農商工連携 セミナー | きらめき人生道 地域戦略ディレクターの活動日記

きらめき人生道 地域戦略ディレクターの活動日記

多くの地域、中小企業・生産者の支援で全国を飛び回っている地域戦略ディレクター★清水の公式ブログ
事業創出・プロデュースを手がけている現場で、肌で感じるできごとや感じたことを書いています。

今日は、日本販路コーディネータ協会の
「農商工連携等人材育成支援事業」の研修の事務局対応で、
アドバイザーとして参加してきました。

研修には、様々な業種の方が25名ほど参加されています。
この土日に2日間に渡った研修カリキュラムでしたが、
参加者の方は熱心に聴講されていました。

演習として実際の農商工連携モデルをグループワークで
検証したのですが、活発な意見と所見が発表されたり、
色んな議論が交わされました。

以前、農商工連携に伴う課題についてこのブログでお話し
しました。
詳しくはそのブログを見て頂きたいと思います。

この農商工連携、私の見る限りですが、難しいのは連携に
よって成果を出さなければならないことです。
つまり、農業者と商工業者の双方に利益をもたらすような
連携体にしなければいけません。

しかし、以前のブログに書きましたとおり、「連携」という
関係性が存在するだけで、多くは農業者にとっては原材料
を提供する立場でしかないというケースが見られます。
一方だけが利益を得るようでは、やはり長続きしません。

農商工連携でのコーディネーターを育成することが求められ
ている研修ですが、コーディネーターはこうした点を踏まえた
対応が求められます。

そして、農商工連携にとって事業成果を出すということ、
多くは出口としての販路開拓、販売の部分が課題となって
います。出来た商品をいかに売るのか、結局は、農商工連携
も通常の商品と同じであるという点は変りません。

このあたり、現在、農商工連携の実施プロジェクトでアドバイス
している経験を活かして、これからも事例を増やしていければ
と思っています。

ペタしてね

にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しております。ご協力お願い致します