「人間力アップ」につながることを願い、日々ブログを書いております。

 

 

幸せ導くはた楽経営コンサルタント幸せ研究家藤井孝幸です。

          image

いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。

 

 

 

本日は「人も自分も幸せに出来ること①」と題して書かせて頂きます。

 

昨日に引き続き「仏教」に関する内容ですが、お付き合いできる方は最後までお読みください。

 

仏教には、色々な教えがありますが、集約すると昨日の「七仏通戒偈」にあるように「善いことをしなさい悪いことをしてはいけません」ということです。

 

本日は『無財の七施(むざいのしちせ)』について書かせて頂きましょう。

 

七施なので7つの施しがあります。

 

2つずつ、3回に分けて書かせて頂きます。

 

【無財の七施】

1.眼施(がんせ)

2.和顔施(わがんせ)

3.言辞施(ごんじせ)

4.身施(しんせ)

5.心施(しんせ)

6.床座施(しょうざせ)

7.房舎施(ぼうしゃせ)

 

無財の七施とは、お金をかけず出来る施しという意味で、これらを人に施すことで人に幸せを与えることができ、同時に自分も幸せになれるというものです。

 

 

 

眼施(がんせ)・・・優しいまなざしで人に接しましょう

 

優しいまなざしで接することで、相手を安心させる効果があります。

 

「目は口ほどに物を言う」という諺がある程で、眼で感情が伝わることがあります。

 

特に昨今はコロナ禍でマスクを常時することが多く、眼しか露出されていないので、顔の表情が読み取りにくくなっています。

 

だから余計に「眼力(めぢから)」を強化しなければならないでしょう。

 

ニッコリ笑顔でも、眼が笑っていない人が中にはいますので、眼だけで笑っている表情の練習も必要かもしれません。

 

少しオーバーなぐらいに眼で表現すると良いのでしょう(特に接客業の方々)。

 

和顔施(わがんせ)・・・いつもニコニコ笑顔で接しましょう

 

腹が立ってもニコニコ、笑顔は周りも笑顔にしてくれます。

 

不機嫌なまま居ると、その場の空気が悪くなります。

 

不機嫌は立派な環境破壊だと心得ましょう。

 

 

 

話が少し反れますが、神道では『言挙(ことあ)げせず』と言って、余計な事を言わない考え方があります。

 

善し悪しは自ら感じ取り実行しなさいという趣旨の様です。

 

もともと日本民族は、争いを好みません。

 

人には心があり感情があるので、言葉に出すことで食い違いから対立することがあるので、極力対立しない様に争いにならない様に、口数が少ないようです。

 

だから日本人は、言葉に出さずとも相手の感情を察して心を感じ合い、心で会話をしてきたといわれています。

 

言葉で表現するのではなく、眼でものを言い、身体に心をにじませて、言葉にせずとも通じ合えて来た民族のようです。

 

その証拠に「一を聞いて十を知る」や「忖度(そんたく)」や「相手の心中を察する」等の言葉があるのでしょう。

 

昔の人々は、このように心が読めたのでしょうが、近年では読めない人が増えてきたように思います。

 

「空気が読めない」とか「忖度」も行き過ぎたことをして失敗する人もあります。

 

これは何故だと思いますか?

 

心で会話をする。心を読む。とは、ある意味「テレパシー」ですね。

 

オーストラリアの先住民でアボリジニという民族がいます。

 

この民族はテレパシーが使えるそうです。

 

この民族に何故テレパシーが使えるのかと尋ねると、

 

「簡単なことさ。欲を持たないことと嘘をつかないことさ」と答えたそうです。

 

それを考えるとバブル経済も欲から派生した経済で、バブルがはじけても、企業も政治家も欲の為、過度な利益追求のために嘘で固めてしまっています。

 

そんな世の中になってしまったことで、心が読めなくなったのでしょう。

 

やはり、心を浄化して綺麗にする必要があります。

 

ただ唯一、テレパシーが使える組み合わせがあります。

 

それは、お母さんとあかちゃんの関係です。

お母さんは、赤ちゃんに対して嘘も欲もありません。

 

だから「バブー」と言ったり泣いたりしただけで何を欲しているかが分かります。

 

でも、乳幼児虐待という事件を時々報道されていますが、これは家計の事情から共働きも致し方ないのですが、経済的な欲もあり、子育ての疲れからもテレパシーが不通になっているのかもしれません。

今の世の中、スピード時代で心が付いていけていないのではないだろうか。

 

心に余裕を持ちたいものです。

 

心に余裕が生まれれば、優しいまなざしも、ニコニコ笑顔で接することも容易なのではないでしょうか。

 

朝夕神棚をお参りすることで、心が浄化されますよ。是非設置を。

 

 

 

 ブログランキングに参加しています。

もし良かったらクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

 会社経営で何かに悩んでおられる経営者の方へ

企業も家庭も様々な問題を抱えていることがあります。

 

それは些細なものから重大なものまで様々でしょう。

 

私ども宇部経営コンサルタント事務所では、

 

企業の様々な問題を可能な限り対処させて頂きます。

 

様々な問題も元をたどってみると心の問題に行きつくことが多いです。

 

心の問題とは、人間関係・コミュニケーションの問題という意味です。

 

昨今はこの心の問題が沢山存在しています。

 

何をするにも「心」が軸になります。

 

この軸である「心」がしっかりしていなければ問題も解決しません。

 

当事務所では、

「会計力」と「人間力」の2つをしっかり育てるお手伝いをさせて頂きます。

 

「人間力」アップは、独自考案の「幸せプログラム『はた楽』」で習慣化します。

 

詳細はホームページをご覧くださいませ。

 

いつまでも悩んでいると、状態が悪化していきます。

新たな一歩を踏み出しましょう。

迅速な対処で悪化を食い止め改善していきましょう。

そして皆が楽しくワクワクできる会社に変えていきましょう。

 

社内研修・セミナー・講演も承ります。

 

まずは、下記よりホームページをご覧ください。

 

 

 

最後まで読んで頂き有難うございました。

 

本日は、これで失礼致します。
 
ありがとうございました。
      
ブログランキングに参加しています。
もし良かったら
クリックしてください。
↓↓↓↓↓↓

 

 

 

ご意見ご感想頂けると有り難いです。

ご質問もお受け致します。