こんにちは、竹内真知子です。

久々に、オーダーホロスコープアートのご紹介です。

 

気がついたら12個ほどご紹介がたまっていました・・汗

 

今回はI様の世界「ひまわりの風景」です。

許可をいただきまして、絵の物語文と占星術的解釈もご紹介します。

 

 

 

I様 ご感想

 

オーダーしてから、毎日楽しみにしていたホロスコープアート。

ドキドキしながら箱を開けると、そこにはぱぁっと光輝く一面のヒマワリ畑・・・!

眺めていると、自分の中からまるで元気がわいてくるように思えました(*´▽`*)。

 

私は物心ついた頃から自身のコンプレックスが重くのしかかり、思えば常に何かに制限されているような生き方をしてきました。

しかしある時ふと思いました。自身の大きな壁であるコンプレックスと きちんと向き合って乗り越えたい。そして私らしさあふれる人生をいきいきと謳歌していきたい、と。

そんな風に思い始めて様々模索していた中、真知子様のホロスコープアートの事を知りました。

 

このタイミングで真知子様のホロスコープアートの事を知ることができたのは、きっと自分にとって大きな意味があるからだと、すぐにオーダーをお願いしました。

そして出来上がった私だけの素敵なアート。

 

“非日常の経験と記録”というテーマ。

非日常の経験は、心身共にリフレッシュするだけでなく、私自身さらにステップアップするためのキッカケになっていると実感しています。(実はつい先日にも、非日常の素敵なひとときを過ごすことができました)

 

そして俊二様の占星術視点からの解説からは、私が私らしく人生を楽しく謳歌していくための、大きなヒントを得ることができました!

 

 

 

I様、ありがとうございます!

この絵はツイッターのヘッダー画像にもしていただき嬉しいです。

 

 

イメージ世界の物語文

 

向こう側にキーの天体の黒い影が見えてきました。

そこに向かっています。

 

土星が厳しくて、自分らしさを発揮できないようです。

土星自体は黒いシルエットで、

輪っかだけが明確な白になっています。

「土星の世界を見せてください」とノックして入ります。

 

色鉛筆がバラバラっと散らばっています。

赤い鉛筆が「私が私であるために」

青い鉛筆が「したいことは」

黄色い鉛筆が「旅をすること」と書きました。

 

すると、場面がひまわりがたくさん咲いているような

北海道や田舎の風景が右から左にスライドして入ってきました。

 

そこにI様と思われる象徴の人物がいて、色鉛筆でスケッチをしています。

 

旅、非日常を経験する。

 

旅先の思い出とか、気づいたことを記録する。

写真よりも絵なり、文章なり、自分の手を動かす。

そういうことが大事なんじゃないかと思います。

 

記録が残り、整理されます。

あとから気づいたことも書いていると

「わたしがわたしであるために」が浮上します。

 

 

夏休みや、麦わら帽子。

休憩がいるのかもしれません。

 

土星から離れて一人になる機会を作ったらいいと思います。

一人で田舎を旅行しているイメージです。

 

 

 

占星術的解釈

 

 

赤文字はホロスコープの配置

青文字は物語文の引用

黒文字は解説です。

 

 

 

「土星が厳しくて、自分らしさを発揮できないようです。」

とあるので、土星を見てみると

土星は6ハウスにあり、月とゆるくトラインです。

これ自体はそれほど問題なさそうに見えます。

 

マイナーアスペクトを見ると、土星と太陽がバイセプタイルです。

セプタイルやバイセプタイルは

「どうしても◯◯を実現させたい、それは私の人生においては必須」

という意識で働き、休み無く何かを追求する実現衝動で、

とても強く働くアスペクトです。

 

太陽は土星を無視して走れない。

必ず土星の境地に到達せねば、と感じます。

周囲に人に迷惑がかからないように、

先回りして調べたり空気を読まなくてはという土星です。

責任ある行動をし、要求に応えなくては。

常ににそういう風に自分に言い聞かせて

緊張感をもってこの太陽は活動をしているので、

ストレスもありそうです。

 

しかし、そういう土星の下支えがあることで、

10ハウスの太陽はお仕事上の立場を全うできます。

また、月も10ハウスにあるので、

社会的な立場が安定し、そこに居場所があることが

安心になります。

そのため、多少しんどかったとしても

安心感のために要求に応えてしまうのかもしれません。

そもそも、6ハウスがとても強いです。

それは仕事上では有利に働きます。

 

 

 

「色鉛筆がバラバラっと散らばっています。

 赤い鉛筆が「私が私であるために」

 青い鉛筆が「したいことは」

 黄色い鉛筆が「旅をすること」と書きました。」

 

「旅、非日常を経験する。」

 

「旅先の思い出とか、気づいたことを記録する。

 写真よりも絵なり、文章なり、自分の手を動かす。

 そういうことが大事なんじゃないかと思います。」

 

旅は射手座が象徴するキーワードです。

射手座の天王星と月がクィンタイルです。

クィンタイルは遊び精神です。

人から言われてやるのではなく、

自分の内側から自然に湧き上がってくるような、

自由に遊び回る子供の心です。

勝手にずっとやっている。

自発的に何かを楽しもうとする時のみ、

天王星と月が結びついて働きます。

 

天王星は土星とは正反対の天体です。

遠く離れた場所との連絡通路であり、そことつながることで、

身近な場所の影響には染まらず、跳ね除けることができます。

独立的な自由の空間です。

 

対比として、土星的な活動を増やしていくと

お仕事上はうまくいき、生活は安定しますが、

生き生きとしたエネルギーは、徐々にしぼんでいきます。

それを補うためには、天王星要素が必要です。

 

 

 

「絵日記、夏休み、麦わら帽子」

これらも月と天王星のクィンタイルらしいキーワードです。

クィンタイルの角度は図形で表すと5角形です。

5角形には魔除けや防衛力という意味もあります。

まるで夏休みの時のような

自由な遊び精神を発揮しているときには、

誰も邪魔されずに自分を守り、満たすことができます。

 

 

 

「色鉛筆でスケッチをしています。」

「旅先の思い出とか、気づいたことを記録する。

 写真よりも絵なり、文章なり、自分の手を動かす。」

ASCのサインが牡牛座で、

そのサインの支配星(チャートルーラー)は金星です。

私らしさを実感するために、一番役立つのは金星です。

金星は感性や美意識を活かすことに関係するので、

これが上記の物語文の比喩と重なります。

 

金星は山羊座にあります。

山羊座の金星は、やったことが結果として残るほうが

嬉しいし、満足感があります。

 

金星は天王星とセクスタイルです。

世間的なルール、秩序、手堅く安全にという

土星のスタイルとは正反対に、

枠からはみ出す、自由、俯瞰して全体をみる。

それが金星の表現の題材になるし、

月にとってはその天王星は癒やしになります。

 

「北海道や、田舎の風景」

金星がある山羊座には、

その地域に根付いたもの、ご当地◯◯、ローカル性

などという意味もあります。

そう考えると、この絵は

金星と天王星のセクスタイルを描いているように見えてきます。

 

 

 

金星は土星・冥王星とスクエアです。

特殊な趣味、あるいはとても集中的でコアなハマり方です。

この金星はMCに近いので、定番通りに

金星=趣味や装飾的とは言い切れません。

この徹底した美や感性に関するこだわりは

人目について目立つし、

それを役割として担うという意味にもなります。

 

 

 

 

 

 

占星術そらのいろは お知らせ
 

右矢印ホロスコープのイメージ読み解き(本日20時より受付開始)

竹内俊二・真知子と、お客様の3名でzoomのグループ通話をしながら、セッションを進めます。事前にお選び頂いた天体をイメージの世界で読み、竹内俊二がホロスコープと照らし合わせて補足説明します。

 

右矢印オーダーホロスコープアート(年内に数件受付予定)

お客様のホロスコープから来るイメージを、絵に描きます。イメージの物語文、アート、占星術視点の解説の3方向から情報を受け取っていただき、次のステージへ進むためのお手伝いをします。占星術を勉強中の方にも、視覚からホロスコープの理解にお役立ていただけます。ホロスコープアートのご感想はこちら

 

右矢印ねこでもわかる占星術講座(Zoom・名古屋・動画視聴)(受付中)

次回は「⑦ハウス」です。11/10(土), 11/28(日) 10:00〜15:00 ※動画視聴のみも可能です。

過去の講座を見逃した方は、マンツーマン講座もあります。

 

右矢印占星術個人セッション(名古屋・オンライン)(受付中)

1.5時間〜3時間のセッションです。双方向の「対話」を大切にしています。お客様のことを少しでも深く知り、言葉のキャッチボールをすることで、生きた解釈が生まれます。

 

右矢印ホロスコープ読み練習会 ねこ道場(オンライン)(受付中)

ホロスコープ読みの練習をする会です。本で調べてみてもよくわからない、という疑問点を解決します。読みたいホロスコープをご用意ください。

 

右矢印竹内俊二ブログ:占星術家しゅんじ「宙の色(そらのいろ)」

右矢印サイト:宙の色は soranoiroha