1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006年01月17日

カーオブザイヤー受賞記念 特別仕様車1.3リミテッド 登場

テーマ:スズキ スイフト
13ltd スイフトに特別仕様車が追加されました!タイプがどんどん増えてきましたね~
 
本当は、できる限り後に後に買うほうが、熟成が進んで、クルマとしてはいいのですが、こういった特別仕様は期間限定販売のようなものなのでまだの人はこれがまたチャンス!なのかもしれませんね。

1.3XGに乗っている私は、もはや動きようがないのですが・・・ただマフラーを交換して大満足しているので、新型は気にはなるけど、精神的にはまだまだ揺れないな。。と思います!
 
..カタログを見て、まず目を引いたのは新色の設定です。スイフトの1オーナーとしては新色の設定は気になります。これまでに無かった、紺色(キャッツアイブルーメタリック)が設定されました。ラインナップ全体を見ると、黒・白・赤・銀・紺 と日本人好みともいえる、控えめのカラー群となっていますが、内装をみるとシルバー/グレーのツートンとなっており、従来のダークグレー/ブラック内装に比べると明るく、クールな演出がされています。 スイフトファンサイト!新設ページに続く.....

高級感とシャープさが確実にアップした仕様ですね。
ライトのリフレクターのスモーク化は渋くて良いと思います。これだけ欲しい気が。。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年12月14日

フットワークはもっとよくなる!

テーマ:スズキ スイフト

Red_run さて、そろそろアタリがついたのかな、と感じたところで、少し気に入らない点が出てきてしまいました。。

それは、足回りが柔らかくなってしまった…??ような気がすることです。
体が慣れてしまったのかもしれませんが。。
タイヤのせいもあるのか、細かい凹凸は結構拾うので、一見硬いような感触ですが、レーンチェンジや、グイッと曲がるときにロールが大きいな~という感覚が強まってきました。正直、もう少し踏ん張って欲しい気もします。。

ただ、これはスタンダードとしては狙ってるセッティングのようにも思えます。決して不快なわけではなく、その時のスピード感でハンドルを切ったフィーリング、そしてロールの感覚の連携が実に自然です。ただ、いまいちキビキビ感としては足りないような気がしてきました。
 

この点はノーマルで言えば当然スポーツのほうが上ですね。評論家の誰かのインプレッションでも、同じようなことが書いてありましたが、ようやく実感しました。
このまま追求していくと足回りの変更もしたくなりそうです。もう少し、ショックアブソーバーやスタビライザーなど、足回りのチューニングパーツが増えてくるといいなあと思います。
1.3は車体が安いので、金銭的な余裕もできて(?)、こうして色々考えたりいじる楽しみもスポーツより大きい部分があるかもしれません。(スピードやパワーは別として。) 河口まなぶ氏とXa-CAR、そしてモンスターのタイアップ企画で開発中というオーリンズの最強?サスキット も要チェックです!ひとつの答えが導き出されたという12/20号のXa-CARが楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年11月15日

RJC カーオブザイヤー 大賞受賞!!

テーマ:スズキ スイフト

やっぱり受賞でした!!オメデトーー

Yahooトップニュース にもスイフト受賞!と出るくらいなら、一気に知名度アップしそうですね
スズキにとっても、初の普通車での受賞!快挙です
 
RJC

---11/14 時点
まだ元ネタはつかめませんが、ウワサが流れてきました。スイフトファンサイト!BBS
もし大賞だったら、結構スゴイことでは・・・ないでしょうか?

ちなみにノミネート6台は下記のとおりです。

スズキ スイフト
ニッサン ノート
マツダ ロードスター
レクサス IS
ホンダ シビック
ミツビシ アウトランダー

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年11月09日

日本カーオブザイヤー2005-2006 Most FUN 賞受賞!

テーマ:スズキ スイフト

p4
やりましたね!スイフトが。前回の予測もバッチリ当たりました。
 
ロードスターが最優秀賞をとりましたが、あれだけの強豪の中にあってスイフトも賞をとれたのは、うれしい事だと思います。

「走りを楽しむことが大きな目的のクルマ」 とチーフ・望月氏

この受賞で、「クルマってのは楽しいものなんだ」と改めて実感させてくれたのがスイフトであるということで、世に認められたといってもいいんでしょうね。これでもう少し知名度も上がるでしょうか。まあそれよりも、クルマの歴史にひとつの足跡を残したということで、おめでとう!と言いたいです。
 
p2 スズキ ニュースリリース
 
結果
1位:マツダ・ロードスター:447点
2位:レクサスGS   :309点
3位:BMW 3シリーズ:212点
4位:ホンダ・シビック :165点
5位:スズキ・スイフト :154点
6位:シトロエン C4  :63点
6位:プジョー 407/407SW:63点

 
p3 8位:メルセデス・ベンツ Aクラス:36点
9位:日産ノート   :32点
10位:アウトランダー 19点

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年11月05日

日本カー・オブ・ザ・イヤー2005-2006 ノミネート

テーマ:スズキ スイフト

COTY cotylogp
日本カー・オブ・ザ・イヤー2005-2006 にノミネート

すごいですね~スイフト!

2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤー ベスト10に進んでいます!45台の中で1次審査を通過したとか。最終選考は11月9日までに行い、結果を公表という流れだそうです。

 
今までの評価基準や傾向をみると1位をとるにはちょっと物足りない気もしますが・・・
でも応援したいですね。現行スイフトにとっては最初で最後のチャンスですし!

気になる評価基準は…
・新しいコンセプトに基づいて作られたクルマであること。
・本質的に新しい機構を採用していること。
・新しいボディ、あるいは新しいエンジン、ドライブトレイン、サスペンション機構等を採用していること。

 
スイフトってそういえば新しい技術やポイントがないですね…もちろんデザインは新しいとはいえ、新開発の機構は無かったと思います。
でも私たちユーザーや、業界を嬉々とさせた、コンパクトカーとしての走りの楽しさは、他にはない美点です。 あ、同じベスト10にロードスターという強敵がいましたね。。ムム

 

取りそうなのは Most Fun 賞 あたりな気もします

【日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞】
●「Most Advanced Technology」
●「Most Fun」
●「Best Value」


さて、どうなることか。楽しみです!

≪開票中継≫
アカデミーヒルズでの開票状況を六本木ヒルズアリーナの大型ヴィジョンにて放映します。
開催日: 2005年11月9日(水)
時間: 12:00~13:30

≪表彰式≫
カー・オブ・ザ・イヤー及び特別賞3賞の表彰式を開催します。
開催日: 2005年11月9日(水)
時間: 14:30~16:00
司会: 小倉智昭

http://www.jcoty.org/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。