中小企業が値決めの主導権をとる11の経営進化策『価値づくり進化経営』by酒井光雄 | 経営コンサルタント 紹介エージェント会社の広報ブログ
2018-02-13

中小企業が値決めの主導権をとる11の経営進化策『価値づくり進化経営』by酒井光雄

テーマ:おすすめ情報!

こんにちは!スタッフにしだですシュナ

 

銀座の泰明小学校のアルマーニの乱・・いえ、校長の乱が波紋をよんでいますねアルマーニ

泰明といえば銀座在住で親子代々泰明出身という知人もいますし、近所の子も通っていますランドセル

 

また、平日の午後3時半~4時頃に都バスで銀座方面に差し掛かると、数寄屋橋のバス停から

下校する泰明小の子供達が大量に乗車してきますUMAくん

 

そうなるとバスの中は無法状態で、ワーワーキャーキャーかなり賑やかですDASH!

私が見たところ、その子らは全員制服を着ていますね目

 

最初は公立なのに制服を着ていることに疑問を持ちましたけど、泰明くらいになると制服を

導入しているのかと思っていましたが、標準服という扱いなのですね。知りませんでしたウサギ

 

学区を超えて越境通学という制度が当たり前になった今、子供の希望ではなく、

わざわざ泰明小に通わせたい親がいることにも今回の騒動に繋がってくる気がしますねうーん

 

 

さて今日は、日本経営合理化協会のオススメ商材をご紹介します招き猫

価値づくり進化経営

 


中小企業が値決めの主導権をとる【11の経営進化策】
 

 

『価値づくり進化経営』 酒井光雄[著]

 

定価16,200円(税込)⇒特別割引価格14,580円(税込)


もはや「つくる」「売る」だけを磨いても、付加価値は高まらない─

利益を生む《11の進化策》を組み合わせ、既存の儲け方を飛躍的に進化させよ!

酒井光雄氏
値決めの主導権をにぎり、高収益をあげる「価格の決定権を持つ経営」指導の第一人者が、大手や海外企業に負けない「時代に合わせた、新たな付加価値づくり」を緊急提言。

 

(1)【市場の進化】 自社の強みや技術を横展開して、成長市場でシェアを伸ばす

(2)【顧客の進化】 「子供用→大人用」「自家需要→ギフト需要」など、顧客の需要を転換・多様化

(3)【意味の進化】 既存製品に、時代が求める新たな「用途・役割」を付加する

(4)【製品の進化】 自社の戦略を阻害する要素を取り除き、ロングセラー商品に育てる

(5)【価格の進化】 適正利益の出る新価格の設定法

(6)【ブランドの進化】 下請けから脱し、大手から指名受注を獲得する「B2Bのブランド戦略」

(7)【サービスの進化】 モノにサービスを付加して、事業価値を飛躍的に高める

(8)【課金方法の進化】 17通りの課金方法を組み合わせて確実に収益を確保する

(9)【販路の進化】 〝ジャパンブランド〟を武器に、独自商品で世界トップシェアをとる

(10)【販売方法の進化】 値決めの主導権をにぎる「モノを売る前の準備」と「売った後の対応」

(11)【コミュニケーションの進化】 超ごひいき客をつくる双方向コミュニケーション

・・・圧倒的に進化している企業が実践する【11の進化策】のプロセスと経営のポイントを明示し、一貫した戦略にまとめ上げる法を、豊富な事例と共にわかりやすく説く注目の書。

 

著者は経営者に勇気と収益をもたらすコンサルタント、酒井光雄氏です。


 

ベル詳細&お申し込み

 

https://secure.jmca.jp/sale/1202?&id=106


 

………………………………………………………………………………………………


☆☆値決めの主導権をにぎり、高収益をあげる中小経営のご相談は「経営堂」☆☆


 

コンサルジェントさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス