2017-11-10

記念すべき男子メンバー! COLOR新メンバー紹介

テーマ:ピープル
 
こんばんは、あーちゃんです!
先日COLORに二人目となる男子メンバーが加入しました!!(拍手!!!!!!)
のぶさんと同じカメラ男子が加入し、より一層楽しくなりそうな予感が…!
 
 
COLORネーム:りっくん
学校:東北学院大学
よく出現する場所:大学の図書館
キャッチフレーズ:アグレッシブな怠け者
好きなもの:寿司
趣味:釣り、フットサル、旅行、ドライブ、写真を撮ること
今年の目標:新しいことにチャレンジ
その理由:バイトで時間を潰すのは勿体ない。暇な今だからこそやったことがないことに挑戦しようと思ったから。
 
意気込み:すごく中途半端な時期に加入したのには理由があります。今年は色んなことに挑戦しようと思ってフットサルを初めてみたりサークルに入ってみたり一眼レフを買ってみたり色々な活動をしていく中でほかにもなんかないかなあと探している時にCOLORを見つけ、面白そうだったので入ることに決めました。自分が撮った写真から誰かに何かを伝えられたらいいなと思います。宜しくお願いします。
 
 
りっくん、これからよろしくねー!
 
COLORweb学生編集部ではいつでもメンバーを募集しています。
タイミングや学年、性別は一切問いません!
やる気、情熱、新しいことにチャレンジしたい気持ちがあればいつでもウェルカムです。
ミーティングの見学もいつでもお待ちしております。
興味がある方はTwitterやインスタグラムのDMから気軽にメッセージをください!
特に大学一年生大募集中です!!!
 
write:あーちゃん、りっくん
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-10

心の奥底に響くアカシック ボーカル・理姫さんにインタビュー

テーマ:ミュージック


10月某日、取材場所の前で待ち合わせをしていると、突然、目の前にタクシーが止まった。

「有名人かなぁ。」

そんなことを思いながら、取材で聞きたいことを頭の中でまとめていると…。

あれ?私が持っている資料の写真の人…?!
あちらも私の持っている資料に気づき、お互いにびっくり!


「こ、こんばんは…!」

心の準備ができていなかった私。かなり挙動不審だったと思うが、理姫(りひ)さんは笑って挨拶を返してくれた。
や、やさしい…!!

取材チームと合流し、二度目ましてのご挨拶。
こうして、インタビューは始まっていきました。
まずは、「アカシック」を簡単にご紹介!


アカシック
2011年結成されたバンド。誰もが口ずさみたくなるキャッチーなメロディーと、ヨコハマ生まれ繁華街育ちのボーカル・理姫さんによる彼女のキャラクターが全面に出た独特な詞の世界観で話題を呼んでいます。



ではでは、インタビュー内容に入っていきましょう。
今回のインタビューは、新アルバム「エロティシズム」の収録曲にまつわる質問をしていきました。
(以下、理姫→りたかみー →た



エロティシズム
:今回のアルバム「エロティシズム」のタイトルはどうやって決めたんですか?
:メンバーと話しているときに、アルバムのタイトルをどうしようという話題になって、アルバムに収録されている「エロティシズム」という曲名はアルバム全体の雰囲気にあっているし、メンバーが想像していたイメージとも合っていたので、即答でこれにしようって決めました!
:ほうほう。アルバムのイメージはどういうものを想像していたんですか?
:「エロ」っていうのは大きな意味があって、具体的というよりも、フワっとした意味で、「生命力」だったり、「生きていくための力」みたいな意味をイメージしてつけました。
:ふんふん。私が「エロティシズム」を聞いたときは、どの曲も夕ご飯の前に聞きたい曲だなって思いました!毎日いいことだらけじゃないじゃないですか。今日もダメだった~って思った帰り道とかに曲を聞いていると、自分のもやもやした気持ちと歌詞が重なっていき共感できるのに、そんな歌詞に相反して曲調がポップだったので、残りの一日をもっと楽しく過ごしたいって思えてきまして…。だから、すごくごはんがおいしく感じるなぁと思いました。
:本当ですか!ありがとうございます。食べることって大事ですよね。


憂い切る身
:「綺麗にするのは何も知らない人ばかり」とか「守りたい頭の中の物語」という歌詞が印象に残った曲なんですけど、この歌詞はどういう時に書いたんですか?
:音源を聞きこんでそこから歌詞をつけていきました。
実は、この曲のイントロの部分はもともと、ライブの演出の1つだったんですけど、それを曲として作り上げています。
歌詞は一見すると、恋愛とかそういう世界観に取れると思うんですけど、これは、自分が死んだと仮定して、もし自分が世界から外れてしまったときに、残った人が生きている世界を考えて作りました。
:想像して書くことって多いですか?
:いろいろありますよ。理想とか、夢とか。
ほかにも、明日はこうだからあれをしなきゃというのを漠然と考えて、それを物語として考えた時に、その物語を守っていくために強い自分でありたいなって思う事もあります。
:私も強くありたいなって思うことが最近よくあるんですけど、理姫さんが強くあるためにしていることってありますか?
:強くあるのって難しいですよね。私はとにかく前向きに!なんとかなるって思えたらいいと思います。生きていると、すごく悩むこと多いじゃないですか。でもあえて、その悩みを放棄するみたいな。
大人になって気づきましたけど、母親はすごいなって思います。今まで私を育てている間にいろんなことがあったと思うんですよ。道を歩いていて危ないとかささいなことも。でも、なんとかなっているんですよね。よく、自分生きてこられたなって思いますもん。
:えええ?!
:きっと母親からのなんとかなる精神が遺伝したんだと思います。

 


いちかばちかちゃん
:MVの世界観がものすごく印象的だったんですけど、いつもどのように制作していますか?
:監督のイメージと、曲を作っているときにできるメンバーのイメージがそれぞれあるので、それを話してすり合わせをして作っています。誰かが引っ張って考えるというよりは、みんなで意見を出し合ってという感じですね。
:へー!話し合いはどれくらいの時間をかけてしていますか?
:そんなに時間はかけてないんです。リハの合間の5分休憩中とかに世間話をしながら決めることが多いですね。
:ええ?!世間話をしながらってかっこいいですね。ちなみに、普段はどんな話をしているんですか?
:んー。一方的に私が近況を話すか、男メンバーがゲームの話をしていますね。
:近況っていうのは曲のこととかですか?
:いや、この間、どこに遊びに行ったとか、あの人かっこいいとかそういう話ですね。


邪魔
:楽しそうですね。理姫さんの理想のタイプはどんな人なんですか?
:頭がいい人!言葉遣いが意図してないのに文学的な人がいいなぁ。小説家みたいな人が好きです。
:ほうほうほう。小説で読んだ文章って歌詞に影響したりしますか?
:文章と歌詞はちょっと違うから、あんまり影響はしてないと思いますね。
:曲を聞いているだけなのに、勝手に会話している感覚になる時があるんですけど、会話しながら書くこともあるんですか?
:いや、ないですね。短時間集中で書きたいから部屋にこもって書くことが多いですよ。
作詞がストレス発散になる時もあって、ささっと歌詞を書いて出かけようくらいの気軽さで書くのが好きです。
:ストレス発散になっているんですか?
:そうなる時もあります。日記みたいにわーって思っていることを書いてから、言葉を選んでいきます。悪いこと言っているときもかなり多いです。(笑)それをよそ行きにした感じがこの歌詞ですかね。
:そうだったんですね…!邪魔はどういう時に書いたんですか?
:ここ最近、不倫のニュースがたくさんあったじゃないですか。そこからきれいだったものがいきなりごみになったのを想像したらどうなんだろうって考えて書きました。
人の不幸は蜜の味じゃないですけど、ドラマとか映画でもひどければひどいシーンを見るほどスカッとするような心情の例えを書きました。


エンジェルシンク
:アルバムの中で理姫さんの心の中に残っている歌詞はありますか?
:エンジェルシンクは今までの曲の中でも好きだと思います。歌詞に意味を込めすぎず1番バランスよく書けました。
:この曲は作曲もしていましたが、作曲の会議みたいなものもあるんですか?
:この曲は、デモを聴いたときにメロディーが気に食わなくって。
「アカシック」として出すならこのメロディーじゃないって思ったので、自分で変えちゃいました!
:聞いたときのメンバーの反応はどうでしたか?
:そっちのほうがいいって言ってくれることが多くて。すんなりいきました。

 


マイラグジュアリーナイト
:1番すんなりいかなかったのはどの曲ですか?
:マイラグジュアリーナイトですね。もともと、すっと聞けるいい曲だったんですけど、絶妙な違和感があるほうが好きで。何か爪痕を残すために時間をかけました。
:ちなみにこの曲は、ドラマ「ラブホの上野さん」の主題歌ですが、OAをみた時の感想を教えてください!
:ドラマで自分たちの曲が流れることは、単純に憧れだったので嬉しいなって思いました。
:ちなみに、普段、テレビは何を見ますか?
:都市伝説系だったり、世界のニュースを特集する番組が好きです。ドキュメンタリー的なものも見ますね。



:へー!ちなみに「私」という曲は、理姫さんがモデルのドキュメンタリーだったりしますか?
:今の私自身っていうよりも、私が理想とする自分をイメージした曲です。私は誰かみたいになりたいとは思っていなくて、ちゃんと自分になりたい。私の夢は、私です。
:おお、かっこいいですね。どんな自分になるのが理想ですか?
:んー。ほしいと思ったものは自分の力で手に入れられる人になって、生きていきたいですね。
:ほうほう。今、一番欲しいものって何ですか?
:海外に家がほしいですね。台湾とかフィリピンとか日本から遠すぎないところに。
:海外に家ができたら何したいですか?
:のんびり、遊んで暮らしたいですね。


LOVE&YEN
:「愛」と「お金」ってよく究極の質問でどちらを選ぶか聞かれますけど、理姫さんどっちがいいですか?
:お金。愛だけじゃ生存はできないから。人から養ってもらうお金じゃなくて、自分が一生懸命働いてお金をもらって生きていきたいです。
好きな人からの愛と自分の人生を考えた時に、まずは自分の人生をしっかり生きていきたいって思うんです。
最近、自分がちゃんとしてないと好きな人がいても楽しくないって思うようになりました。
自堕落になってしまうと、人に気を配っていられなくなってしまうので。
:ふんふん。自分に余裕を持つためにしていることってありますか?
:んー。やっぱり、前向きに悩まずっていうのが大切ですかね。

 


愛×happy×クレイジー
:私が、初めてアカシックさんの曲を聞いたのが「愛×happy×クレイジー」という曲でした。そのときに残っているフレーズが「絶望なんて暇だから」という歌詞で。ものすごくハッとさせられるというか前向きになれた瞬間だったんですけど、この歌詞はどういう体験から出てきたものなんですか?
:絶望している状態って、なにも手につかなくてもったいないなって。「絶望」って言葉にかまけていろんなことを放棄しているように思えて、よくないなと。そんな暇なんかしてないで、何かしていたほうがいいって思って書きました。
:ほうほう。ありがとうございます!最後に

仙台の学生へメッセージをお願いします!
:はい。どんどんいろんな人に会って、いろんなところに行ったほうがいいと思います。お酒を飲めない人は全然飲まなくていいんですけど、飲み屋さんみたいな大人が集まるところに行って、どんな話が繰り広げられているのかを聞くと、学生同士で話すのとは違った悩みとか経験を聞けるから、自分がものすごく幸せに感じられたり、反面教師に出会ったりと、いろんな勉強になるから行ったほうがいいと思います!
あと、ライブにぜひ来てください!


理姫さんの世界観がカッコよくて、曲を聞きなおすたび、どんどん世界観にはまっていって好きになっていき、夕ご飯を作る時にかける曲の定番になりそうです。
素敵な時間をありがとうございました!




最後にアカシックの情報のおさらい!
■2ndフルアルバム「エロティシズム」
発売日:2017年10月18日(水)
価格:3,000円(税別)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0742JYRZX

■Eroticism TOUR
開催日:11月26日(日)仙台space Zero
価格(公演前売):3,500円(ドリンク代別)


Write・Interviewer:たかみー

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。