カラータイプde教養(日本の禁色編)其の拾壱 | カラータイプだからできる”自分らしいワークライフバランス” 周りからの応援を受けながら活躍できるお仕事スタイルを紹介します

カラータイプだからできる”自分らしいワークライフバランス” 周りからの応援を受けながら活躍できるお仕事スタイルを紹介します

カラータイプは色で個性を見える化した、コミュニケーションツールです。
このブログでは、カラータイプを使って自分らしく活躍するカラータイプインストラクターのお仕事スタイルをご紹介します

新年あけましておめでとうございます!

マーケティング開発チーム、カラータイプde教養記事担当の武田 みはるです。

インストラクターのみなさまには、健やかな新春をお迎えのことと存じます。

 

昨年末から「平成最後の~」という言葉が飛び交うように、

2019年は今上天皇が退位され、

新天皇の即位に伴って元号が変わる変換の年となります。

現皇太子が即位されるのは5月1日ですが、

国内外に新天皇の即位を宣明する即位礼正殿の儀

10月22日におこなわれることが決まっています。

 

この即位礼正殿の儀を私はとても楽しみにしていますおねがい

と、言うのも、

新天皇でしか身に付けることのできない

日本の絶対禁色(ぜったいきんじき)を見ることができるからです!

 

禁色(きんじき)とは、

8世紀の律令制において位によって着る衣服の色が決められ、

他の人は着ることが許されなかった色のことです。

教科書で習った聖徳太子が定めた「冠位十二階」はその代表。

聞いたことありますよねウインク

官職の位によって着る袍の色を分けたのです。

源氏物語にも光源氏の息子・夕霧が

八位の薄い薄い色の袍を着せられてみじめな思いをするシーンがあります。

その後優秀な夕霧は、自らの力で立身出世していくのです拍手

 

そんな禁色のなかでも、

どんなに出世しても着ることが許されない色が絶対禁色と言われています。

それが、

この天皇陛下のみが着ることのできる黄櫨染(こうろぜん)です上差し

京セラ美術館にて筆者撮影

 

輝くような黄金にも似た赤茶色。

ウルシ科の落葉高木ハゼノキの心材と、

蘇芳によって何度も何度も染められた天然の色合いです。

 

黄櫨染は、輝く太陽の威厳と晴れやかさの象徴の色。

 

輝く太陽は蘇芳の

晴れやかさ黄(黄金)

威厳はカラータイプ(色彩心理)では黒ですが、

黒はすべての色を塗りつぶしてしまうので

どっしりと地に足をつけた「信頼」と「品質重視」「堅実」の茶色

 

××茶

古来の伝統を守りつつ、新しい御代に風を吹き込む新天皇の黄櫨染。

複雑な工程ゆえ、歴代天皇によって微妙に色合いが違うのだとか?!

10月22日に拝見する新天皇の黄櫨染は

どのような輝きを放つのか、

ぜひご覧になってみてください。

 

今年も「カラータイプde教養」記事をどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまにとって、笑顔いっぱいの輝く年でありますように!ハート

 

 

 

 

クローバー 協会 スキルアップ講座 クローバー 河野会長とのダブル講師で開講
PCCS80色講座
カラータイプを使っていろんな分野の提案ができる80色カードを作成し、配色提案が簡単にできるようになります。パーソナルカラーの提案の幅も多いに広がります。
1月28日(月) 午前11時~午後4時(休憩1時間)
3月27日(水)       同上

受講料:40000円   教材費:5000円

PCCSトーン講座
色彩力、判断力、配色効果の提案力が格段にアップします。
2月27日(水) 午後1時~4時
4月22日(月)    同上

受講料:30000円

お申込みは協会事務局へ contact@color-type.jp