2011年(平成23年)3月11日、僕はいつものように仕事をしていた。

 

そろそろ送迎の準備をしようかなとしてた時、テレビで考えられない映像が流れ始めた。

 

その時は僕はどうしても理解ができなかった。まさしく信じられない光景だった。

 

そして、その僕の頭の中の混乱は何か月にもわたり続くことになる。

 

ある日、何気なく鏡を見ていて自分の顔の表情が乏しくなっているのに気付いた。

 

感情面では何も変わっていないと思うがそれを映し出す表情は能面の様だった。

 

以来、努力はしているけど仏頂面のまんま。

 

人間関係も不利な場面が多い。つくづく笑顔って大事だなと思う。

 

気を悪くさせたかもしれない皆様、ごめんなさい。