ワーホリ出発まで (4)

テーマ:
自力でワーホリというか、自分でとっとと手続きをして、いろんな計画を立てれたのはやっぱりカナダに住んだことがあったことと
すぐに駆けつけたりすることができる距離ではないけど、困った時には助けを求めることができる人がいること。

この2つがなんの躊躇もなく自分で手続きだとか計画だとかを進めることができた理由だと思います。

学校選びが振り出しに戻ると同時に引継ぎの関係で2006年の年末で仕事を辞める予定が、2007年2月末に延びショック!
仕事の関係で出発が2月中旬~末の出発予定から3月中旬になってしまった。

はい、計画の練り直しビックリマーク

5月ぐらいまでスキー場は開いてるけど、3月中旬だとさすがにカナダも雪が一番いい時期ではない。
最初の1ヶ月ボード三昧に時間をあてるだけの価値はあるのかはてなマーク

いろいろと考えながら前に友達とボードに行った時に泊まったバンフ付近のB&Bのオーナーと連絡をしてみた。
そしたら前に友達とボードに行った時に泊まったバンフ付近のB&Bのオーナーと連絡をしてみたらワーホリ価格あるよ~って返事。

私のたどり着いた予定は、まず、ホストファミリーに会いにサスカトゥーンへ。
その後、1週間ロッキー、バンフに行ってがっつり滑って、お腹一杯にしてバンクーバーに向かう。
バンクーバーで1ヶ月ESLに通う。

やっぱり3年も前のことになると細かいことは忘れてるなぁ。
この予定を決めたのがワーホリに行くことに決めた前か後かもう覚えてない・・・

とにかく、私の立てた予定はこれ。

3月14日に日本を発って、サスカトゥーン着
ホストファミリーの所に1週間
サスカトゥーンからバンフにバスで移動バス
バンフで1週間スノーボード
バンフからバンクーバーへバスで移動バス
月末にバンクーバー入り。

日本出発前に1ヶ月通うESLと住む所を確保しておきたかった私。

ESLを決めるに当たって次に連絡したのはバンクーバーにある現地のエージェント。
前に無料留学相談でESLを選ぶに当たっての条件が明確になっていたので交遊条件の学校を探していますってメールでやり取りをして、学費はクレジットカードで支払い。

エージェントを通すと学費の割引があったから、少しお金の節約になったかな?とおもいきや、住む所を奮発して意味のないことになってたけどガーン

ダウンタウン家具付きのウィークリーマンションを2ヶ月も!借りることにした私。
お金はかかったけど、この物件を借りてよかったなと。
サスカトゥーンでのホームステイ10ヶ月を除いて実家暮らしで一人暮らしをしたことがなかった私。
いきなりルームメイトとかいたら、多分無理だったんじゃないかと、今になって思います。

私はかなりの勢いでいろんなことを決めたけど、お金のこととかもあるので、時間のある人はいろんなプランを練ってみるといいと思います。