「お座り、ずりばいのサポート体験」から | こころの万華鏡

こころの万華鏡

こころの色でもっと楽に子育てしたいママを応援します


テーマ:

7月12日木曜 10:00~12:00
「お座り、ずりばいのサポート体験」講座でした。

講師  辻本佳代さん 
    旧 チャイルドスペース国際公認指導者
       現 シェルハブ・メソッド国際公認指導者

参加されたママから

お子さんの月齢や今の状態などのお話しの後は

まずは、ぽんぽんむぎゅー

  赤ちゃんの腕や足などをママが手のひらでぽんぽんとふれていきます。

  赤ちゃんはポンポンの刺激が脳に伝わり、
  ここに腕があると自分の体を感じ、動かしやすくなります。
  腕の場合、肩甲骨のあたりからむぎゅーと握ることで、
  赤ちゃんは自分の骨を感じられます。
  ふれるさいには、赤ちゃんの名前をよびかけながら、
  指もいちー、にー、さんーしー、ごーと声をだしながら握ります。

寝返りのサポート体験もありました。

 赤ちゃんの いきやすいほうはどちらかをみて
 寝返りしづらいほうの、膝をまげて胸にもってきて

 おしりをあげてあげて様子をみたり、
 腕が残って回りにくい時は、背中や肩をとんとんして様子をみましょう

 寝返りではうわむきに戻るほうが難しいので、サポートする場合
 赤ちゃんの頭がごつんとならないよう、頭の後ろに手をあてて
 頭を支えてうわむきに戻るということを繰り返してやってみて 

 こんな感じで手を添えて。

 

お座りは、赤ちゃん自身の体で支えて座ることができることが大事

 お座りの準備ができているかの目安として
 ピンクハート 股関節が柔らかく開けること
 イエローハート 座った時にバランスを崩し上体が前へ倒れたら、
      頭から床にごつんと倒れないように

    手を床へつけれるかどうか
 グリーンハート 骨盤で体を支えることができ、頭が背骨の上にのるように
     背骨が床と垂直方向へと伸びるか  

 

お座りのサポート体験として
ママが足を開いて座り、できるだけママのおなかに

赤ちゃんの体をつけて座らせ
ママの体で支えながらゆったりと左右にゆれると
赤ちゃんはバランス感覚をつかめるようになるのだとか

ハイハイを始めるまでの赤ちゃんの動きは、

腕や脚を左右同じように、または片側だけを

主に動かすことが多いのですが
ハイハイをするには左右反対の動き

(片側は曲げて反対側は伸ばす、など)を交互にする必要があります。

ずりばいするには、片足は曲がり、片足はのびている姿勢が大事
そこで赤ちゃんの足の裏にママの手をあてることで、
赤ちゃんはその手を足でけるようにして動くという感じで、
交互に足を曲げていく動作を促してみましょう。


両脚を前に出したお座りは安定していて

両手を使って遊ぶことはできますが
その姿勢からだと動きにはつながりにくいのです。
横座りからずりばい、はいはい、お座りといった場合もあります。

 

横座りのサポート体験として、

ママの足の間に赤ちゃんを座らせ
ママの足の外側に台をおき、赤ちゃんの関心をひくものをおいてみます。

赤ちゃんの体がそちらをむいたさいに、足のむきをかえて

赤ちゃんが横座り体験できるようにする方法もあります。

辻本さんから

赤ちゃんは動きのヒントさえ感じれば、あとは自ら動こうとします。
大切なのはお母さんが赤ちゃんを動かそうとするのでなく、
赤ちゃんが自ら動いていけるようにお母さんがサポートするということです。
この講座でお伝えした横座りやずりばいのサポートは、
まだその動きをしていない赤ちゃんがその体験ができるよう、
動きのヒントを与える方法の1つにすぎず、唯一の方法ではありません。

こうでなければならないと考えないでくださいね。

 

ご自宅のほうに伺う出張サポートもされてるそうです。

 

辻本佳代さん
 In Motion主宰 inmotionkyoto.com
シェルハブ・メソッド(国際公認指導者、フェルデンクライス国際公認指導者
2011年より障がいを持つ子供への支援としてセッションを始め、
現在では乳幼児から成人まで「動く」に関わる全ての人へのワークを手がける。
           kayofisch@gmail.com  

 

感想 
●お座りがまだでしたが、これからどうなるかわかってすっきりした
一人一人見てもらえてありがたかった
●教えてもらったことをやって、これからどんどん動いていってくれたらうれしい
●今の動き方をみてもらって、アドバイスしてもらえ、横座りや動きの
 プロセスがわかって勉強になった
●うちの赤ちゃんは遅めかなと思っていたが、人それぞれなのがわかったのと
 サポートのしかたもこういうふうにしたらいいとわかったのでやってあげたい。
●上の子は動くのが早かったが二人目は遅いと感じていたので
  横座りやずりばいをサポートしていきたい。
 

母乳育児サークルのHPの例会の報告のところに

 

以前の講座のまとめも掲載しているので、ご参考にどうぞ

 

2017年9月21日 
赤ちゃんの発達のサポート体験講座から
https://ameblo.jp/color-star-58/entry-12313834481.html

 

2018年5月10日木
「寝返り、うつぶせをスムーズに」講座から
 https://ameblo.jp/color-star-58/entry-12376732470.html

母乳育児サークルの案内です。
       https://bonyuikuji.jimdo.com/
 問合せ  bonyuikuji1983@yahoo.co.jp

 

 

 

 

星野 光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス