ひきつづき

100日コース

こどもの時間管理

課題の解説をフェイスブックから一部抜粋しましたよ。

・・・・・・・・・

シンデレラの時間割®で伝えている

子供の時間管理は、

2つだけです。

食事の時間

消灯の時間。

たったこのふたつ。

 

勉強しない、とか

だらだらしている、とか

どうでもいいことです。

食事の時間の徹底と

あなたが親として、健康維持のために

「この時間には寝た方がいい」という消灯時間。

 

こちらの徹底だけ。

5分くらい、今日はいいや、とか

今日は特別な日で、夜更かしいいよ、とか

特別って?

・・・・・・・・

<解説>
まず、

間違えないでほしいのは、

こどもが起きる時間などどうでもいい

ということ。

なぜなら、起きる時間の決定は、本人だからです。
親の仕事は、「寝る時間」だけきめることです。
親として健康を維持する時間。これはうごかしてはいけないこと。
食事もそうです。
親として(手本となる大人として)食事の時間は、こうです。
ということを示す。

毅然とした「動かさない時間の徹底」が大事。
決めたら、まず、自分が絶対に時間を守る事。

本人が考えて決めないといけない時間
大人(親)が決める時間

を区別できていないとね。

 

こどもが「自分の頭で考える」というかけがえのない体験を

奪ってはいけない。
わたしは、そう考えています。