マイルドコーヒースペシャリスト養成講座2018が終了 | コロンビアコーヒー日和

コロンビアコーヒー日和

ブログの説明を入力します。


テーマ:

Hola !!

 

FNCコロンビアコーヒー生産者連合会とAlmacafé(アルマカフェ)主催のマイルドコーヒースペシャリスト養成講座が2月12日から23日にかけ開催されました。今年は日本企業から14名が参加し、無事研修が終了しました。

 

 

講座では首都ボゴタでの学科講習で国際認証の規定、コロンビアマイルドコーヒーの種類、コーヒーの輸出についてFNCで採用されている方法論、手続き、技術、テクノロジーについて学んだ後、キンディオのコーヒー農園、Cenicafé(セニカフェ)コーヒー研究所、Buencafé(ブエンカフェ)フリーズドライコーヒー工場、またAlmacafé(アルマカフェ)倉庫を訪れ、コロンビアコーヒーの生産の流れを視察していただきました。

 

 

講座の閉会式はボゴタにあるFNCの本部で行われ、参加者たちはFNCの役員から修了証とマイルドコーヒースペシャリスト証明書、そしてコロンビアコーヒーの品質と厳選な管理を意味する銀製スプーンが授与されました。

 

 

日本企業を対象にした本養成講座はFNCによって14年前から行われており、日本のコーヒー業界との有効な関係を築くのに役立ってきました。多種多様なコロンビアコーヒーについて知識を深めていただき、帰国後、日本のお客様にその知識を伝えていただくことを目的としています。近年日本の市場でもコロンビアコーヒーの産地の多様性について注目が高まってきており、業者の方々にとってこの分野について知識を深める必要性も増えてきています。

 

Adios パー

 

コロンビアコーヒー生産者連合会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります