地震のあった日に、子供と一緒にかる〜〜〜〜〜い気持ちで歯科に行ったら

 

親知らず、抜かれた。叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び

 

その場で「じゃ、抜きましょっか〜」みたいなタラー

歯科医さんが美人で断れなかったわ。 心はオッサンなのね〜ねー

痛みはその夜だけだったけど、違和感かなんだかでずっとズツーです。うう

パソコンも見る気力なくて、スミマセンぺこり

 

 

小1が図工の作品を持って帰ってきました。

 

 

鳥にんげんガーン。…鳥らしいですよアセアセあせる

幼稚園は学期末にまとめて持ち帰りで、上の子もそうだったのですが、先生によって違うのかな。

チョコチョコ持って帰るのもいいですねニコ

 

 

セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ黄セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ黄セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ黄セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ黄セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ黄セキセイインコ青セキセイインコ青

 

 

「キッチンの高さは90cmが正解説」で書いていたキッチンのサイズ感ですが、エンドパネルの影響も大きいなあと思います。

高さ80cmベリーのエンドパネルと高さ90cmラクシーナのエンドパネル下矢印

 

  

ベリー               ラクシーナ

 

かなりサイズが違いますアセアセ

ベリーのは、ベリーのエンドパネルです。キッチンと同じ模様。

厚み20mm、斜めカットでスッキリ収まっています。

ラクシーナのはチェスターフィットのエンドパネル。チェスターフィットと同じ色目。

ただでさえ四角で大きいのに、厚み30mmです。

この10mmの差、大きいですタラー

 

ベリーは、チェスターフィットの長さが足りない分、空間にしてゴミ箱置き場にしています。

なのでカウンター勝ち。(カウンターの板が一番長くなっている)

ラクシーナは、チェスターフィットの長さを反対側のフィラーで調節してエンドパネル側は面が揃っています。

なのでエンドパネル勝ち。

 

やっぱりね、○○勝ちって言うだけあって、勝ちの素材は大きく感じるのです。

ベリーのカウンターは木質で明るい茶色、ラクシーナのは人大(風?)だから白。

普通なら白の方が大きく感じそうですが、勝ちを取ってるベリーの方が大きい感じがします。

カウンターは奥行き同じ、長さもほぼ同じなのに不思議ですうーん

 

ラクシーナの方は、エンドパネルのサイズ感や納まりはチェックしていました。

でもベリーの方は設計士さんシマリス君にお任せ〜。

空間を作るからクロスが回る事は知っていましたが、エンドパネルがキッチンでつけるか、チェスターフィットでつけるか、形やサイズはどうかなんて気にもしていませんでした。カタログには設計士さんがちゃんと印をつけてくれてますが、見たかどうかも怪しい。テキトーすぎるでしょ〜ねー

 

でもでも。

サイズ感に影響大なので、

エンドパネルどうなるかは、要チェック

だと思いました。

 

ラクシーナはカウンター勝ちで仕上げる事もできたかもしれませんが、普通はIH側にする水栓を反対のエンドパネル側にしているから、やっぱりエンドパネル勝ちが正解だと思います。この辺りの判断も間違いない設計士さんシマリス君にお任せ〜。