今日も
筆を取る、と言うか
ペンを取る 、と言うか

キーボードを叩いてみたいと思います。
(このフレーズ、やる気になるのです)

———-

 

 

さて、今日は。

 

まだ「商品」がない方 、
商品を差別化したい方に向けてお届け。

(もっと言うと、転職・キャリアチェンジを考えている方にもオススメ!)

 

起業を考えた時に

「何をサービスにしよう」って考えますよね?

 

 

もし、すでに「これで起業したい!」というものが
決まっていたとしても

競合がたくさんいる場合に

自分の商品・サービスがどう違うのか?を見つけるためには
ご自身(の商品・サービス)の「強み」ということを

見つけることが必要になってきます。

 

 

でも、私のところに相談にくる方の半分の方がこう言います。

 

「私にも強みなんてあるのでしょうか・・・?」って。

 

 

 

いやいや。ありますから!!!笑

 

誰にでも。

 

 

強みのない人なんていません。

 

 

私の継続コンサルを受けていただく方には
最初に必ずこの「強み」を発掘して行きます。

 

 

そして、それを元に
商品づくりはもちろん。

USPやキャッチフレーズづくり、

 

もっと言うと

私自身がコンサル、アドバイスするときの
ビジネス戦略の基にもして行きますし、(得意な方法でやってもらいたいので)

「起業より会社員の方が向いてるかもよ」と言うこともあります。

 

 

 

ただ強みにはいろんな種類があって
一見するとわかりにくいものもあるのです。

(そのわかりにくいものが実は最強の「強み」なんですが)

 

 

今日は、ご自身で「強み」を見つけるための

5つの視点をご紹介してみますね。

 

 

以下、5つのポイントについて
過去の記憶を思い出して書き出してみてください。

 

(1)明確に賞を取ったり、成績が良かったもの

(2)人から褒められること

(3)なぜか上手くできてしまうこと
(4)やるのが苦ではないこと

(5)人ができないとイラっとくるもの

 

 

上から順に
自分で気づけるものから
自分では気づきにくいものになっています。

 

 

*「強み」というのは、
基本的には「意識しなくてもできてしまうもの」なので
「頑張ってできたもの」というのは省くことが多いですが
私が「強み発掘」をする場合は
「頑張る」ということを細かくみていくことをします。

 

 

けれども、このワークではあまり気にしないでやってみてください。

 

例えを書いて行きますね。

 

 

——————
(1)明確に賞を取ったり、成績が良かったもの
——————

これは、単純に
「幼稚園の時、お絵かきで賞を取った」
「小学校の時、リレーの選手だった」
などが入るかと思います。

 

——————
(2)人から褒められること
——————

「いつもリーダーを任される」
「ファッションセンスを褒められることが多い」
などでしょうか。

 

——————
(3)なぜか上手くできてしまうこと 
——————

(2)とも似ていますが、主観で構いません。
「子供の頃から友達を作るのが上手だった」
「決めたことを必ず達成している。例えば高校受験で絶対ダメだと言われた志望校に受かりたくて1日17時間勉強した」
などなど。

 

——————
(4)やるのが苦ではないこと
——————

「資料の整理整頓をするのが好き」
「旅行の手配やスケジュールを立てることが得意」
など。

 

——————
(5)人ができないとイラっとくるもの
——————

「気分に任せて人に対する態度を変える」
「スケジュールを守らない」
など。

 

このワークはたくさん出すことが目的なので
明確な差別化ができなくて、どちらの項目か悩んでも
その辺は気にしなくても大丈夫です。

適当にどこかに入れちゃってください。
(逆に同じものを色々な項目に入れない方がいいです)

 

 

やりやすいのは、子供の頃から順番に時系列で書いていくこと。

 

ひとつ出てくるとどんどん出てきたりしますよ。

 

 

まずは書き出すだけでもOKです。

 

次のステップとして
そこに同じような「強み」を持ったものがあれば
グループ化していくと

更に「強み」が特定されて行きます。

 

同じ系統の「強み」にたくさん書き出されたものがあれば
その「強み」は強い「強み」です。(って、なんのこっちゃですが・・・笑)

 

いかがでしょうか?

 

ほとんど書けない。と言うことももしかしたら
あるかもしれません。

そう言う場合は、誰かにインタビューしてもらうと良いかもしれません。

 

これは、
自分でも忘れている過去が思い出されるのでオススメです。

 

 

出てきた「強み」は

「商品・サービス」だけではなく

「働き方」などの指針にもなりますよ。

 

事実、私の「強み発掘」を受けていただいた方は
転職の相談と言う方が結構います。

 

ただ、「強み」は見つけることよりも
「使い方」を考える方が大切です。
できる方は、そこまで意識してみてくださいね。

 

現在、「強み発掘」は単体サービスではお受けしておりませんが
「起業」と言う働き方を考えている女性のための
グループ相談会を実施予定
です。

その際にオプションで「強み発掘」をしたいと思いますので
ご興味ある方は、こちらから
http://www.335.tokyo/blog/yuusen-touroku
備考欄に「起業相談会に興味あり」とご記入いただきご登録してお待ちください。

 










友だち追加数


引用元:あなたの「強み」を見つける5つの切り口