Kyoto Graphie2018 | cona日和

cona日和

Mシュナ「cona」と過ごすオキラクな日々あれこれ


テーマ:

新緑の京都

KyotoGraphie2018へ

 

 

 

 

 

 

 

 

去年初めて訪れた

国際的な写真展は、、京都ならではの会場の趣きもプラスされ

それは想像以上の素晴らしいフォトフェスティバルで

 

 

 

 

 

 

 

 

15ヶ所もの会場を周るには

日帰りでは残念なことに時間切れだったから・・

今年は一泊することに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創業400年の商家、その重みを感じる伝統的町家 嶋臺ギャラリー

京都新聞社の地下 印刷工場跡

京都文化博物館

祇園のBar

そして・・京都市中央市場 etc.etc.

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

スマホ片手に

京都の街をテクテク

 

それでも知らない街は、方向がわからず

あっちへこっちへと大騒ぎ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな合間に見つけた

The three bears

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスのお茶文化の魅力が詰まった

Tea roomは

メニューを手に取っただけでも、、

 

 

 

 

 

 

 

ほら、絵本のように可愛いでしょ

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子も食器たちも

UKで統一されていて

この日は木漏れ日の落ちるテラス席で、、tea break

新緑を抜ける風の気持ちいいこと

 

こんな時間が欲しいからお泊りにしたって?

そうそう、そうなの(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから世界で活躍する写真家たちの作品を巡り

その興奮冷めやらぬまま

夜は・・人気店イカリヤ食堂の

5店目 チンクエイカリヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

京都らしく町家をリノベした

小さなイタリアンは、居心地が良くて

 

 

 

 

 

 

 

冷えたワインが美味しいこと

 

 

 

 

 

 

 

世界屈指の文化都市 京都を舞台に

その特別な空間で出会ったアーティスト達の展示は

どれも素晴らしく・・

夜遅くまで、写真祭の興奮は続くのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印刷工場跡の

ローレン・グリーンフィールドのGeneration Wealth

 

まるでNYの地下鉄にトリップしたようで・・

富を象徴する人々の写真とのギャップが

何故か、とても印象的だったな。

 

 

 

 

 

 

 

kyoto Graphie ・・来年もまた!

 

 

 

conamamaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス