喪失感は大切に感じていた証拠だよ | あなたのままで幸せになる! 明石・神戸市西区 カウンセリング ヒプノセラピー 人間関係の悩み解消 うつ症状改善

あなたのままで幸せになる! 明石・神戸市西区 カウンセリング ヒプノセラピー 人間関係の悩み解消 うつ症状改善

《明石神戸市西区》うつ症状、人間関係の悩み専門カウンセリング ヒプノセラピー
カウンセリングサロン リアルセルフのブログ

カウンセリングやヒプノセラピー、心理学講座、人間関係、うつ症状の悩みについて。過去にうつ病だった夫との生活など綴っています。

ご訪問ありがとうございます。

 

うつ症状人間関係の悩みに
あなたの本当の気持ちや答えを知らないこと
無自覚な自己否定感が

関係していることをご存じですか?


《明石・神戸市西区》うつ症状人間関係の悩み専門
カウンセリング ヒプノセラピー リアルセルフ
ラブラブ

 

こんにちは。

 

心理セラピスト澤田です。

 

 

 

生きている中でストレス度が一番高いものが

 

喪失感

 

と言われています。

 

 

喪失感を感じる例で、配偶者の死があげられます。

 

 

 

喪失感を子供時代に経験している人は、少ないと思います。

 

それは子供はまだ人生の経験が少ない・短いからです。

 

 

子供は喪失感を感じにくいようです。

 

それは子供は傷の治りを見てもわかるように、回復力が早いからです。

 

そして、子供は動物的な生き方が強いため、今を生きています。

そのため、紛らわせる力も強いです。

 

 

 

本当はこうだった

こうなるつもりで自分で選択した・続けてきた

 

という生き方は、経験も知識も増えた大人になってからはじまります。

 

 

 

 

 

喪失は、人との死別を例に挙げられますが

 

ほかにも離婚やパートナーの解消もあります。

 

肉体や健康などもあります。

 

自分自身がこうなるだろう、と予想していたものが無くなることは何とも言えないつらさをともないます。

 

喪失感は、他で感じる辛さや悲しさと少し種類が違います。

 

 

 

喪失感は、自分以外の人にわかってもらいにくいです。

 

他人から見ると、いつまでも落ち込み悲しみ、元気が出ないことが分からなくて、理解が難しいと感じます。

 

 

私も喪失感だと気が付かなかったことがあります。

 

それは父のことです。

 

父は亡くなる1年ほど前から体調不良がはじまり、

 

そのせいで趣味ができなくなっていくことを嘆いていました。

 

 

その時は、また元気になったらできるよとか

 

他の趣味を見つければ良いとか

 

それが老いていくことなんじゃないかとか

 

声をかけたことがあります。

 

その時は嘆き続ける父のことが分かりませんでした。

 

健康が失われ、生活が失われていくことも喪失感を感じるのだと、そののち分かったことがあります。

 

 

先日、クライアントさんのお話を聞いているうちに

 

ただの後悔や悲しみ、くやしさだけではない感覚。。。

 

喪失感に気が付きました。

 

お聴きすると「家族にはいつまで言っているの?と言われていつまでも割り切れない自分に困っていました」と言われました。

 

 

大切な時間、大切だった人、大切なもの、こと・・・

 

それはすべて自分の一部です。

 

自分の一部になるほど、大切という意味です。

 

 

 

 

喪失感には時間と見守ってくれる周囲の助けが必要です。

 

自分自身に無理をさせすぎずに過ごしていただきたいな、と思います。

 

 

雨が続いておりますが、どうぞ安全にお過ごしください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

 

カウンセリングのお申し込みはこちらです
(ご自宅からオンラインでも受けていただけます)

 

ラインから24時間受付中です。

お得な情報も受け取ってくださいラブラブ

カウンセリングサロンリアルセルフ友だち追加
 
あなたのお話をぜひお聴かせくださいね。
 
《明石・神戸市西区》カウンセリング ヒプノセラピー 人間関係の悩み解消 うつ症状改善 自己肯定感
LINE公式アカウント 友達募集中!