オリンピック開会式 日本選手団の「色」 | 色彩総合プロデュース「スタイルプロモーション」活動ブログ|販促色彩・焼酎泡盛
新型コロナウイルスに関する情報について

色彩総合プロデュース「スタイルプロモーション」活動ブログ|販促色彩・焼酎泡盛

色もファッションも、選ぶ人の「生き方」が表れます。使い方によって「意味」を持ち、「効果」が生まれます。
人・街・モノ・・・【色】を活用する企業や皆さまに向けて、 将来を見据えたブランド構築、人財育成のサポートを行っております。

ファッションスタイリスト&カラーディレクターyukikoですキラキラ

sochi02

ソチオリンピック開会式
が行われましたね!
各国の選手団のユニフォームが気になりながら見ていた方も
多かったのではないでしょうか。

日本選手団の開会式ユニフォーム
白をメインカラーに使用した、シンプルなデザインです。
(旗手はカーリングの小笠原歩選手)

 sochi01 
 今回の特徴は、
一番目立っていたのが「日本国旗」だということです。

ユニフォーム単体で見たら
「シンプルすぎる」「地味」という
ご意見を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)

会場やTVで観ている人は、
まず最初に「日の丸」に目が行くことでしょう。

「白で綺麗にまとまった集団」であり、
「日の丸」の赤が集団のアクセントカラーになっています。

これは、集団でいるときに美しく見える効果ですキラキラ
日本国旗が近くにある時に効果が高くなります。

一方、旗を預けてしまったり、
選手がバラバラになってしまったら探しにくくなるかも・・・(笑)


スタイリスト&カラーディレクターyukiko的には・・・。
ロシア選手団のユニフォームが美しく感じました。
(特に選手が着用していたもの)

「スポーツユニフォーム」というより
「ファッション」の要素が多く含まれていたからです。

暖かそうな素材感、国旗の色を使った配色のバランス、
華やかさを演出する「金色」の使い方。
(画像が無くてごめんなさい・・・TVを見てくださいね)
sochi03 
オリンピックは「色」の宝庫
ファッションスタイリスト&カラーディレクターの視点で
皆さんに分かりやすくお伝えしますね!

(画像:上2つはJOCより、最後はYahooナビより)


読者登録してねペタしてね