パーソナルカラーウインターの
ブラック×フーシャピンク配色。

黒トップスでも素材とデザインで印象は結構違う。





春に購入したこのスカート、
ほんとよく履いてます。
1枚今年のものをコーディネートに投入すると、今までの洋服も新鮮な気分で着られるから嬉しい。

 

 

色彩戦術家

ファッションセラピスト

田中康代

 

 

>>心理カウンセリングメニュー

 

〜選ぶ色と服で未来を変える〜

>>芦屋・神戸でパーソナルカラー診断60分10000円(30色似合う色見本  アドバイスシート付き)

 

田中康代のパーソナルカラー診断は

ノーメイクで客観的に診断し

似合う色のメイクで仕上げたあと、

再度似合う色チェックをして診断に間違いがないか確認致します。

 

◼︎パーソナルカラー診断+同行ショッピング 同時お申し込みで5000円引き◼︎ 

>>セラピーのような同行ショッピングパーソナルスタイリングセラピー詳細

 

◼︎動画でご案内◼︎

>>セラピーのような同行ショッピングパーソナルスタイリングセラピー詳細

 

ブログを書いた人

色彩戦術家  田中康代

1972年6月14日生まれ。神戸市出身、在住。

 

色彩による潜在意識探求をビジネスの結果につなげる色彩戦術家。パーソナルカラーアドバイザー/パーソナルスタイリスト 色彩心理カウンセラー/ファッション&色彩心理講師

 

OFFICE COLOR MESSAGE 代表

NPO法人ひまわりセラピーハウス理事。

精神障害発達障害者 心理支援施設「地域活動支援センター セラピールームひまわり」所長業務の傍ら、色彩心理カウンセラー、色彩講師、スモールビジネスコンサルタントとして活動。スモールビジネスと精神発達障害のある方の才能をつなぐユニバーサルスモールビジネス「Le noeud ruban(ルヌーリュバン)展開。

 

婦人服販売に役立つ資格をと色彩の勉強を始め、色彩心理とパーソナルカラーにはまる。お客様から日常の悩み相談を受けることが多く、服を販売するだけでなく、悩みのある方の力になれる人になりたいと思い、心理カウンセラーを志す。

また、自身の精神的不調が発達障害特性のものだと自覚したところから劇的に人生が改善、日本では発達障害はこどもの病気と言われていた頃から発達障害について勉強、研究を行い、精神障害、発達障害者支援に携わる。

 

パーソナルカラー診断という一般新規顧客獲得が難しい分野で、サロン立ち上げから2年で300名、3年で500名の新規客を獲得し、オリジナル講座を作成開催、個人講座の社団法人化、協会の仕組化や福祉事業の立ち上げ運営を成功させた実績を活かし、色彩教育を通しての自己実現、目標·願望達成のサポートを行う。

 

個人がその人らしく人生を開花させることで調和のとれた社会になり、平和な世界が広がるという指針の元、個人の個性、特性把握とビジネスや活動に打ち込むことで人生が拓けることをひろめたい。

 

ファッションアドバイザーとして婦人服販売に携わった12年間を含め、

延べ1万人以上にスタイリング提案、カラーセラピー,心理カウンセリング件数5000件以上

 

ホームページ

 

選ぶ色と服で未来を変える

パーソナルカラー診断 同行ショッピング

 心理カウンセリングのCOLOR MESSAGE

http://stylingtherapy.com

 

悩みが尽きないなら色彩のプロを目指せ!

願望達成のための色彩戦術教育  

OFFICE COLOR MESSAGE

https://www.color-message.com/