個別面談【小4息子編】 | コモノぐらし*凸凹兄妹の育児日記

コモノぐらし*凸凹兄妹の育児日記

発達凸凹の兄妹とコモノな母のブログ

 

読んでいただきありがとうございます

コモノ家 の育児日記ブログ です

ASD 息子 てん 9歳・娘 しい 6歳

子どもたちのことや気になることをかいています

 

▶︎自己紹介2021年度

 

よろしくお願いします

 
 

ーーーーーー

 

こんにちは、コモノです。

 

先日小学校の面談がありました。

 

未来のことを考えることから逃亡気味の今日このごろ。

 

丸腰で行ってまいりました。

 

 

今日は てん 小4(自閉情緒級在籍)の面談内容を...。

 

学習面、行動面は通知表に書かれていた通りの内容でした。

 

3年生までずっと一緒だった情緒級仲間が転校してしまい、4月は寂しさに打ちひしがれていましたが...

 

1人になったことで学校での友人関係も自分から切り開かなくてはと思ったようで交流級にいる気の合う子と話してみたりして少しずつ心を開いていったようです。

 

友達とまではいかなくても、自分に似たような子は実は交流級にも結構いるぞってことに気づいたようです。ヨキヨキ

 

色々なきっかけで、動いていくものだなぁと感じました。嬉

 

そして、支援担から てん の具体的な将来なりたい職業の話も聞きました。先生に相談していたようです。

 

 

てん は『心理士』になりたいそうです。そうなん!

 

なぜか...

 

てん「今までいろんな心理士さんに僕は助けられたから

 

だそうです。

 

全国の心理士さんが涙するぜよ

 

 

その流れで

 

支援担「てん さんの進路についてどのようにお考えですか?」

 

コモノ「は、はい...。そ、そうですね。」中学通えたら万々歳くらい

 

支援担「学校だけが全てではないですが、色々な職業の選択肢を広げられる環境で学べるとよいですよね」

 

コモノ「はい、やはり高校は行けたらいいなと思っています。息子は学ぶことが好きなのでずっと学び続けられる環境に身をおけたらいいなと思いますし、できれば人の中で学んで欲しいです。」

 

支援担「そうですよね、高校進学となるとやはり中学は普通級で頑張らないといけないですね。こちらとしては5年生は籍は支援級に置きつつほぼ交流級で過ごす、そして6年生は完全転籍とするのがよろしいかと思います。6年生の成績は中学に申し送りされますので。」

 

コモノ「やはりそうですが...。」いよいよだなぁ汗

 

支援担「今の様子だと学校では頑張れば出来るとは思います。でも本人の負荷は今よりとてもかかるのでお家でもっと荒れるかもしれません。」

 

コモノ「はぁ...。ですよね」無理無理

 

支援担「今を尊重してあげたいけれども、未来も考えて今を決めなければならないのが難しいですよね」

 

コモノ「はい、1番不安なのは中学高校進学のために今無理をさせて壊れるかもしれない、不登校になるかもしれないことです。でも、このままでは高校に行けないことも分かっているので悩ましいです。」

 

 

未来のことを考えて、今頑張っている親子がたくさんいるのを見聞きするたびに本当みんなすごいな〜と思います。

 

 

正直、毎日が精一杯で先のことなんて考えられないよ。

 

でも、決めなきゃいけないんだ。

 

小4ってやはりそういう時期なんだね。

 

2学期後半の面談で5年生をどうするか、親子で話して考えておいてくださいとのことでした。

 

 

はやいな〜。は、はやいよ。

 

やっと交流級に慣れてきたところなのにね。

 

 

 

ああ、でも嬉しいことも。

 

理・社の通知表が高評価だった理由もわかりました。

 

今年から学習へのPC導入が本格的になりました。特に理・社はほとんどPCでの授業だそうです。

 

PC入力のおかげでレポートをまとめる力があることが教科担任にも伝わり、評価してもらえたようです。

 

これは書字障がいのある てん にはとても嬉しいことでした。

 

やる気とか熱意とかそんな曖昧なことではなかったです...。

 

 

個別のことは、嬉しいことも多い面談内容でしたが、進路のことを考えると頭が痛いです。

 

 

まぁ、頑張らせる方向に導くのだと思いますが、家での負担がぁ〜。遠い目

 

 

コモノ

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村