米軍特殊部隊・伝説のリーダーが語る主体性の育て方 | 思いこみクリアリングカウンセラー・谷口祥子

思いこみクリアリングカウンセラー・谷口祥子

繰り返し起こる人間関係の問題や仕事のトラブル。その原因は、あなたが幼少期につくった「強い思いこみ」。「思い込みクリアリングプログラム」では、強い思いこみをつくった根本原因を見つけ、徹底解除。スピーディに、強力に、ダイナミックにあなたの問題を解決します。


テーマ:

【米軍特殊部隊・伝説のリーダーが語る主体性の育て方】


先日ある友人から、アメリカの特殊部隊に在籍していたという方の話を
聞きました。


ビジネスの現場でも活かせるとても興味深い話だったので、シェアしますね。




特殊部隊にいた男性K氏は、こんな話をしてくれたそうです。


大統領からも熱い信頼を得ていた、
S大佐という伝説のリーダーがいました。



そのS大佐は、なんと自分の意見を言うことなく
自分の部隊を動かしていたというのです!



ある戦いの前に戦略会議を開いたときのこと。


S大佐は部下たちを前にして、こう言いました。



「お前たちはどうしたいんだ?」と。




そのあとは、部下にまかせて
何も口をはさむことなく、ただそこにいるだけ。



部下たちがあれこれと意見を出して議論し
戦略がまとまりかけた時に、S大佐はこう言います。



「お前たち、それでいいのか?」と。



通常、軍の戦略会議では、大佐が軸になる方針を立て
それにそって部下たちが細部の戦略を組み立てて行く。


ところが、あろうことか
S大佐はまったく自分の意見を言わない。



一体どうなってるんだ?
と疑問に思ったK氏は聞きました。



「大佐!なぜご自分の意見を言わないのですか?」と。



K氏は大佐の回答を聞いて思わずうなったと言います。



大佐の回答とは・・・


     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

「頭に入るからだよ。自分たちで考えた戦略だと頭に入るだろう?
命がけの戦いなんだから、頭に入っていないと致命的になる。
だから私は自分の意見をいわずに部下たちに考えさせるんだよ」



私はこの話を聞いて、
これぞコーチングやファシリテーションの源流だなぁと思いました



人からあれこれアドバイスされても、
自分の中から湧き出たものではないと、納得感が薄い。


うまくいかなければ
「いやぁ・・・上司から言われたからやってみたんですけどね」という思考に陥り
自己責任意識を持ちにくくなる。


マーケットでの戦いであればまだしも、
リアルな戦場であれば死が待っていますからね(≧∇≦)



だから部下が自分の頭で考えて議論し、
納得のいく戦略へと落とし込んで
自分たちのものにすることが大事なんだなぁと思いました。



・・・だからといって
アドバイスをすることがダメなわけではありません。



でもただアドバイスするだけでもよくないのです。


そこでやっておきたいのが



「今の方法を取り入れたらどうなると思う?」

「今の方法をどんな風に取り入れたい?」


という風に、最終的に自分でイメージして
行動計画に落とし込むようにすること。


そうすることで、やらされ感で動くのではなく
自発性が宿るのです。



それから、自分で考えてもらうことの大切さをあらためて感じたと同時に


仕事で大きな成果を上げたいのであれば、
自分や仲間の命がかかっていると思って臨むといいんじゃないか?
とも思いました。


────────────────────────────
■リーダーシップを磨きたい、部下を育てる力を身に着けたい方へ
⇒ http://sv.1step-m.com/tng/link/255
────────────────────────────
■<おかげさまで重版決定!>
谷口祥子の最新刊「図解入門ビジネス コーチングの手法と実践が
よ~くわかる本」第3版⇒ http://sv.1step-m.com/tng/link/256
────────────────────────────
■ 日本のカウンセリング界の大御所、倉成央先生との共著

クライアント満足を10倍にする<カウンセリングとコーチングの合わせ技>⇒ https://amzn.to/2JJWCaW
────────────────────────────
■谷口祥子への講演・研修のご依頼は
⇒ http://sv.1step-m.com/tng/link/258
───────────────────────────