CENICAFE (セニカフェ) 80周年を祝う | コロンビアコーヒー日和

コロンビアコーヒー日和

ブログの説明を入力します。


テーマ:

Hola !!

 

FNC コロンビアコーヒー生産者連合会の研究センターCenicafé(セニカフェ)は1938年に設立され、素晴らしい科学技術を貢献して、今年で80周年を迎えることとなった。

研究農園として始まり、現在は、おそらく最も古く、世界で最も大きいコーヒーの農学研究の中心であります。

 

Cenicafé(セニカフェ)は、バイオテクノロジーを駆使して丈夫で品質の良い苗木の遺伝子を研究したり、害虫や病気のコントロール、投資や労働の効率を改善して作物の生産性を高め、農園の経営を良くすることなどを研究しています。

苗木の遺伝子研究により、サビ病耐性ある品種の植え付けでコスト削減をすることができました。

 

また、コーヒーに限らず地域の自然環境についても積極的に調査や研究を行っており、施設内の昆虫博物館ではコロンビアのコーヒー生産地に生息する3万種類もの昆虫の標本を見ることができます。自然環境を保全しながらコーヒーの生産を行う、というのがFNCのポリシーであり、そのためには自然環境や生態系の研究や調査は不可欠です。

 

Cenicafé(セニカフェ)の働きにより、コロンビアのコーヒーはその生産量と、一貫性のある技術、品質の良さに定評があります。

 


Hasta luego 手

 

コロンビアコーヒー生産者連合会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります