地域は子どものために、子どもは地域のために

一般社団法人コミュニティ・4・チルドレンは、
恵まれない環境に置かれるアジアの子どもたちが、元気に笑顔で成長できる地域づくり
を応援します。


テーマ:

カンボジアの子どもたちにとって大きな問題は、教育です。
国際協力団体や政府によって多くの学校が建てられましたが、教師の数や能力が不足し、まともに初等教育を受けることができない子どもがまだまだ多いのが現状です。

そして一度学校に来たとしても、中退する率は高く、継続して通うことができません。
農村部では、小学校で2割、中学校では6割が卒業しないで学業を終えます。
その理由は、経済的貧困が一番多く、保護者が家の仕事や家事を手伝わせるため学校に行かせないケースが多々見られます。

親の世代も学校に行ったことがないため、子どもの教育に価値を見出せないようで、
外国に出稼ぎに行く家族に付いていく子、親に外国で働かされる子もおり、児童労働の問題は尽きません。



C4Cは、カンボジアのローカルNGOであるKhmer Community Developmentと一緒に、プレックチュレイ地区の子ども会「ピースクラブ」の活動を支援しています。

ピースクラブは、2008年に子どもたちが設立しました。
カンボジア人もベトナム人も参加でき、定期的にコミュニティの問題を自分たちで考える機会を持ち、一緒に解決方法を模索しようとしています。

最初に行った活動は、デング熱で幼い子供がよく亡くなることから、デング熱撲滅キャンペーンです。
大人たちもデング熱に関する知識を得て、現在、デング熱で亡くなる人はいなくなりました。

今、もっとも労力を注いでいるのが、「小さな先生」による補習授業です。
中学生や高校生が、就学前または小学生に、カンボジア語、英語、算数などを教えています。
学校の不十分な教育機能を補うとともに、他人に教えることで、コミュニケーション能力は格段に向上します。
小さい子どもも、お兄さんやお姉さんのような「先生」に教えてもらうことで、学校や勉強に対する恐怖心がなくなります。
ベトナム語しかできないベトナム人の子どもに対しても、バイリンガルの子どもがカンボジア語を教えています。
(ある高校生の家で、行われている授業風景↓)



「小さい先生」は、他の子どもたちに様々なことを伝えます。
これは、子どもの人権について、小さな子どもたちに易しく説明しているところ↓



子どもには学校に行く権利があり、親が学校に行かせようとしないのは、子どもの人権に反する・・・
親や学校の先生が子どもを殴ることは、子どもの人権に反する・・・
もしそういう場面に遭遇した時は、必ず誰かに相談すること・・・など。

大きい子どもが小さい子どもに伝え、その子はもっと小さな子どもに伝えます。
最近では、行政区の議会に傍聴に行き、子ども会の意見を伝えるアドボカシー活動も始めています。


今回、「小さな先生」をしている年長のメンバーと話す機会を持ちました。
これまでの子ども会の活動や今後の計画を彼らは私たちに話してくれました。

そしてこちらから、彼らの将来の夢を聞きました。
3年前に同じメンバーに、将来の夢を聞いたときは、「警察官」「商売人」「医者」など漠然としていて、不思議なことに「教師」と答えた子どもがいなかったことを覚えています。
教師が、子どもたちにとって身近な存在ではないことがわかりました。

そして今回、彼らの答えは、「家庭内暴力を防ぐ警察官、副業としてコーヒーを売る商売」「外国人にカンボジア文化を紹介するガイド」「クメール語を教える教師」「看護師で、交渉人」「物理の教師か警察官」「親の面倒を見ることができるので医師」など。とても具体的に将来の夢を描いていました。
就学や子ども会の活動を通じて、メンバーは幅広い経験を得て、精神的に成長していることがわかりました。



その彼らが私たち(C4C)に聞きました。「あなたたちの将来の夢は?」
代表理事が答えました。
「近い将来、カンボジア、タイ、フィリピン、日本で、地域で頑張っている子どもたちを一堂に集めて、キャンプをします!」
その夢を実現するために、私たちも頑張らないと・・・

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ベトナム国境と接するプレックチュレイ地区。
小・中学校が一つあり、午前と午後に分けた2部制になっていて
子どもたちは一日の内、午前か午後に学校に行きます。
7-9月が夏季休暇。

学校にも図書室はあるはず・・・なのですが、
長期休暇、学習時間の少なさ、教師不足などの理由により
学校の図書室はありません。
そのため、様々な支援を得て、学校に隣接する土地に
みんなが利用できるピース・ライブラリーができました。

これがピース・ライブラリー。
2階が図書室、1階はコンピュータ室とミーティング室。
子ども会ピースクラブの活動拠点です。



学校のある日は、授業の後、家に帰る前に子どもたちはここで本を読みます。
9月11日、夏季休暇中でしたが、ピースライブラリーに集まってもらいました。
ここには、本だけでなく、子どもが遊べるブロックもあります。



本はいろいろな団体の寄付に頼っています。
カンボジア語、ベトナム語、英語などの子供向けの本。
でも、種類は少なく、本自体の状態はいいとは言えません。



大阪府箕面市で長年、日本の絵本を翻訳してタイ国の学校へ寄贈を続けているボランティア・グループ「サワディープロジェクト」さまから、昨年、C4Cに絵本を寄付していただきました。
「カンボジアのお子さんにも、いい絵本を届けてください」との言葉とともに。
そこで、在日カンボジア人留学生に翻訳をお願いし、8冊を寄付することができました。
ソーさん、ピセットさん、どうもありがとうございました。



ピースライブラリーの庭で、
日本人大学生ちあきに、絵本を2冊、カンボジア語で読み聞かせしてもらいました。
日本のきれいな絵本は、カンボジアにはほとんどありません。
子どもたちは絵本に見入っていました。



つたないカンボジア語をスタッフのヘンさんが、さらに通訳・・・
なんとか理解できたみたいです。



C4Cでは、できる限り、カンボジアの農村へ絵本を届けていきたいと思います。
でも、絵本の翻訳は難しいため、カンボジア語ができる人のご協力を願っています。
ご連絡をお待ちしております。
「ぼちぼちやろか」です。(文責;加藤)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2015年9月9-14日、カンボジア・プレックチュレイに視察に行きました。

ベトナム国境の村プレックチュレイ。
今回の訪問目的は、今後の支援計画を建てることと、カンボジア語に訳した絵本を寄付し、読み聞かせも行うことです。

1年ぶりに訪問した村には、舗装道路も電気もありました。
電気は、今年の初めに村まで到達し、電気代を払う余裕のある人はすでに導入しています。
電気を導入した家では、人々がテレビやカラオケに興じ、家からは毎日夜遅くまで賑やかな音が聞こえます。



左へ向かう道は、最近できたプノンペンとベトナムをつなぐ舗装道路です。
大きなトラックが頻繁に行き交うようになりました。↓

カンボジア国領内でありながら、多くのベトナム人が居住するプレックチュレイ地区。
この地域の一番の問題点は、ベトナム人とクメール人(カンボジア人)がそれぞれの文化と言語を守って、お互いに交わらないことです。

カンボジア領内に住むベトナム人には、ここで暮らさなければならない、彼らなりの理由があります。
一時的にカンボジア人相手に商売の為に滞在する人、
かなり前から住んでいたが、ポルポト政権時代にベトナム領内に逃げたが、ほとんど強制収容所のような生活をベトナム政府によって強要されたため、しかたなくまたカンボジア領内に戻ってきた人、
共産主義を嫌い、ベトナムから逃げてきた人、

そして、カンボジア国のID(身分証明書)を持つ人、持たない人、
ブルーカード(滞在許可証)を持つ人、持たない人、

彼らは、ベトナム、カンボジア両政府から何ら支援を得ることができず、宙ぶらりんとなった存在です。
まず、IDがないため、子どもたちはカンボジアの学校に行けません。
ベトナム領内に親せきがいて、なんとか住民票に加えてもらうことができれば、ベトナム側の学校に行くことができますが、
そういうコネがない子どもは、どこの学校に行くこともできません。



この川が、カンボジアとベトナムとの国境になっています。

川のそばには多くの人が住んでいました。
しかし、最近、岸が水によって浸食され、家を流されてしまった家族も多く、もっと内陸へと引っ越していきました。
小舟に住む人々も、もっと水の流れが緩やかな、内陸に居住地を変え始めました。

カンボジア領内プレックチュレイ地区ベトナム人コミュニティ↓
使われている通貨は、カンボジア・リエルとベトナム・ドン。
ベトナムに行っていないのに、お釣りにベトナム・ドンをもらっても、、、困る。



近代化の波が急激にプレックチュレイに訪れていますが、伝統的行事は大々的に行われます。
これは、↓治療儀礼の一つ。
病気が治らない年寄りのために、病気を体から取り出し、供物と一緒に田んぼに捨てるそうです。



プレックチュレイでは、近くに病院がなく、ベトナム側のベトナム人のための病院に治療に行きます。
ベトナムの病院は治療費が安いとはいえ、外国人料金として割り増しを取られるそうです。

プノンペンからの舗装道路が開通し、子どもたちは学校へ行きやすくなり、大人たちは出稼ぎに行きやすくなりました。
これからどんどん村は変わっていくでしょう。
どのように変わるのか、、、今後も子どもたちの視点を通じてみていきたいと考えています。(続く)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。