イライラしない子育て― 親子で育つ心理カウンセラー澤さなえ ー

イライラしない子育て― 親子で育つ心理カウンセラー澤さなえ ー

子どもが健全に成長するために大切なこと
 
それは、ママ自身の心を成長させること

ママのメンタルが健全なら
子ども達は自然と成長できます。

母子は、「潜在意識」で繋がっているので
ガミガミ怒らなくても、一緒にいなくても
立派に成長してくれます♡



このブログでは、フラクタル心理学インナーチャイルド療法を活用した
「イライラしない子育て」で、仕事と子育ての両立を応援しています

LINEご登録者さま限定!
【子育てが楽になる!5つの動画とPDFをプレゼント】


 
①子どもを褒められない時に見直したいこと  
②それ逆効果!子どもへの声のかけ方     
③自立が早い子の親がやならいこと7選     
④子どもの良いところが見える逆転の発想ワーク
⑤『こども心』に有効な言葉かけ3つのポイント



Youtubeでも「小学生ママのイライラしない子育て」を
動画で分かりやすく解説!チャンネル登録といいねをお願いします。




働くお母さんが自分のために
使える時間は、早朝と夜21時以降が多く

 

時間にすると平日・平均64分
休日・平均97分くらいなんだそうです。

(リビングくらしHOW研究所調べ「ワーキングマザー実態・意識調査」)

△詳細・日程はコチラから△


おはようございます!

仕事も家庭も選べる生き方♡
フラクタル心理学講師の澤さなえです。


このアンケート結果を見て
似たような状況のお母さんも

多いんじゃないでしょうか?
 

みなさんは、子どもと過ごす時間と
自分時間のバランス取れていますか?

 

 

 

どうして私ばかり我慢しなくちゃいけないの?

 

アンケートによると理想を言えば

 

あともう1時間、自分時間が欲しい!
と思っているお母さんが多いそう。

 

 

自分のための時間を持ちたい!

 

と思っていても、子育て中は

家族のことが優先になって

なかなか自分の時間が持てないものですよね。

 

 

子どもや家族のためと
割り切ってるつもりでも

自分時間がない事がストレスになって
逆に子育てのイライラに繋がっている

場合もあるかもしれません。

 


そういう時・・・

 

なんで私ばっかりが
我慢しなくちゃいけないの?

 

 

こんな気持ちがもくもくと湧いてきて

我慢も限界に達してしまうと

イライラが爆発してしまう

 

誰しもそんな経験が一度は

あるんじゃないでしょうか。

 


アンケートの結果では
家で、自分の時間にすることは

「テレビ・DVDを見る」
「インターネット」
が各6割超えていたそうです。



自分のための外出でやりたいことは
「美容」「外食・会食・飲み会」
「ショッピング」「友達に会う」など


どれも特別なことではなく

本当に、日常的なちょっとした

楽しみを持つ時間が欲しい!

 

そう思っているお母さんが
いかに多いかが分かります。


それだけ、自分の時間を後回しにして
家族を優先しているってことなので

イライラしてストレスをためる前に
バランスよく自分時間も持ちたいですね。

 

自分時間を持つことに罪悪感を持つ母親


でも、そこまで我慢していても

自分ための時間を持つことに

罪悪感を持つお母さんは多いので

 

本当は、もっと自分を優先してもいい時にも
必要以上に、子どものために時間を使ってしまいがちです。

 

 

先程も書いたように

自由がなく、ストレスをためた結果
イライラして子育てが苦しくなるなら

 

自分時間をバランスよくとって
心が満たされれば、もっといい子育てができる

と分かっているのに、その時間が持てない。
 

 

それどころか、むしろ

自分時間を持つと罪悪感を感じちゃう。

 

 

こういう時って、つい周りの環境や
夫や家族・ママ友などからどう見られるか、

何気なくかけられた言葉などが気になって
自分の思うようにできないと思いがちですが


本当は、自分で自分に制限をかけ
自分が自由になれないように
がんじがらめにしてる場合も多いんです。

 

 

こんな風に、自分で自分に
「子育て中でも自分の時間を持っていいよ」
と許可できない原因は
2つのパターンがあります。

 

 

子育てに集中して子どもと過ごす時


1つ目のパターンは、今は本当に

子育てにしっかり集中する時期

と言う場合。


子どもが出来るまでの自分のためだけに

時間を使ってきたままの感覚でいると
 

今、子どもの世話に追われる毎日のことが

辛く修行のように感じているので
 

特別、我慢している気がして
ストレスを感じるかもしれません。

 

 

でも、それは、自分のお母さんや
世の中の先輩ママ達も通ってきた道。


子育てを通して、子どもの成長を優先し

パートナーと協力して、家族を守り育てる時です。


自分よりも周りの大切な人を優先して
忍耐や感情のコントロールも身につけ
自分自身を成長させる時期ということ。



その時期にしっかり子育てをやり切った後には、
必要以上に子どもに構いたくなったり

子どもの心配をすることもなく

自分のやりたいことにも集中できる
親子ともに自立した生活ができるようになります。


 

子育てから離れて自分時間を増やせない時

 

もう1つは、自分の子どもの頃の

「お母さんは何よりも子どもを優先するべき」

という思いが強く残っている場合。

 

 

本当はもう、子離れしてもいい頃で

もっと自分の時間をつくっていいはずなのに

なかなか自由な時間を持てないという

カルマに陥ってしまっています。

 

 

「母親はいつも何よりも子どもを優先するべき」
 

この母親になった自分自身を縛る

自分の信じ込みを解除しないことには

ずっと子育てに縛られ、自由な時間が持てません。

 


自分の好きなことをするくらいなら、もっと
子どもと一緒にいてあげなくちゃいけない
 

と思う気持ちがある方は、この信じ込みに

縛られている可能性が高いですよ。
 


自分の時間が持てないことはもちろん
子どもの自立のタイミングを逃したり
過干渉によって子どもとの関係を壊したり


子育てが終わってもなお、家族の誰かの
面倒をみることになるような環境がつくられ
色々と問題が大きくなりがちです。

 


 

子どもの頃の勘違いから生まれた信じ込みは

大人になって親として生きていくには

もういらない考え方なので
早く解消してしまいましょう。

 

 

自然と家庭と仕事のバランスが取れるようになる

 
2つのパターンのいずれにしても
子どもの頃の自分の心を見直して
「子ども心」を癒して成長させる
ことで

頑張らなくても自然と
家族時間と自分時間との
バランスが取れるようになります。


自分で自分を縛っていた

信じ込みから解放されて

子育ての辛さや大変さも
家族みんなの幸せな未来のため
自分や子どもの成長のため
 

と受け入れることが出来て

子どもとの時間や仕事の両立を
楽しめるようになるからです。


そして、もっと、人生の目的などの
自分のやりたいことのために
時間を持って、生き甲斐を感じることも

出来るようになります。


自分を優先できない原因が
どちらのパターンに当てはまるかは

お子さんの年齢や兄弟の構成などの環境や
お母さんの今までの経験などでも変わってきます。


手のかかる子で目が離せない

私がいてあげないと子どもが困る
親が一緒にいないと子どもはダメになる


などと思って困っているとしたら
2番目のパターンで苦しんでいる可能性が高いです。


今はもう必要なくなった

信じ込みを解除する方法は

家族関係コースで学べます。

 

 

なかなか思うように子育てを楽しめなかったり

家庭と仕事とのバランスが上手く取れない時にこそ
時間をつくって受講してみて下さいね。



本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ
 

 

サーチ子育てやお仕事のお悩み解決のための講座を開催しています
  ▷▷▷
 募集中の講座・セミナー・イベントの一覧
ドキドキ個別・グループでも受付中です ▷▷▷ カウンセリング
手紙講座や日程のリクエスト受付中です ▷▷▷ お問い合わせフォーム はこちら

 

 

▽下記画像をクリックすると各ページに移動します♪▽
2023年からyoutube始めました!


ただいま「イライラしない子育てLINE」にご登録いただくと
5つの無料動画/PDFをプレゼント中デスプレゼント

   

  


\\ 2/10は満席になりました! ╱╱
次回は・・・3/11(土) 10:00~12:00 
オンライン お茶会
「インナーチャイルドトーク」
お申込み方法・詳細はコチラコーヒー

 

☆他にもこんな記事がよく読まれています☆

 


 


◆なりたい自分になる働くママの「未来の創り方」:SANーRise

◆フラクタル心理学:アクエリアス・ナビ

思考で冬の不調を改善する!
~体内誘導を使った全身パトロールイメージング~


満席になりましたので、2席追加しました!


こんばんは!

仕事も家庭も選べる生き方♡
フラクタル心理学講師の澤さなえです。



最近、毎日、ブログを続けているおかげか
人気記事やハッシュタグランキングなどに
載ることが出来ているようです 飛び出すハート


2/10の誘導瞑想会のことを書いた記事も
少しづつ、ランクアップしてるみたい。

まだまだ上位には程遠いですが
嬉しいものですね爆  笑



『免疫力』は、ここ2,3年、
特に注目されているキーワードなので
興味を持ってくださった方も多かったのかもしれません。
ありがとうございます♡


お申込みくださっている方からも
具体的な「身体にまつわるお悩み」を
体内誘導をきっかけに改善したい!

という熱いメッセージも頂きました。
 

 

ここ最近、急に気になっている事もあれば
毎年のことで、慢性化していることもあるかもしれません。



特に、慢性化していることは
自分では
「いつものこと」と片付けて


本当は問題なのに
問題視できていない


と言う場合があります。




こういう場合
身体の事だけじゃなく

普段の生活の困った悩み事も
「いつものこと」だから仕方ないと諦めて
悩み続けている可能性あり!
ですよ。





心と身体は、繋がっています。


なので、心の問題が改善すれば
身体の問題も改善していきます。


逆に、身体を動かすことで
心が楽になっていくこともありますよね。


どちらかだけよりも、両方からの
アプローチは、より効果的ですよ✨


この心と身体の繋がりを使って
誘導瞑想でも、心も身体も
より良い状態に変えていきましょう!



あなたの身体は
あなたの思考がつくっています。



だから、自分で改善することが出来る✨


「持病」や「いつものこと」と思って
これから先も、ずっと付き合うものと思っていると
本当に、そうなってしまいます。。。


本当は、こんな症状が続くのは嫌!
と思っているなら、まず
自分の意思で「絶対、改善する」と決めましょう!



人生を楽しむために生まれてきたのに
毎日、自分が健全に過ごせないのは、おかしいですよね!

諦めずに、この状態は「何かがおかしい」
絶対、直す!と思ってください!


そして、体内誘導を使って
自分で自分の身体をチェックして
理想的な健康美を手に入れましょうね♡
 


下矢印詳細・お申し込み方法は、コチラから

 

最後までお読みいただき、ありがとうございますニコニコ

 

 

サーチ子育てやお仕事のお悩み解決のための講座を開催しています
  ▷▷▷
 募集中の講座・セミナー・イベントの一覧
ドキドキ個別・グループでも受付中です ▷▷▷ カウンセリング
手紙講座や日程のリクエスト受付中です ▷▷▷ お問い合わせフォーム はこちら

 

 

▽下記画像をクリックすると各ページに移動します♪▽
2023年からyoutube始めました!


ただいま「イライラしない子育てLINE」にご登録いただくと
5つの無料動画/PDFをプレゼント中デスプレゼント

   

  


\\ ただいま、参加者募集中♡ ╱╱
2/10(金) 20:30~22:30 
オンライン グループワーク
冬の不調を改善!体内誘導
お申込み方法・詳細はコチラコーヒー

 

☆他にもこんな記事がよく読まれています☆

 


 


◆なりたい自分になる働くママの「未来の創り方」:SANーRise

◆フラクタル心理学:アクエリアス・ナビ

・思春期に入って、コミュニケーションがうまく取れない

・いう事を聞かず、口もきいてくれず反抗的で大変
・スマホやゲームに夢中で、勉強しない

・夢中になって打ち込めるものがない

など

 

子どもが成長するとともに

幼児期とは違った悩みが出てきますよね。



△インスタで「頑張らない子育て法」発信中デス



こんにちは!

仕事も家庭も選べる生き方♡
フラクタル心理学講師の澤さなえです。


ある子育ての悩みに関するアンケート調査では

(引用元:日本トレンドリサーチ青山ラジュボークリニックよる調査)
 

「相談したい相手は?」という質問に対する答えで

 

 

『誰にも相談していない』

 

 

が1位で、33.6%という結果が発表されていました。

 

 

 

子育ての悩み、誰にも相談しない?


意外にも、、、?
子育ての相談を『誰にもしていない』
と言うのが1位だったようですね。


続いて、2位が「夫」31.9%
3位「友人」11.8%、4位「親」9.5%・・・

という順になっていました。


 

一番頼りになるのは、やはり夫の存在✨


コロナ禍では、友達などには相談したくても
出来ない状況もあったかもしれませんが
「夫に相談」が、圧倒的に多い結果でした。
 

 


「誰にも相談していない」の
数が多いとみるか、少ないとみるかは

それぞれ環境などによって違うかもしれませんが



私自身も、カウンセラーになる前は

 

周りから悩みを聞くことはあっても

自分が誰か身近な人に悩みを
打ち明けるタイプではなかったので

 

子育ての具体的な悩みを初めて相談したのは

プロのカウンセラーさんでした。

 

 

なので、このアンケート結果の

誰にも相談していないお母さん達の

気持ちが少し分かる気がします。
 

 

 

誰かに相談しても、何も解決しない気がする

 

 

当時の私の場合、その時、悩んでいることは

自分の問題だから、誰かに相談しても

それで、本当に何かが変わるとは思えなくて

 

結局、自分が変わるのが一番早いと

自分の中で解決しようとしてる感じだったかな、と。



あと、自分が悩んでいることを

理解してもらえるかな?という不安

もあったかもしれません。

それぞれの環境によって悩みは変わるので

相談した相手にとっては、自分の悩みは

大したことないように聞こえるかも、とか。



それに、相手は、良かれと思って

そんなに気にすることないよ~!

という励ましや慰めの言葉をかけてくれても


「私にとっては、大きな悩みだけど

この悩みは分かってもらえないのか・・・」

と、逆に傷つきそうな気もするのかもしれません。


なかなか相談できないお母さん達は

そういった相談相手とのコミュニケーションにも

悩んでいる可能性が大きいですね。


 

自分が思いつかない解決法で子育ては楽になる

 

他にも、先述したアンケートの中には
 

『相談した結果悩みが解決したことはありますか?』

という質問もあって

『ある』と答えた人は63.5%もいました。
 

 

具体的な回答としては・・・

  • 主人が穏やかに息子の言い分を聞いてくれたので息子の気持ちが落ち着いた
  • どこの家庭も似たようなものという認識を持ったおかげで、気持ちが楽になりました。
  • 自分が子供の頃の話を聞き、あまり気にする事じゃないと思った
  • 私が考えつかないアドバイスをしてくれるのでそういう考え方もある事に気付きました。
 
 
この結果から見ても

話すことで、思いつめた気持ちが楽になったり
パートナーと協力し合って解決する
ことが出来ているようですね。
 
 
 

回答にもあるように男の子の場合は、母親には

なかなかわからないこともあったりするので

 

私自身も、息子の気持ちが分からない時は

夫のフォローが、ありがたいなと思う事がよくあります。

一度、素直に相談してみると、

話を聞いてもらう方が楽になれるのが分かります^^



それに、たとえ、解決まで至らなくても、、、

 

自分だけが悩んでいると思っていたことも

話してみると皆も同じように悩んでいるって

ことが分かるとちょっとホッとしますよねニコニコ

 


そして、悩みが長引いている時ほど
もう「自分の考え」だけでは上手くいかないんですよね。

周りの人のアドバイスには
自分では考えつかない方法があって
新しい考え方を取り入れるチャンスになります。

 

 

なので、一人で思い悩んでいるよりも

自分の気持ちを話せる場所や
他の人の話を聞ける場所があるのは

お母さんの心を健全に保つためにも大事なこと。

 

 

悩みが積もり積もってしまうと

心の余裕もなくなって、さらに

感情的になりやすくもなります
 

 

何気ない会話の中に「解決のヒント」がある

 

 

ということで、そんな風に思い詰める前に

安心して話せる場をつくることにしました!

 

 

個別のカウンセリングではなく

グループでのカウンセリングです。

 

 

自分の事を話すのに慣れていない場合
カウンセリングと聞くと

ハードルが高く感じる方もいるかもしれません。

 

でも、このグループカウンセリングでは

皆がお互いに日々感じていることや

悩んでいることをシェアする場です。

もちろん、私から解決策としての
アドバイスもお伝えします!

 

 

個別のカウンセリングと違って
他の方の相談やアドバイスも聞けるので
『客観的な視点』で話を聞くことが出来ます。




実は、カウンセリングに限らずなんですが

自分の事は、なかなか理解できなくても

人の話だと、すごくよく理解できることがあります。

 

 

たとえば、複数でお話するお茶会などでも

他の人が話していた内容が
自分の事ともリンクしていて
分かりやすくて、役に立った!


という、ご感想をよく頂きます。


自分の事だと、つい感情的になって

受け入れにくい事も、人の話として聞いて
自分に置き換えてみると
妙な「納得感」があるんですよねニコニコ


なので「カウンセリング」「相談」となると

構えて上手く話せないけど、お茶会のように

おしゃべりしながら、悩みも解決してみたい!

という方は、グループカウンセリングがおススメです。

 

 

下矢印日程などの詳細は、コチラからご確認ください。

 

 

 
本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

 

 

サーチ子育てやお仕事のお悩み解決のための講座を開催しています
  ▷▷▷
 募集中の講座・セミナー・イベントの一覧
ドキドキ個別・グループでも受付中です ▷▷▷ カウンセリング
手紙講座や日程のリクエスト受付中です ▷▷▷ お問い合わせフォーム はこちら

 

 

▽下記画像をクリックすると各ページに移動します♪▽
2023年からyoutube始めました!


ただいま「イライラしない子育てLINE」にご登録いただくと
5つの無料動画/PDFをプレゼント中デスプレゼント

   

  


\\ 満席になったので、2席増席しました♡ ╱╱
2/10(金) 20:30~22:30 
オンライン グループワーク
冬の不調を改善!体内誘導
お申込み方法・詳細はコチラコーヒー

 

☆他にもこんな記事がよく読まれています☆

 


 


◆なりたい自分になる働くママの「未来の創り方」:SANーRise

◆フラクタル心理学:アクエリアス・ナビ

「病は気から」とよく言いますが
自分で「自分は冬に弱い」と思っていたら

すぐに寒さに負けてしまいそうですね~雪


△  詳細はコチラから  △


こんばんは!

仕事も家庭も選べる生き方♡
フラクタル心理学講師の澤さなえです。
 


ことわざのように使われていますが

「病は気から」は、医学的にも正しいそうですよ。
 

*マウスを用いて、ストレスにより脳に炎症が起こる事を発見
*ストレスの影響を受ける交感神経が炎症疾患の病態に関わることを確認
 

精神的ストレスが加わったとき、脳内に小さな炎症が起きます。
炎症が小さいうちはいいのですが、ナチュラルキラー細胞でも
対処しきれないほどの炎症になってしまうと免疫機能が低下して
病気にかかりやすい状態になってしまうのです。


研究結果からも、ストレス(気)の影響によって

体内で、脳や細胞に色々と影響がある、ということのようですね。

 

 

 

フラクタル心理学でも

「思考が現実化する」と言いますから

病気も思考がつくり出す
と考えます。

 

 

運動がイヤで、運動会は絶対、休みたい!
と思っていたら、本当に当日、熱が出た!とか

場合によっては、運動会は何もなかったのに
時間差で、修学旅行に熱が出て行けなくなった!^^;
 

など、色々なパターンのエピソードを伺います。

 


 

こんな例なら分かりやすいですが

 

何気なく思考したことが

病気のタネになっていることもあります。

 


例えば、アニメやドラマに出てくる

 

病弱で、色白な か弱い女の子不安
不治の病にかかって予防
みんなから大事にされてる子に

 

子どものころ、憧れてたことはありませんか?

 

 

そんな、かすかな憧れの思いも
 

「病気になりたい」


と言う思考として、深層意識に溜まるんです。

 

 

そんな風に、少しづつ溜まった意識が

体内のどこかで、悪さをしていて

 

それが痛みだったり、だるさだったり

不調として現れてきます。

 

 

 

そういう不調は、不定愁訴というような

表現をされることも多いですが


 

上手く症状を言葉に出来なかったり

初めに紹介したような分かりやすい原因や

理由が思いつかなかったりして
 

何が原因か分かりにくいんですよね。

 

 

 

そんな時には、イメージで自分の体内を

順番に体の中をパトロールしていって

その原因を見つける「体内誘導」がおススメです。

 

体内のどこかで、「私の気持ち分かってよ」
と、泣いている小さな自分が暴れていてえーん

それが炎症となっているかもしれません。


早く見つければ、その炎症も

すぐに収めることが出来ますよ。

(冒頭で引用した「炎症に対処するナチュラルキラー細胞」も自分ってことですね^^)

 


 

ということで・・・
 

2/10に、体内誘導の

オンライングループワーク

を開催します!

 

 

担当は、マスタコース初級講師の西山京子先生です。

 

西山先生のブログでも、グループワークの内容について

ご紹介されていますので、ぜひ、ご一読ください。

 

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

 

 

サーチ子育てやお仕事のお悩み解決のための講座を開催しています
  ▷▷▷
 募集中の講座・セミナー・イベントの一覧
ドキドキ個別・グループでも受付中です ▷▷▷ カウンセリング
手紙講座や日程のリクエスト受付中です ▷▷▷ お問い合わせフォーム はこちら

 

 

▽下記画像をクリックすると各ページに移動します♪▽
2023年からyoutube始めました!


ただいま「イライラしない子育てLINE」にご登録いただくと
5つの無料動画/PDFをプレゼント中デスプレゼント

   

  


\\ ただいま、参加者募集中♡ ╱╱
2/10(金) 20:30~22:30 
オンライン グループワーク
冬の不調を改善!体内誘導
お申込み方法・詳細はコチラコーヒー

 

☆他にもこんな記事がよく読まれています☆

 


 


◆なりたい自分になる働くママの「未来の創り方」:SANーRise

◆フラクタル心理学:アクエリアス・ナビ

子どもが歴史好きなので
今年の大河ドラマ『どうする家康』
子どもと一緒に、楽しみに観ています。

(私が松潤ファン飛び出すハートなので、今年は観ます照れ
 



こんばんは!

仕事も家庭も選べる生き方♡
フラクタル心理学講師の澤さなえです。


戦国の世を収め、長年続いた江戸幕府を開いた
徳川家康の生き方は、現代でも参考になることがあるよ~

と話しながら、子どもと一緒に観ているのですが

 

史実に関しては、子どもの方が情報量が多く

教えてもらうことが、いっぱいありますニコニコ

そして、ドラマを観ている最中に
話しかけては、怒られております、笑

 

 

 

今回のドラマは、過去云い伝えられてきたエピソードよりも

新しく解釈が変わったエピソードも採用されているようで

 

『人質』というよりも『家族同然』に

『松平家の跡取り』として大切に育てられていたり

 

『寅の年寅の日寅の刻生まれ』も
生まれながらの強さを印象付けるためで
本当は、兎年生まれだったという説が採用されていました。

 

 

歴史は、変わりますね。

なので、うちの子も
新しい史実を発見したいそうです。


今から、そんな風に考えているなら

きっと、何か、見つけてくれるだろうな✨
将来のお楽しみですニコニコ


 



 

さて、今回、タイトルにした

「たとえ子どもに嫌われても、覚悟の愛ある厳しい言葉」
は、第三話を観ていて感じたことです。
(以下、「どうする家康」第三話、ネタバレを含みます)

 

 

第三話では、行き別れて16年ぶりに再会した
母・於大の方と元康(家康)の親子水入らずで
 

互いに、ひと時も忘れたことはなかったと
想いを伝え合う感動のシーンがありました。

(私、個人的には別の意味で、懐かしさいっぱいで感激♡笑)


その感動の再開も束の間、抱き合った耳元で
母から元康に言い放った言葉は、あまりに衝撃的でした。

『今川と手をお切りなさい。今川は、もうおしまいです。

 あなたは信長様には勝てません!』


と、打倒!織田!と、今川を裏切るつもりがない元康に、
キッパリ!ハッキリ!言っちゃいました。
 

 

 

こんなシーンは、子ども心が大きい時には

「お母さんが、そんなこと言うなんてヒドイ!
 親なら、子どもを信じるべきでしょ!」

 

「あなたは勝てないなんて、決めつけないで!

 もっと、親なら味方して励ましてよ!」


と、ザワザワしちゃうんですえーん




そのうえ、さらに「今川には恩があり
妻子が駿府にいるから裏切れない」と
家康が思い悩む、胸の内を打ち明けても
なお、於大の方は、

『それがなんだというのです。つまらぬことです。

 主君たるもの、家臣と国のためなら己の妻子をお捨てなされ!』

 

と、元康の言葉をバッサリ否定。
 

この言葉に、元康は「出ていけ!!」とムキーえーん
母・於大の方を追い出しちゃいました。



こういう時、子ども心は
「自分の気持ちを分かってくれない」

「そんな言い方しなくてもいいだろう」

「それでも、親か?!」
悔しいやら悲しいやら様々な感情が渦巻いて
キレて、親に対して反撃したくなります。

ドラマでは、元康の葛藤が

丁寧に描かれていましたが

(今川切りを「嫌だ嫌だ」と泣き叫んでましたね)



 

このブログでは、於大の方の視点から考えてみると・・・


親だから、子どもの気持ちは分かっていても
『子どもの意見を尊重できない時』

という場面は、多少なりともありますよね。

 

 

そういう時、心を鬼にしてでも

子どもに「ヒドイ!大嫌い」と
思われるのが分かっていても
 

長い目で見て、子どものためになるなら

いらないものは、いらない。と言うし

やるべきことは、やりなさい。と言う。

 


 

今回の於大の方も、元康の反応も分かっていたからこそ

敢えて、厳しい言葉でハッキリ強く伝えたのだと思います。
 

 

親の方も覚悟が強いほど
強く厳しい言葉にもなります。

 

 

結果、その選択が子を守る、
成長できると分かっているから


親は、泣かれて、嫌われても
なりふり構わず厳しく言うものですね。

 

 

そして、子どもも
いつかは、分かってくれることを

 

信じているからこそ、
言える言葉でもありますね。

 

 


於大の方のことは、今回初めてドラマで知りましたが

戦国時代をたくましく生き抜いた賢い女性だ、と感じました。

 

やはり、歴史に名を残す偉人の母は強しですね✨

 

 


今回のシーンで、もし、

元康が可哀そうな子どもで

於大の方が酷い母親に見え

 

ドラマでは描かれなかった

母の強く大きな愛が想像できなかったり
 

 

「こんなお母さんヒドイ!」と言いたい
もう一人の小さな自分に気付いたら


親になった今も、まだ自分の「親」に対して
勘違いしていることがあるかもしれません。


その勘違いが、今の自分の子育てを
苦しくする原因となってしまうので
 

ぜひ、家族関係コースにいらしてくださいね。

 

 



本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

 

 

サーチ子育てやお仕事のお悩み解決のための講座を開催しています
  ▷▷▷
 募集中の講座・セミナー・イベントの一覧
ドキドキ個別・グループでも受付中です ▷▷▷ カウンセリング
手紙講座や日程のリクエスト受付中です ▷▷▷ お問い合わせフォーム はこちら

 

 

▽下記画像をクリックすると各ページに移動します♪▽
2023年からyoutube始めました!


ただいま「イライラしない子育てLINE」にご登録いただくと
5つの無料動画/PDFをプレゼント中デスプレゼント

   

  


\\ ただいま、参加者募集中♡ ╱╱
2/10(金) 20:30~22:30 
オンライン グループワーク
冬の不調を改善!体内誘導
お申込み方法・詳細はコチラコーヒー

 

☆他にもこんな記事がよく読まれています☆

 


 


◆なりたい自分になる働くママの「未来の創り方」:SANーRise

◆フラクタル心理学:アクエリアス・ナビ