1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006年04月19日

雑誌インプレッション!?XaCAR 6月号

テーマ:└ 雑誌インプレッション

xacar0606a スイフト スーパー1600&スポーツ特集!

4月21日発売の「XaCAR 6月号」の別冊付録に「スイフトスポーツのすべて」が付属しています。オールカラー32ページでスイフトスーパー1600とスイスポが特集されています。

目玉としては、JWRCで活躍中の「スイフト・スーパー1600」の、契約ドライバー以外では世界初となる試乗記事!土屋圭一氏、木下隆之氏、河口学氏など「走り」に強いこだわりを持つドライバーが「スイフト・スーパー1600」をどう評価したのか!?そのほかにも、市販モデルのスイフトスポーツの記事も多数掲載されていて必見です。

 

COMTENTS

xacar0606 ・ついにスイフトスーパー1600をフジスピードウェイで走らせた!
・スイスポの走りをチェック
・走りのメカニズム解剖
・開発者インタビュー
・辛口対談
・スイスポの使い勝手をチェックする

今回の特集はスーパー1600にスポットがあたっています。やはりラリーカーのテンションは違いますね!一度乗ってみたいものです。

本日より発売中です。ぜひご覧になってみてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年02月27日

雑誌インプレッション!?XaCAR 4月号

テーマ:└ 雑誌インプレッション

xacar0604 さて、もう既にご覧になられた方も多いと思いますが、いつもホットな話題を提供してくれる XaCarで「第2次ターボ&スーチャー時代がやってくる!」「スイフト スーパーチャージャー」のネタが盛り込まれています。表紙のSX4もカッコイイですね~。スズキの加速はまだまだこれからです!

さて、サーキット向けにスーパーチャージャー(以下S.C)がスズキスポーツで開発中だとか。土屋圭一氏のインプレッションも交えて、その魅力を語っています。
以前同氏はDVDで、ギヤ比が街乗りだよ、なんて言っていましたが、その点はさておき、S.Cによる30馬力アップで、よりスイフトの魅力が増したようです。これがノーマルでもいいんじゃないか、とまで。
シャシ性能もまだまだパワーアップに耐えられるようですし、さすがラリーベース車ですね。ギヤ比は、本格的に走るなら1.5速の部分にもうひとつギヤが欲しいと語っていました。


S.Cの味を知らない私には、想像するにも限界がありますが、一度乗ってみたいものですね。怒涛の加速を体感してみたいです。フロントに開いたエアダクトも何かそそられるものがあります。
スイフトの可能性を感じさせてくれるインプレッションです。是非読んでみてください!
dact

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年01月06日

雑誌インプレッション!?GoodsPress 2月号

テーマ:└ 雑誌インプレッション

GP200602 さて、なかなかスイフトの出版物が出てこないですが、こんな雑誌にも記事がでていました。もっぱらオモチャ・ホビーの新製品を紹介している、結構息の長い雑誌です。


今回の2月号にはスイフトスポーツの魅力が的確に書かれています。
走り出したらすぐ分かる質の高さ、スピードを上げても安心できる走り...などなど。。
走りに傾倒した記事ではなく、これだけの走りの質・ポテンシャルも持ちながら必要充分なユーティリティーや、欧州の石畳の風景にも負けないデザインも素晴らしいと、結構褒めたたえていました。


スズキの開発姿勢についてもふれられています。今までの方針からの方向転換、徹底した煮詰めとコストダウン。これはスズキの本気を見せた一台ということで、今後も期待したいと、私も思います。


是非、読んでみてください!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年12月02日

雑誌インプレッション!? スピードマインド リジェネ No.003

テーマ:└ 雑誌インプレッション

spmnd003 モータースポーツフリークには欠かせない(?)雑誌『スピードマインド』でスイフトスポーツの解説を発見しました。
 

・モータースポーツを正面から見据えた設計
・計り知れないポテンシャル

 
一体時速何キロまででるのか分からない、ポテンシャルの高さが感じられるとか。また、これまでにはレポートのなかった、ダートに関してもテスト走行しているようで、細かい振動を伝えてこない=足回りがしっかり仕事をしているというような評価記事もあり、なかなか興味深いです。

グラベルやターマックを戦ったラリーでの実績をフィードバックしているという事を感じるようで、なんだか夢が膨らみました。これまでの「評論家」とは異なった視点で、面白い記事です。
是非ご覧になってみてください。

Brand New Motor Sports Machine
MAZDA・ROADSTER / SUZUKI・SWIFT Sport

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月22日

雑誌インプレッション!?XaCAR 1月号

テーマ:└ 雑誌インプレッション
xacar0601 人気急上昇!!スイフト・スポーツ "9人の異見"

さすが、カーオブザイヤーで注目が集まったこともあって総勢9人もの評論家がスイフトスポーツの是非を語っています。(まあ、前からコメントしていた方々ですが…改めて、ということで!) 結構、読み応えがありましたので、是非読んでみてください!カーオブザイヤーの詳しいコメント特集もあって、楽しめる一冊です。
スイフトについて気になったコメントをちょっとかい摘みますと…

・これは古い。
つまりかつてのホットハッチとなんら変わりがないという意見です。しかし確かに目新しい技術も何もないかもしれませんが、走る楽しさを思い出させてくれた、価値ある一台です。開発の視点も我々一般人の目線で作られていると思うのです。新しい技術を投入しても、面白くない・楽しくない車がどれほど多いことか・・・運転する人間自身ではなく、メカ に視点が行き過ぎていないかと思ってしまいます。その点、スイフトは自分が欲しかった所をうまくついた車だな、と感じています。難しいことはありません。デザインと走りと価格の3つです。

・次はどうするの?の答えが見えない。
私も気になります。難しい課題ですね。スズキは次に何を考えているのか… やはり感動を与えてくれることを願いますが、ロードスターのようにキープコンセプトで正常進化させてくれるのもうれしいと思います。そう、次もやっぱり乗りたいと思わせてくれるようなスイフトを期待します。

・スバルやミツビシのようにピュアなエボリューションモデルが欲しい
確かに、せっかくJWRCで活躍しているんですから、少々カゲキなピュアスポーツモデルもあって欲しいです。現行スポーツはマス(多数ユーザー)を狙っていると思いますので、イメージリーダーとなる最強モデルがあってもいいのではないでしょうか。

・車の楽しみはパワーやメカじゃなくキミたち自身の内にある
このコメントを書かれた熊倉氏の意見にはちょっと感動すら覚えました。経験豊富ながら軽い語り口でズバズバと真をついていると思います。ここでは語りませんので、是非読んでみてください!
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。