トータルキュアコンシェルジュ協会を一緒に立ち上げた、私の大切な友人でもある中平梨沙さん

彼女と久しぶりに長電話。
(久しぶりといっても4日前に会ってますけど^^)
スカイプやLineなど無料通話アプリが増えて、長電話も安心ですね。

実は、ちょっと行き違いがあって、私がお怒りメールを送ったのでした。

結果として、それは誤解だったのだけど。

大いに反省。

やっぱり、きちんと会話をしないと、きちんと伝わらない。

「体調悪いって言ってたし、忙しいみたいだし、大体分かってるから、無理に連絡取らなくてもまあいいよね」

こんなへんちくりんな気遣いが、大いなる誤解を生むのです。


「言わなくても大体分かってるから、きっと大丈夫」

きっと、この根拠のない期待が積み重なって不和って起こるんだと思う。

上述のセリフ。
「体調悪いって言ってたし、忙しいみたいだし、大体分かってるから、無理に連絡取らなくてもまあいいよね」

まさしく「共依存」発言ではないですか!

相手を気遣っているようで、実は、相手を見下した発言。

本当に相手をリスペクトし、気遣うのなら、
きちんと伝え、聞き出すでしょう。

$色と香りで美意識を磨く!オーラ・ソーマとアロマ Colorido大野有希のブログ
キューピッドの矢は、勝手に折れるわけじゃない。

折れるような使い方をしたから。

丁寧に、相手に届くように、
矢を、思いを、言葉を、使っていれば、
折れて泣くはめになることはないの。
AD

対等な立場

テーマ:
お昼ごはんのとき、テレビがついていました。
番組内で「対等な立場云々・・・」と論じられていました。

しばし「対等な関係」というものについて思いを馳せる。

ここからは私の思いの中の話です。

~~
今の日本では「対等な関係」って育ちにくいのではないかしら。

土居健郎先生の名著「甘えの構造」ではないけれど、
自立、依存、遠慮、無視、そういったものが
ものすごく曖昧にバランスをとっている人間関係、
それが日本社会の良さも作っていたと思うの。

それが、中途半端な「欧米的個人主義」の導入によって、
自分の権利を主張することだけがクローズアップされ、

自己主張とセットになってしかるべきの
「尊重」という行動があまり育たなかった。

これは、日本社会がもともと持っていた「甘えの構造」の中で
まさに甘やかされた(スポイルされた)からではないかしら。


昨今、対等な立場でものを言い合う、と言うと、
無遠慮な振る舞いになる人を見かけることがあるのよね。

対等な立場でコミュニケーションをとるためには、
まず、相手を尊重(リスペクト)して、相手を受け入れ、聞き届ける必要があると思うな。

そして、相手を受け入れるためには、
まず、自分自身を尊重して、ありのままの自分を受け入れていることが大切だと思うな。

自分のリアルを自分で分ってなかったら、
相手を受け入れるなんて到底無理だもの。

~~

そんなことを思うランチタイムでございました。


$色と香りで美意識を磨く!オーラ・ソーマとアロマ Colorido大野有希のブログ
AD
高知から届いたカブ、あやめ雪。
アガペシロップ、バルサミコ酢、オリーブオイルで一晩漬けました。 

生でかじった時の苦みがまろやかになって、アガペシロップだけでなくカブ本来の甘みが引き出されました。
箸が止まりませんー!

ちなみに、今夜は粗食。
$色と香りで美意識を磨く!オーラ・ソーマとアロマ Colorido大野有希のブログ-未設定
安納芋と蓮根のグリル
ほうれん草の胡麻和え
(練りゴマとアガペシロップとお醤油。練りゴマで和え衣を作る時はアガペシロップが便利ですv)

その他、グリーンボールのオリーブオイル炒め、玄米ご飯。
お身体お休め中。
AD