音楽と、指揮者と。 | フリーアトリエ Colorful Being /横浜
新型コロナウイルスに関する情報について

フリーアトリエ Colorful Being /横浜

artって 一部の専門家のものではなく
誰にでも その種はあって
それがね
今よりも 育ったらいいなと
きっと楽しいだろうなあと 思うんです

年始休み明けは、弦楽合奏で。





生の音は、久しぶりです。
澄んだ音色が、美しくひとつになると、ダイレクトに感性に伝わりますね。
何だか考える前に、涙が出ます。

うん。
やはり、たまには、生の音楽にも触れるといいね。

いまさら、ふと気付いたのですが、CDとの大きな違いとして、
目の前に指揮者がいるということ。

そう、指揮者の動きは、そのまま、いま聴こえている音楽のエネルギーの形そのものを、
体現しているわけで。

ほうほう、なるほど。

なめらかな曲線、
たてに、刻む、
渦巻くような流れ、
すくいとる音の溜まり、
高い位置で、
低い位置で。

この曲には、
こんな形のエネルギーが、
あるのだと、
視覚でも伝えている。