が別れようかなぁと悩んだ場合。
多くの方に相談して意見交換・答え合わせをすると思います。
なので、自分で出した「別れる」の答えには裏付けや自信がありますから、
元彼が復縁を言ったところで...中々曲がらないですよね。
この特性を利用して、友人・知人らが「復縁してもいいんじゃない」と思わせること。
心理学で言う ”ウィンザー効果” を使います。
人って他人からの評価を気にしますので、直接的な評価よりも間接的な評価を上げる。
このように進めるのが復縁の成功率を上げる1つの対策ですよ。

大阪の別れさせ屋・男性向けの復縁サポート

別れさせ屋の社長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります