いつもブログをご覧くださり有難うございます。練馬区のコンチェルト鍼灸院 松浦聡ですにゃー

 

本日も前回に引き続き、妊娠関連のお話で「ビタミンDを妊娠中に多く取ることで産まれる子供のアレルギー性鼻炎を予防することにつながる」という内容です。

研究の対象はアメリカの1,248人のお母さんとその子ども(小学校低学年)になります。


母親の血液と臍帯血の検査、子どもの血液検査から、血中のビタミンD濃度をはかり、子どものがアレルギー性鼻炎発症を発症するリスクを調べております。

結果は、食品由来のビタミンD摂取量が妊娠初期から妊娠中期に100IU/日増えるごとに、子どもが学童期までに一度でもアレルギー性鼻炎を経験する確率がそれぞれ21%(オッズ比0.79(95%CI、0.67-0.92))、20%(0.80(0.68-0.93))低下することと関連が見られた。

ここで重要なのが食品由来のビタミンDではリスクが減っておりますが、サプリメントでビタミンDを補った場合はアレルギー性鼻炎のリスクは低下しないとの結果が出ております。
過去のブログで、ビタミンDを十分に摂ることで優位に妊娠出産率が改善されるという妊活関連の記事を書きましたが、この記事で紹介した研究では食品由来とサプリでの効果の差などは比較されておりませんでした。

 

ビタミンDは紫外線を浴びることでも合成されますが、冬場は紫外線を浴びる機会も少なく、ビタミンDを合成する量も減ってしまいます。
身体で合成する量が減る分は食事やサプリで更に補う必要がありますが、食品由来のビタミンDであれば、アレルギー性鼻炎のリスク低減同様に、妊活時の妊娠・着床率の改善につながると考えられますので、妊活中から妊娠中はバランスの取れた健康的な食生活を心がけましょう。
そして、それでも足りない分に関してはサプリで補いましょう(=゚ω゚)ノ

妊活関連のビタミンDのブログはこちら。
・ビタミンDについて(不妊症関連)