これであなたもまるわかり!世界遺産「日光の社寺」観光ガイド | COLORweb学生編集部
2018-09-28

これであなたもまるわかり!世界遺産「日光の社寺」観光ガイド

テーマ:travel
こんにちは!
大学もほぼ夏休みが終わり、学校生活が始まって憂鬱な時期ですね。
時はさかのぼり、8月9日、わたしはずっと行きたかった日光へ旅行してきました!
日光には日光東照宮をはじめとする世界遺産がたくさんあります!
 

今回の旅でまわった世界遺産を紹介します。
日光東照宮→徳川家康の霊廟
日光二荒山神社→神霊を祀っている
日光山輪王寺→勝道上人が開山
大猷院→徳川家光の霊廟
大まかにまとめるとこんな感じです。

仙台から日光へは新幹線・電車か車で行くことができます。
私は車で行ったのですが、仙台からだと休憩を挟んで三時間くらいで到着です。
道中のサービスエリアでご当地グルメを食べるのも旅の醍醐味ですね。
 
実際に寄ってみたあーちゃん的おすすめSAはこちらです。
安達太良→東日本SA限定のジョージアのソフトクリームが食べられます。
那須高原→インスタ映えスポットがあるので立ち寄る価値あり!
上河内→宇都宮餃子が食べられるお店があります!
 
日光ICを降りて10分くらいで東照宮のあるエリアにつきます。
ここで大切なのが駐車場選びです。
社寺に近いところに停めるか、JR日光駅付近に停めるか、主に2つの選択肢があります。
JR日光駅から社寺に向かうメインストリートには、お土産屋さんがたくさん並んでいるので、個人的には駅前に停めて徒歩かバス(世界遺産巡りバス)で向かうことをお勧めします!
しかし、徒歩だと30分くらいかかるので覚悟しましょう(笑)。
 
それでは早速社寺の紹介です。
スタートはメインの東照宮から見ていきましょう。
まずはマップで位置を確認。
 
日光東照宮HPより 
 
とにかくたくさん歩くので歩きやすい靴を履いていきましょう。
少しぬかるんだ道や、砂利道もあるのでヒールやサンダルは避けたほうがいいかもしれません。
 
葵の家紋がついた塔がある場所が日光東照宮の入り口です。
このあたりで日光名物の猿まわしを見ることができました!
毎日やっているかはわかりませんが、見ることができたらラッキーですね☆
 
境内の中を進み、初めに見えるのは有名な三猿です。
 
「見ざる言わざる聞かざる」のほかにもいろんなサルたちがいて、ストーリー性があるので見ていて楽しくなります。

続いては眠り猫
 
三猿はとても分かりやすいのですが、眠り猫はわかりにくい&狭い通路に描かれているので注意して探さないといけません。
しかし、たくさんの人がカメラを持って写真を撮っているのですぐにわかりますよ。
(かなり拡大して撮影しないといけないので画質が荒くなってしまいました。)

日光東照宮のメインは陽明門です。
4年間の修復を終え昨年春に公開された、金色に輝く門は圧巻でした。
 
 
(この日は曇りで写真がいまいちでした( ノД`)シクシク…)
 
他にも紹介したいものはたくさんありますが、ここからはぜひ実際に足を運んで見てみてください!
日光二荒山神社や日光山輪王寺・大猷院にも行きましたが、写真撮影NGな場所もあるので事前に確認してから向かいましょう。
 
 
簡単に紹介してきましたが、実は東照宮を見るだけで1時間以上かかりました。
さらに家康の廟所がある奥社まで行くと長い階段を登らないといけないため、+30分はかかります。
輪王寺や二荒山神社も見るとざっと4時間はかかると言っていいでしょう。
社寺付近にはご飯を食べるところがないのですべて見終わってから移動しないといけません。
そのため朝一で向かうか、お昼ご飯を食べてから向かうことをおススメします!
ちなみに私は9時にスタートしましたが、くまなく見たので14時までかかりました^^;
 
もうひとつ要注意ポイントがあります!!

東照宮エリアは拝観料がかかります。
・日光東照宮1300円/宝物館1000円/五重塔内部300円
・日光二荒山神社 神苑200円/神橋300円
・日光山輪王寺 仏堂400円/宝物殿300円
・輪王寺大猷院550円 
 
拝観料と予算を計算しつつ、どこを見るか事前に決めてから向かうといいですね!“
ということでここまで、日光東照宮をメインに解説をしてきましたが、最後に伝えたいことが一つ。
「世界遺産でかすぎ、広すぎ、輝きすぎ!!!!」
スケールが大きいので本当に圧倒されます。
死ぬまでに必ず見たほうがいいと思いました。
仙台から朝一で出発すると日帰りでも観光できるので、ちょっとした小旅行にもピッタリです。
これからは紅葉もきれいなので秋のお出かけにいかがでしょうか?
 
Write&photo:あーちゃん
 

COLORweb学生編集部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス