桑の実

テーマ:

屋外で打合せしていると、真っ黒に熟した桑の実を見つけました。

 

 

此れ迄のブログでは、

私が子供の頃は、野山の果実を取って何でも食べていたイメージが強かったと思いますが、

桑の実は、食べた記憶が全くなくて、あまり身近に感じておりませんでした。

 

ところが、我家の敷地内には桑の木があって、

小学生の頃は、いつも木登りしておりました。

 

子供の頃は、自分が登っている木が、

桑の木とは知りませんでした。

 

おそらく、太い桑の木だったので、

自分が登っていた幹からは、枝の先端が見え難く、

枝葉の先に実っている果実を見落としていたのだろう・・・と、

今になって、思います。

 

今回、改めて、口に入れてみると、

想像していたより甘みが薄く、サッパリした味である事に気付きました。

 

 

自然の果実は、

酸っぱいイメージが強かったのですが、

桑の実は、甘みも酸味も薄く、

物足りない感じがしました。

 

現代人は、加工食品の濃い味に慣れてしまっているので、

自然の果実を食べても物足りないと感じてしまうのかな・・・?

桑の実を食べながら、考えさせられてしまいました。