1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-07-30

COLORweb学生編集部 メンバー紹介part7

テーマ:ピープル
こんばんは!あべべです。
すっかりご無沙汰してました、学生編集部メンバー紹介part7!!!
今回は新メンバーの宮学トリオを紹介しちゃいましょう!


①colorネーム
すずしゃん

②学校
宮城学院女子大学

③よく出没する場所
セブンイレブン カラオケ

④キャッチコピー
ちっちゃくたって一人前!

⑤好きなもの
カフェオレ 甘いもの かえる

なんとなんと、colorに入って生まれてはじめて苗字をあだ名で使ってもらいました。新鮮…!
好きなことにはとことんハマります。
突っ走ります。
全力投球です!
colorの活動も全力で突っ走っていきたいと思います!!!
すずしゃんでした♪♪




 

①COLORネーム
マギカ

②学校
宮城学院女子大学

③よく出没する場所
ラウンドワン

④キャッチフレーズ
ギリギリ系ポジティブ娘。

⑤好きなもの
映画館、ボウリング、バイト、すいか

フットワークの軽さはピカイチ!
楽しいことのためならいつでもどこへでも飛んで行きます!
アクティブに生きることがモットーです。
最近はアニメにハマっているので、家にいることも多いです。おすすめのアニメがあればぜひ教えてください!





①COLORネーム
サイイン

②学校
宮城学院女子大学

③よく出没する場所
ラーメン屋、カフェ

④キャッチフレーズ
三度の飯より飯が好きな騒音ガール

⑤好きなもの
ごはん、猫、紫色のもの、東京事変、ジブリ

最近は豆乳ダイエットに挑戦しています。
しかし!効果は実感していません。
ラーメン求めてお店を巡るのがブームです。体内麺類でできてる系女子!
甘党であり辛党。胡椒や七味はこれでもかというくらいかけます。
最近の曲より昭和の名曲が好みのようです。
テレビっ子で教育テレビですくすく育ちました。
楽しく元気に活動していきたいと思います!

 
うーん!なんとも初々しい!!!
今後の3人の活躍に乞うご期待!ということで…。

みなさんにおもしろおかしい仙台の若者カルチャーを発信できるよう
学生編集部、がんばります!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-07-27

AiDEM CUP!!in仙台(後編)

テーマ:ピープル

こんにちはー☆先週に引き続き大学生のフットサル大会「アイデムカップ」の潜入レポートの後編をお送りしますよー!!!



前回の記事では大学生フットサル大会の模様をご紹介しましたが……みなさんの身近な友人は参加していましたか???
総勢100名で、様々な大学が参加していたため、全体の写真には沢山の人が写っています。

『まだ見てないよ~!』って方は記事をチェック↓↓
「AiDEM CUP!!in仙台(前編)」
(URL)http://ameblo.jp/colorweblog/entry-11575126964.html


「アイデムカップ」が、いかに私たち学生のための大会であるということが、お分かり頂けるかと思います♪



後編の今回は
・ブラインドサッカー体験と元ベガルタ仙台選手である千葉直樹さんのインタビューです!

それでは、なーさん・がーすー・かーぽんの合同レポートでお楽しみください。



■目を閉じて、気付けること

私達も初めて知りましたがブラインドサッカーとは、障害者の方も、健常者の方もアイマスクを着用して行うサッカーのこと。略して“ブラサカ”


つまり、選手は目が見えない状態でプレーします!

しかし『何も見えない状態で一体どうやって……?』と、想像がつきません。
ドキドキしながら、私たち編集部員も体験に参加してみました!


まずは何も見えない世界を体験。アイマスクを装着すると……本当に視界は真っ暗に。
そこで、数人で輪っかの紐を持ち、四角形や垂直三角形などといった図形づくりに挑戦!

周りが見えている状態なら簡単な作業ですが、何も見えないとなるとこれが難しい。



カラー調査部


『俺が頂点になる!』『じゃあ私とあなたで一角になって、広がろう。』『均等になってる?』
みんなで声を掛け合ったり、位置関係を確かめようと手を広げたりと試行錯誤。


アイマスクを外してみると……
見えない中で作った図形は、決してキレイと言えるものではありません。



しかし「声」を掛け合う事によって、普段の倍に「チームワーク」をとろうとする姿勢が、仲間同士にありました。
そうです。仲間もボールも見えない状態で頼りになるのは、


ブラインドサッカーでは、声だけではなく手を叩いて居場所を知らせたり、
転がるのが分かるようにボールもシャカシャカと音の鳴るものを使用しています。


またプレー中は、特にキーパーが中心となって声を掛け仲間に指示を出すそうです。

最後に、実際に音を頼りにボールを蹴ってみましたが、初めてとあってとても難しかったです。

(偶然にも千葉直樹さんと一緒のチームでドキドキ!)



カラー調査部



しかし、ブラサカで活躍する選手は、状況が見えているかのようにボールを扱っていて驚きです。

初めは不安や疑問もありましたが、いざやってみると本当に楽しかったです!
自然と、普段よりも大きな声で、仲間と積極的にコミュニケーションをとっていました。


■ブラインドサッカーとコミュニケーション力

今回の体験の指導員であった、日本ブラインドサッカー協会の井口さん(写真左)と、仙台のブラインドサッカーチーム「コルジェ仙台FC」の伊藤選手(写真右)にお話をお伺いしました。



カラー調査部

伊藤さんも、始めた当初はやはり怖いと思ったそうですが、全ては慣れとのこと。
どんどん続けていくうちに、不安が自信に変わってきたそう。
6年経った今では、声をかけてパスを出しあったりシュートをしたり、と心からブラサカを楽しんでいるようです!


よく『コミュニケーションを大切に』と言いますが、改めて考えると具体的にはどういうことか?


それは、自分のことを相手に伝えたり、困ってる人に声を掛けること。

『ブラインドサッカーでこれを再確認して、普段の生活でも積極的にコミュニケーションをとるきっかけになれば』と、井口さんはおっしゃっていました。



私たちもブラサカ体験を通じて、コミュニケーションの大切さを改めて実感しました。

みなさんにも、ぜひこのように新たなサッカーの形を知ってほしいです!

ちなみに、ブラサカの大会は年に2回ほど開催されていて、試合は何も見えない状態であることを感じさせないほど白熱するそう。
今回の体験やお話から、実際に試合を見てみたいと思いました。


井口さん、伊藤選手ありがとうございました!



続いては……
■千葉直樹さんインタビュー

なんと今大会にゲストで参加されていた、
元ベガルタ仙台選手の千葉直樹さんにも話をお伺いすることが出来ました!

千葉さんはアイデムカップに2月、4月とゲストとして参加されており今回が3回目。



カラー調査部


参加した感想を伺うと、『目の不自由な人の立場でサッカーをするブラインドサッカーは全国的に認知度がまだまだ低く、ブラサカの体験を設けているアイデムカップに参加することで、認知度を高めていきたい。自分たちが当たり前だと思っている見えるということが、目隠しをすることによって、視覚的な情報が入ってこなくなりサッカーをすることが難しくなるが、ブラサカを体験することにより目の不自由な人の気持ちを知ることも大切だと思う。』



確かにブラサカという言葉自体初めて知った私たち。

実際体験することにより目が見えるという当たり前のことがどれだけありがたいことなのか、そしてを出して相手に自分の存在を知らせることの重要さが実感できました。


カラー調査部


最後に仙台の学生に向けて一言頂きました。

『アイデムは就職支援をしているので、学生にどんどん参加し利用して欲しい。フットサルに参加するだけでなく、力を借りていくことで、就職活動に活かして欲しい。』


就活は茨の道ですが、フットサルなどといった好きなスポーツを通し、ブラサカのように一味違った体験をすることで、コミュニケーション能力を高めていきたいですね。


千葉直樹さん、ありがとうございました!





ブラサカ体験後の試合は、それぞれチームの「掛け声」がより大きく活発になっていました。
この体験はフットサル好きに限らず学生であり、目が見えている私たちにとってとてもとても貴重な経験


音だけではなく、アイマスクを付ける前の光景も頼りに出来る私たちですが、
もともと何も見えない状態からのスタートは、想像もつかないほど不安で怖いと思います。

普段の生活で困っている人を見掛けたら、この時の経験をもとに私たちに出来ることをしていきたいです。



また、声を掛ける勇気というものは、
「コミュニケーション」をとるにあたって欠かせないもの。
この勇気を得る“きっかけ”にもなった「アイデムカップ」そして「ブラインドサッカー」
に参加出来て本当に良かったです。



日本ブラインドサッカー協会
(URL)http://www.b-soccer.jp/
(Twitter)https://twitter.com/JBFA_b_soccer


こちらもぜひぜひCHECK!
記事バックナンバー
「AiDEM CUP!!in仙台(前編)」
(URL)http://ameblo.jp/colorweblog/entry-11575126964.html





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-07-25

COLORweb女子座談会『夏のメンズファッション』

テーマ:ピープル

こんにちは!あゆみです。
今回の企画は、COLORメンバー女子での座談会!
テーマはズバリ……


夏 の メ ン ズ フ ァ ッ シ ョ ン


男子のファッションについて、COLORweb女子メンバーが思うことをせきららにトーク!
ノンフィクションでお送りします!



カラー調査部


仙台での男子のおしゃれはどう見られるのか!?


あゆみ「早速ですがみなさん、メンズのどんな格好が好きですか。」
かーぽん「スキニ―穿いてる人、いいよね。」
あゆみ「いい!でも、似合う人って限定されちゃうよね。」
ちーやん「重ね着とかしないで、さらっとTシャツ着てる人も好きです。」
がーすー「そうだねー、無理してオシャレしようとしてるよりはいいよね。」

マギカ「伊達メガネなんかも、なかなか合わせるのが難しそうですね。」
あゆみ「サングラスとかもそうだよね。」
あべべ「学校で、みんな机の上に並べたりしてますよ。自慢しあいながら。」
あいり「私の友達も付けてる人が多いけど、東京では普通なのに仙台だと変な目で見られるって言ってた。」
あかさか「東京ってなんでもありですよね。この前雑誌でモデルが、テディベアを首からさげてました。秘境ですよね、東京。」



カラー調査部

「うんうん」とうなずく一同。
東京は人が多いので、奇抜な格好の人がいても至って普通。
仙台だとなんだか浮いてしまうのも否めないですよね。


おしゃれを気にしすぎてもいけない…!?


あかさか「真夏に被るニット帽、疑問ですね。むれそう。」
あゆみ「素材によるのかなあ?」
あかさか「暑さとの戦いらしいですね。」
ちーやん「食事中もとらない人もいますよね、よくわからないです。」
あべべ「髪型つぶれてるからですかね。」
あゆみ「授業中被ってる人もいるよね、ちょっと嫌だな。」
かーぽん「さすがに室内では取ってほしいって思っちゃうかも。」



カラー調査部

オシャレも大事だけれどマナーも大切!
キャップが流行っている今、これは女子にも言えるかも……。要注意ですね。


男子のハヤリってなんだろう?!


かーぽん「毎年見るけど、今年は特に男子の浴衣が流行るらしいよ!」
なーさん「似合う人とそうじゃない人がいそうだね。」
あいり「でもやっぱり浴衣を着るとかっこよさ2割増し!」
なーさん「色白の人は似合いそう。」
あゆみ「黒髪の人に着てもらいたいなあ。」


カラー調査部


赤坂「森ボーイってちょっと流行りましたよね。」
あべべ「いたいた、チョッキ着てる子!」
一同「チョッキ!!?」
あゆみ「シャツに、チョッキ(笑)に、ループタイ!」
なーさん「それにチノパンで、裾を折り返したところに柄が現れる……。」
あべべ「それに茶色い大き目のシューズ、って人もいますよね。」
赤坂「大学生多いですよねその格好。」
がーすー「チェックシャツ着てる人もたくさん!」


あべべの言葉遣いは置いておいて、メンズファッションにもその時々の“旬”があるよう。
似たようなファッションの男の子が同じ場所に何人も、なんて状況確かにあるある。
制服から私服を着るようになった大学1、2年生にありがちのようです。


白熱しすぎて終了予定時間をかなりオーバーしてしまいました。

最後に、一人じっと部屋の片隅で話を聞いていたまーたくからチクッと一言……。


「……着たいもの着てるんだからなんでも良いじゃん!!」


そうですね、その通りです。
だけどいろいろ言いたくなっちゃうのが女子なんです。
男子のみなさん、許してくださいね。

それでは、次回のファッションジャーナルもお楽しみに!


※全て編集部員の個人的な意見です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。