Buencafé(ブエンカフェ)フリーズドライ工場に関する記事 | コロンビアコーヒー日和

コロンビアコーヒー日和

ブログの説明を入力します。


テーマ:

HOLA sei 

今回は英字雑誌Global Coffee Reportに掲載されたBuencafé(ブエンカフェ)の記事を紹介します。

http://gcrmag.com/profile/view/buencafes-essence-of-colombia

 

 

Buencafé(ブエンカフェ)は、コロンビアのコーヒー産地として知られているカルダス県チンチナに工場があります。コロンビアコーヒーのフリーズドライ(凍結乾燥)とエキス(抽出液)の製造に44年以上、数十年に及ぶ経験と専門知識や技術を持っています。

 

製造されるコーヒーエキスは、100%コロンビアコーヒーと純粋な湧き水で作られ、コーヒーRTD(ready to drink)製品にとって理想的な材料であり、スイーツやアルコール飲料などにも幅広く使われています。

 

生産工程においては多くの技術がBuencaféの高品質コーヒーエキスに貢献しています。優れたコーヒー豆だけを選び、そして、凍結濃縮に非常に低い温度を使用。

 

毎年11, 500トンのコーヒーエキスとフリーズドライを生産し、5大陸、日本を含め63カ国に輸出しています。

 

Buencaféは、International Taste & Quality Institute - iTQi (国際味覚審査機構)において3つのゴールドスターを受賞しました。iTQiはベルギーにある、世界中の食品・飲料品の味の審査し、優れた製品を表彰・プロモーションする機関である。

 

Adios コーヒー

 

 

 

コロンビアコーヒー生産者連合会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります