第4回フィリピンスタディツアー〜山岳部で暮らすしょうがい児福祉の現場へ〜 | 地域は子どものために、子どもは地域のために

地域は子どものために、子どもは地域のために

一般社団法人コミュニティ・4・チルドレンは、
恵まれない環境に置かれるアジアの子どもたちが、元気に笑顔で成長できる地域づくり
を応援します。


テーマ:
2016年3月5日(土)~11日(金)の6泊7日でフィリピンスタディツアーを
開催いたします。

年に一度の取り組みです♪ 

ツアーテーマに関心をお持ちの方は、この機会にぜひご参加ください♪

========= 第4回フィリピンスタディツアー =========
                     ~ 山岳部で暮らすしょうがい児福祉の現場へ ~
                 ホームステイ、リハビリテーション、自立生活プログラム
===================================

フィリピンルソン島山岳部のバギオ市を主な拠点とし、しょうがいのある子どもや
青年層が、地域で自立し尊厳のある暮らしを営めることを目指し活動する
現地団体JPCom-CARES(ジェイピーコム・ケアーズ)を訪ねます。

 センターを拠点にした療育支援、地域を拠点にした自立生活プログラムの活動に
参加し、ホームステイも行います。

 スタッフ、子どもたち、保護者との出会いや交流を通して、
子どもたちが生き生きと育つ地域づくりについて考えてみませんか?


●旅行代金:75,000円
 ※旅行代金に含まれるもの:
       現地での宿泊費・交通費・食費、賛助会員会費一口5000円
 ※旅行代金に含まれないもの:
       往復航空運賃、燃油特別付加運賃、国内空港施設使用料、現地空港使用税、
    航空保険料、海外旅行保険料
                
●申込方法:
  ホームページから「参加申込書」をダウンロードしていただき、
  必要事項を記入の上、メール添付またはファックスでお申し込みください。
  http://www.community4children.com/home/studytour-philippines/
  
●お願い&注意事項:
・海外旅行保険は、必ず各自で加入をお願いします。
・本ツアーは、ジェットスター航空の発着時間ととにスケジュールを立てております。 
   ご自身で航空券を手配いただく際は、ジェットスター航空またはフィリピン航空の
   利用をお願いします。
 3月は、席が大変混み合いますので、早めの手配をおすすめします。

●その他:
・現地合流&解散(マニラの国際空港またはバギオ市内)も可能です。ご相談ください。

●滞在中の活動内容:
①現地スタッフとの交流
 「ソーシャルワーカーは世界で一番素敵な仕事、この仕事が大好き」という
社会福祉士の代表を筆頭に、理学療法士、作業療法士、特別支援教員、介護士など、
さまざまな専門性を持つスタッフが働いています。

②子どもを中心とした多様な取り組み
 フィリピンには、しょうがい者の権利を保障する法は制定されていますが、
具体的な福祉サービスや支援制度、環境の整備はまだまだ不十分です。
子どもたち一人ひとりに必要な個別ケア、保護者の経済的な自立支援、
コミュニティ啓発など、多様な取り組みに学びます。

③地域でともに暮らすを目指した自立生活プログラム
 2012年より、大人へと成長している青年層を対象に、対人関係や
コミュニケーション力、日常生活のスキル、手工芸技術の習得などを
目指した自立生活プログラムをスタートしました。 
プログラムに参加し、一歩一歩自身の未来を切り開いている若者たちと交流します。

④ホームステイ
 バリアフリーとは程遠い山岳部。利用できる福祉サービスや社会資源も限られた
厳しい環境の中で、どんな暮らしをしているのでしょうか?
子どもたちやご家族と寝食をともにし、フィリピンの暮らしを体験します。

●ツアー紹介ムービー:
https://www.youtube.com/watch?v=_ioraP5eCQc


●主催&お問い合わせ先:
一般社団法人 コミュニティ・4・チルドレン
メール:community_4_children@yahoo.co.jp
TEL:06-6622-5645 / FAX:06-6621-7139
ホームページ:http://www.community4children.com


C4Cさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス