第2回 I Do cafeを開催しました! | 地域は子どものために、子どもは地域のために

地域は子どものために、子どもは地域のために

一般社団法人コミュニティ・4・チルドレンは、
恵まれない環境に置かれるアジアの子どもたちが、元気に笑顔で成長できる地域づくり
を応援します。


テーマ:

8月3日(土)ECCコンピューター専門学校にて
第2回IDO cafeを開催しました。

台風の中、来て下さった参加者のみなさん
本当にありがとうございました。

第2回のI DO cafeでは、
「映像を通して伝えるリアル」をテーマに
ビデオグラファーの野田亮介さんをゲストにお招きして行いました。


地域は子どものために、子どもは地域のために             Community 4 children


地域は子どものために、子どもは地域のために             Community 4 children






本題の前に自己紹介タイム ・・・


地域は子どものために、子どもは地域のために             Community 4 children






【第1部】「タイ国農村部における子どもたちの生活について」


解説を交えながら、8月に撮影したタイの映像を参加者のみなさんと共に見ていき、 その後、タイの生活やC4Cが行っている子ども支援についてなどお話いただきました。


地域は子どものために、子どもは地域のために             Community 4 children




【第2部】「福島県南相馬市の原発問題について」

・野田さんの取材されている、「福島の原発問題について」の映像を参加者のみなさんと共に鑑賞。その後、野田さんがどんな思いで、この映像を作られたのか聞きました。

「報道規制されて、情報が全く伝わっておらず、これはもう現地に行くしかないと思い現地へ行った。地震があり、津波があり、原発が爆発し、もう住民はどうなるのか分からない、どうすればいいか分からない、そんなギリギリの精神状態で過ごしている。
中には逃げたいけど、逃げたら残された人や地域はどうなるのだろうという思いがあり逃げられない。
メディアは「がんばれ福島、がんばれ東日本」というように言うが、もうがんばれない。 がんばれない人に対して、僕らはどういう支援が必要なのか、という思いで この映像を作った。皆さんは、がんばれない人に対して、どう支援したらいいと思いますか。」


ビデオを見て、野田さんのお話を聞いて、参加者のみなさんそれぞれが感じた事、考えた事をフリップに書いて発表してもらいました。
その様子を野田さんに、撮影しながらフリップに書かれた事に対してコメントをして頂きました。


地域は子どものために、子どもは地域のために             Community 4 children



参加者のみなさんがフリップに書いた内容とコメント(抜粋)

「報道は嘘ですか?」


「どちらでもあり、どちらでもない。報道は全てバイアスがかかっている。
民放は広告代理店と同じで、どこかからお金をもらわないと放送ができない。
民放の大きなスポンサーは東電のような電力会社。津波の報道はすばらしかったが、原発問題に対しては口をつぐむ。
この報道は誰の為の報道かという事を考えると、見方が変わる。
今は一人一人がメディア。インターネット社会の今、ひとりひとりが発信できる時代。
上から落ちてきたものが正しいとは思わず、何が正しいかは、自ら情報を拾いに行き、自分の為の情報を得て判断することが大事。」




「野田さんはこれからどんな活動をしていきたいですか」


「メディアというものがこの震災を機に、変わらないといけないと感じた。
今までメディアは大きな企業や組織のためのものだった。
福島の子どもたちのような弱い立場の方の、受け皿になるシステムが今はないので、 報道もNGOのような、市民メディアを作り、盛り上げる活動をしていきたい。」



野田さんの
「メディアを恨むな、メディアをつくれ」
という言葉が印象に残りました。
カフェ終了後のI DO bar(懇親会)にも、多くの方が参加して下さいました。
タイ料理とタイビールに舌鼓を打ちながら、参加者のみなさんのお話することができ、 とても楽しい時間でした。




地域は子どものために、子どもは地域のために             Community 4 children







次回、第3回I DO cafeは、
フィリピンからソーシャルワーカーをお招きし、
「フィリピンにおけるしょうがい児支援について」開催を予定しています。

11月6日(日) 。


みなさんお待ちしています。




おまけ。

第1回 I Do cafeの様子はこちら


http://ameblo.jp/community4children/entry-10946623985.html








C4Cさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス