2005年12月03日

ラクティス かわいくて賢いクルマ

テーマ:トヨタ ラクティス

ractis 実は、10月の発売直後にもアムラックスで実車を見て、ん?コレいいんじゃない? と思った覚えがあります。パドルシフト付の7速スポーツシーケンシャルシフトマチックと、高い応答性を実現するCVT SPORTモードを搭載した新開発のACTIVE CVTシステムを装備し、このサイズにして16インチタイヤで走る…ちょっと気になりませんか??


またこのようなトヨタのデザイン…何か、『車』とか『走り』とかを離れた感情を思い起こさせます。なんかこう、、ペットのようなかわいさ?

スイフトの前に乗っていたヴィッツはまさに、その感情で買ってしまったようなものでした。新しいデザイン、ペット風な顔、見たことのない内装、パワーは無いが納得できる好燃費。そのあたりがヴィッツ購入のカギになったわけです…ただ、その一種「変わった」感情と引き換えに、走りの楽しさや、気持ちよさは得られませんでした。。。もっとも、1LのATスタンダードモデルにしたのが間違いだったのかもしれませんが…ユーロやRSでMTにしていたら、もっと楽しかったんでしょうね。でも、燃費の良さは驚きでした。

トヨタの足りない部分は最初から分かってはいたのですが、当時は他に選択肢が無く、また買ってしまえばどうしてもしばらく乗りますし(しかもトヨタは営業レベルが高く、買いやすい…)、好燃費や存在感の無さといった、ある意味での『良さ』を持ち合わせているため、なかなかそこ(トヨタ車)から逃れることも難しかったです。
もしスイフトが無かったら、ヴィッツの次にこれに乗っていたのかもしれません。まだ試乗していないので、味付けは分かりませんが、走りの楽しさと違う気持ちは芽生えそうです。

ただ、このようなトヨタの放つ、新しい魅力を持った車に「勝てる」車が、なかなか出てこないのも現状です。トヨタの思想は、果たして高いレベルにあるのかもしれない。しかし、何かが足りない、と思ってしまいます。純粋に走りを追求すれば、コンパクトカーとしてはシビックやインテグラのタイプR、ロードスターなどもあるわけですが、実用性・快適性には乏しいし。。

デザインと実用性、程よい刺激。スイフトはそのような条件にピッタリ当てはまったわけで、本当はもっとスイフトのような車が出てほしいなあと願っています。


トヨタ ラクティス  メーカーページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。