おはようございます、竹内真知子です。

オーダーホロスコープアートのご紹介です。

 

今回はH様の土星の年齢域の世界「夕焼けの島」です。

許可をいただきまして、絵の物語文と占星術的解釈もご紹介します。

 

 

<制作秘話>

ご依頼は、「土星の年齢域を乗り越えたりワクワク進める絵」です。

H様の土星がある、魚座の数え度数の24度のサビアンシンボル は

「人の住んでいる島」。

 

絵の完成後にこのサビアンシンボルを知ったので

イメージの世界と同じでびっくりしました。

「へぇ〜?!」という感想でした(笑)

割とこういう事があるので、イメージの世界って不思議です。

 

 

 

H様 ご感想

 

添えられたカード‥そして開封して驚きました。
島!!!!!

土星のサビアンシンボルは知ってたので^^
すごいですね驚

同世代にある冥王星天王星アスペクトの解釈をどうとらえたらいいものか知りたかった。
これにからむアスペクトも一緒に説明くださり‥ホッとしました。
 

実験場‥おもいあたるような笑

のんびりした、気負ってない南国の島ですか~(((o(*゚▽゚*)o)))☆☆ 

とにかく理想の環境なのですね~キラキラ~ 

 

プレッシャーを感じてる‥両親のことかな?

同じ敷地で別々に暮らしている‥介護などいろいろあるかもしれないので。

安心できる場所をこれから作ります!

最近いい感じなので土星期にむけ引き寄せます。

 

素敵な額も選んでくださり‥もうどこに飾りましょう♡

ありがとうございました。

 

 

H様、こちらこそありがとうございました。

ぜひ安心できる楽園を作ってくださいませ^^

楽しみですね!

 

 

 

 

イメージ世界の物語文

 

少し暗い夕焼けで、島が見えます。

絵で描いたような、グラデーションの縞模様でのんびりした島。

島の背景を太陽が沈もうとしています。

 

麦わら帽子をかぶったおじさんが、農作業をしています。

島を上空から見ると、赤い屋根の家もあります。

島はそんなに大きくなく、その人の敷地。

 

周りの空が暗く、夜になりそうな感じが気になります。

それがH様にとっての重み。

心配、プレッシャーを感じているように感じます。

 

本来の土星の年齢域は、どういうものなのか。

どういう心構えで過ごしたらいいのか。

ということを映像で教えてくださいと質問しました。

 

暗い空を消しゴムで消すように、

夕焼けの空気を明るくしました。

 

のんびりした、気負っていない、悩みもない南国の島。

今住んでいる所から離れたいのかもしれません。

植物、野菜を育てるなど、都会から離れて田舎か、

自分が一人になれるような安全地帯で、自分の城を作りたいのでは。

 

必要以上にこれからにプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

安心できる場所をこれから作ります。

 

 

 

 

 

竹内俊二の占星術的解釈

 

 

 

土星は魚座の数え度数の24度にあります。

サビアンシンボルは「人の住んでいる島」です。

まちこさんはこのサビアンのことはまるで知らなかったのですが、

物語文にも「島」が登場して驚きました。

この度数は、周囲からの邪魔が入らないように島で隔離して、

実験場のような、理想の環境を作ることを意味しています。

実際の島かどうかはわかりません。これは比喩です。

 

 

「のんびりした、気負っていない、悩みもない南国の島。

 今住んでいる所から離れたいのかもしれません。

 植物、野菜を育てるなど、都会から離れて田舎か、

 自分が一人になれるような安全地帯で、自分の城を作りたいのでは。」

 

この部分は、中心地から離れて自由に過ごしたい11ハウスと、土星に対するアスペクトです。

土星には複数のアスペクトがあります。

その中で最も強く働くのは土星に対する天王星と冥王星のオポジションです。

このアスペクトは同世代共通の配置で、土星が表す常識的で伝統的な古い考え方に挑戦し、

抵抗し、新しい価値観を認めさせようとする世代です。

オポジションは強く働きかける力があります。

5ハウスにある冥王星と天王星は自発的で創造的です。

天王星、冥王星は乙女座にあるので、専門的な仕事能力の高さとか独自な工夫などです。

 

ここに金星と海王星が調和的なアスペクトを作っており、オポジションの緊張感を緩めています。

金星が加わっているので、楽しむとか、土星期になって金星期(16~25歳)のような若い人と関わる、

9ハウスなので習い事や何かを教えるなども一つの例です。

 

 

「必要以上にこれからにプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

 安心できる場所をこれから作ります。」

 

これは、土星と月のクィンカンクスに思えます。

私生活の月から見た土星のルールや規範は、最初はプレッシャーや不自然さ感じますが、

繰り返し慣れるための練習をするうちに馴染んでくると思います。

月は4ハウスにあるので、これが物語文の「安心できる場所」と重なります。

4ハウスの家の中には、11ハウス土星の同年代の友人や、9ハウス金星の若い世代がやってくるかもしれません。

それ用の家ということになります。

 

のんびりマイペースなだけの「南国の島」ではなく、

明確な目的やテーマのために自由を邪魔されない環境に身を置くのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

占星術そらのいろは お知らせ
 

右矢印ホロスコープのイメージ読み解き(受付中)

竹内俊二・真知子と、お客様の3名でzoomのグループ通話をしながら、セッションを進めます。事前にお選び頂いた天体をイメージの世界で読み、竹内俊二がホロスコープと照らし合わせて補足説明します。

 

右矢印オーダーホロスコープアート(年内に数件受付予定)

お客様のホロスコープから来るイメージを、絵に描きます。イメージの物語文、アート、占星術視点の解説の3方向から情報を受け取っていただき、次のステージへ進むためのお手伝いをします。占星術を勉強中の方にも、視覚からホロスコープの理解にお役立ていただけます。ホロスコープアートのご感想はこちら

 

右矢印ねこでもわかる占星術講座(Zoom・名古屋・動画視聴)(受付中)

次回は「⑦ハウス」です。11/10(土), 11/28(日) 10:00〜15:00 ※動画視聴のみも可能です。

過去の講座を見逃した方は、マンツーマン講座もあります。

 

右矢印占星術個人セッション(名古屋・オンライン)(受付中)

1.5時間〜3時間のセッションです。双方向の「対話」を大切にしています。お客様のことを少しでも深く知り、言葉のキャッチボールをすることで、生きた解釈が生まれます。

 

右矢印ホロスコープ読み練習会 ねこ道場(オンライン)(受付中)

ホロスコープ読みの練習をする会です。本で調べてみてもよくわからない、という疑問点を解決します。読みたいホロスコープをご用意ください。

 

右矢印竹内俊二ブログ:占星術家しゅんじ「宙の色(そらのいろ)」

右矢印サイト:宙の色は soranoiroha