イマドキ大学生の留学事情調査!! | COLORweb学生編集部
2018-10-13

イマドキ大学生の留学事情調査!!

テーマ:travel
イマドキ大学生の留学事情調査!!
 
みなさんこんにちは、あーちゃんです!
突然ですが、留学に興味はありますか?
先日あーおーが語学留学で行ったカナダの記事を書いていたり、みっきーが留学インタビューの記事を書いたりと、私の周りで留学に行く友人や夏休みを利用して海外旅行に行った友達がたくさんいます。
私自身も中学生の時にオーストラリアに短期留学しましたが、遠に昔の話で…。
イマドキの留学事情はどうなっているのだと気になったので調べてみました!
 
たとえば、「外国語を学びたい!」と思ったらどのような方法があると思いますか?
日本で英語塾に行ったり、外国人の友達を作ったりする方法もありますが、今回は海外で学ぶということに絞りたいと思います。そう考えると、下に挙げた三つの手段があると思いました。
 
☆その1 海外の語学学校に通う
☆その2 ワーキングホリデーに行く
☆その3 海外旅行に行く
 
日本で英語塾に行ったり、外国人の友達を作ったりする方法もありますが、今回は海外で学ぶということに絞りたいと思います。
 
 
※用語解説
Q ワーキングホリデーとは?
A ワーキングホリデー制度を結ぶ二つの国・地域間の取り決め等に基づき、各々の国・地域が相手国・地域の青少年    に対して自国・地域の文化や一般的な生活様式を理解するため、海外に長期滞在すること。
18~30歳までという年齢制限がある。
 
私の興味本位で始めた留学調査ですが2人の友人が協力してくれました。
 
1人目は大学三年生の時に語学留学とワーキングホリデーに行ったSさんです!
まず語学留学の話から聞いてみました。
 
語学留学
 フィリピン
期間 2017年4月~4月 4ヵ月
費用 旅券・保険・授業料・生活費等でトータル約40万円
 
↑フィリピンのキャンプ場での一枚
 
Q きっかけは?
A 3年のゼミ選択の際に、諸事情で自分の入りたいゼミが無くなってしまい勉強のモチベーションが下がってしまいました。そこで自分のやりたいことを考えた時に、海外に行って視野を広げたいと思い留学を決めました。
 
Q フィリピンを選んだ理由は?
A 費用が安いこととエージェントにおススメされたからです。人が温かく、英語の間違いを気にしない国だと言われました。
 
Q フィリピンの治安は? 
A とても治安がいい国でした。
 
Q 楽しかったことを教えてください。
A 週末には、近くのショッピングセンターやテーマパークで遊び、バーに飲みに行ったことが楽しかったです。語学学校で学んでいる学生は日本、韓国、台湾、ベトナムから英語を勉強しに来ていて、それぞれ国籍、年齢、職業などのバックグラウンドが異なる様々なタイプの人と話すことができました。
 
↑語学学校でできたベトナムと韓国の友達です。
 
Q 大変だったことは?
A 気温が高く外は暑いのに、教室の中はクーラーがかなり効いていて寒いことです。
 
Q 語学学校のメリットは?
A フィリピンの先生はみんなフレンドリーで話しやすく、英語の勉強を楽しくできました。
そして留学にかかる費用が安いことですね。
一対一で授業ができるので、自分のレベルにあった授業が受けることができました。
 
Q 語学学校のデメリットは?
A ないです。
 
Q 語学留学で得たもの
A 英語の日常会話ができるようになりました。また、多文化への理解が進みましたね。日本での大学生活ではなかなか話すことがないタイプの人と話すことができ、自分の考え方の幅が広がりました。
 
↑語学学校でお世話になった先生との一枚
 
Q これから行こうとしている人へメッセージを!
A 迷っているのであれば、行った方がいいですよ!
 
貴重なお話ありがとうございます!!
語学留学でフィリピンに行くということが驚きでした。(カナダやオーストラリアというイメージが強かったので…)
価格や環境、期間など自分の求めるものと照らし合わせて学ぶ国を選ばなければなりませんね!
 
続いてはワーキングホリデーについて聞いてみました!
 
ワーキングホリデー
国 オーストラリア
期間 2017年9月~2月 約6ヵ月
費用 旅券と保険で15万円、働くまでの現地での生活費10万円
 
↑僕が滞在した西オーストラリア州マーガレットリバーの海岸です。
 
Q 楽しかったこと
A ベビーシッターをしながら、レストランで調理補助のアルバイトをしていました。
ベビーシッターをしていた子供が13歳の双子の男の子と女の子だったので、一緒にゲームをしたり、料理をしたり、習い事へ車で送り迎えの時に、学校のことや習い事のことについて話したことがいい経験になりました。
また、オーストラリアを出国する前には、1週間程、ホステルで生活していて、そこで出会った人たちとお酒を飲みながら話をしたことが刺激となりました。
 
↑現地で日本人の友達もできました。
 
Q 大変だったこと
A シッターをしていた家がインド人一家だったので価値観の違いに戸惑いました。
国や人種によって価値観が全然違うのでそこを乗り越えることが海外で生活するポイントだと思います。
また、オーストラリアは日本とバイト探しの方法が全く違います。
日本はネットや情報誌を見て仕事を探すのが一般的ですが、オーストラリアでは知り合いのつてを頼りにしたり、町の掲示板情報から仕事を見つけたりします。
なので知り合いを作ることが一番の近道になります。
僕はオーストラリアについてからバーに行ったり、教会で開かれている英語塾に参加して友達作りをして仕事を見つけました。
 
Q ワーキングホリデーのメリット
A 働く中で、オーストラリア人やほかの国の人々がどのように働いているのか知ることができました。
世界中を旅しているバックパッカーと出会う機会が得られてうれしかったです。
 
Q ワーキングホリデーのデメリット
A 学校に行っているわけではないので、自分で勉強しなければ英語力が身に付きにくいです。
 
Q ワーキングホリデーで得たもの
A インド人の家でベビーシッターをしながら暮らしていたのですが、日本人とは異なる倫理観や考え方を持っていたので慣れるまでは、お互いにズレを感じていました。
それでも諦めず積極的に話しかけ、相手を知ることでどういった考え方をしているのか理解することができ、生活の中での衝突が少なくなりました。
こうしたことから、お互いにコミュニケーションをとり、相手を理解しようとする姿勢が大切であることを学びました。
 
↑マーガレットレバーの海岸は本当にきれいで何度も足を運びました。
 
Q これから行こうとしている人へのメッセージを!
A ワーキングホリデーの場合、英語は行く前から早めに勉強しておくとすぐに友達ができ、仕事が見つかります。
準備を怠らないようにしましょう。
 
ワーキングホリデーに行くにはやっぱり基礎的な語学力が必要なんですね。
それ以前に語学留学に行っておくというのはマストなんだと思いました!
 
続いて海外旅行によく行くかっつーが初めての旅行について語ってくれました!
 
海外旅行
 タイ
期間 高校3年生の夏休みに1週間
費用 航空券代で3万+現地で3万
 
↑ タイの水上マーケット
 
Q きっかけは?
A 「学生のうちにやっておくべきこと」とネットで調べたときに読んだ記事に「海外旅行」と書いてあったから行くことにしました!
 
Q タイを選んだ理由
A 安くて比較的安全、そして程よく異国感を味わえるということで、初の海外旅行にはピッタリの国とネットで書いてあったから選びました。
 
Q タイの治安について
A 昼は全く問題がありませんでした。夜は外を出歩かなかったので分かりません。
 
Q 楽しかったこと
A 現地の人がフレンドリーに話しかけてくれたことです。
 
↑ タイの名物!ニューハーフショーを見ました。
 
Q 大変だったこと
A 風邪を引いてしまい、なかなか熱が下がらなかったことです。

Q 海外旅行のメリット
A 海外に行ってみると日本の良いところも悪いところも見つめ直すことができ、新しい発見ができました!
 
Q 海外旅行のデメリット
A お金がかかる、現地に慣れないと不健康になることです。
 
Q 海外旅行で得たもの
A 経験、チャレンジ精神、感謝の気持ち、これが一番です!
 
↑ワットポー(王国寺院)の巨大な涅槃像。大きさに驚きました!
 
Q これから目指す人へメッセージを!
A 日本では味わえないことがたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてください!
高校生でしかも一人で海外にいくなんてチャレンジ精神がすごいですね!

かっつーのように食事が合わなかったり、体調を崩したりしてしまうと怖いですね…。
海外に行くということは、メリットもありますが心得なければならない部分もありますね!この記事を読んで少しでも皆様の参考になればと思います!
 
☆参考☆
・あーおーのカナダ留学記事 『バンクーバーの穴場スポット4選』

https://ameblo.jp/colorweblog/entry-12409996425.html

 

・みっきー留学記事『大学生の最新留学事情』

https://ameblo.jp/colorweblog/entry-12378410633.html

 

 

 

 
write:あーちゃん
 
 
 
 

COLORweb学生編集部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス