断捨離のコツそして断捨離の儀式

テーマ:

昨日から、


モノ、多すぎるでしょ!

という叫びが自分の中からでてきまして


起きた瞬間から決行。


断捨離にはこつがあります。


いつもの習慣を、ひっくりかえします。

それがスタートの合図。


家族に影響のある家事はやりますが

やらなくても、困らないものは、省きます。


これ断捨離の儀式。


いつも通りでも、さほど時間はかかりませんが

いつもと違う時間配分にすることで


新鮮な、ぽっかりあいた時間を味わえます。


余裕の気持ち。

これが、まず大事。


なかばやけくそ、の状態で断捨離は、まず失敗します。


モノにあたるような、やっつけの気持ちは

正しい「要不要」の判断ができません。


自分の持ちものの判断に3秒あれば、全てできます。


3秒以上かかっているならば、「不要」


そして、だらだらしないこと。


どんなに長くかかっても、15時までには終わらせる。


終わらせるというのは、部屋を美しく清潔な状態にするまで

を意味します。


時間をかけても、効果はないです。


これがコツ、そして儀式です。


AD