ちいさなこども、

おおきなこども

かわいくて、たまりません。

 

今日は、久しぶりに効率からとおおおおおおいお仕事を

させていただきました。

 

手際の良さよりも

ちょっとモタモタ?した感じ。

 

きまりなんてなくて

ときどき、時間の波で、ごった返す瞬間がありましたけれど

「並んで」とか「チェック」とかしない。

「み~せ~て」としゃがんで、手を広げていたら

わらわらこどもたちが集まって、

どんどんどんどん。

 

わたしの手に積みあがる作品?

どんなふうに受け取るかも、自由だ。

受けとらなくてもいいのかも。

 

われ先にと、小走りにやってくる様子がかわいくて。

 

ごちゃごちゃした、いうなれば

おもちゃ箱のような、空間は

 

どこまでも平和だなと。

 

危険がないこと。

時間を守ること。

これくらいかな。

 

2時間で150人弱。

 

効率から遠いって、こんなにしあわせなんだな。

こどもの世界に、危険が無いように見ているだけ。

 

こどもが、振り向いたときに

「いつも見ている」大人。

それが、大人の重要任務だな、と再確認。

 

100人以上見ていると1人は「光る子」います。

圧倒的な光。

 

そういう子?いじらないことです。大人がね。

image